このサイトを検索
カウンター
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め

しばしお待ちを

 

またすぐに更新が滞るかもしれませんが、何とか再開の準備を進めています。


 

昨年の夏コミで、「ブログ、楽しみにしています」と言ってくださった貴女の言葉に、遅ればせながらちょっとずつ作業を始めています。
 古い記事をいきなりアップすることがあるかもしれませんけど、今後は毎日ではなくて続けられるペースでやっていけたらなと思ってます。

at 01:30, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

あけましておめでとうございます

 昨年の後半はほとんど更新しなくなってしまったのが残念だ……。いや、今までの分は実は下書き段階であるんだけど、記事として完成していないのでアップしていないんだよね。そしてそれが積み重なってしまっている(汗) おかしいなぁ。引っ越し後は時間もできるからまた毎日更新できるわ〜なんて思っていたのにな。
 原因の一つはちょうど一年前になったヘルニアが未だに治っていなくて通院しているからだと思う。今回のは二度目になるんだけど、前回のときよりも腰の痛みが半端でなかったことかな。よくなったかなと思ったらまたぶり返して未だにリハビリに通っていたりするんだよね。でもまぁ、旅行の直前に行ったときにもう終わってもいいかもしれないと言われたんで、ようやく土曜日も完全に休めるかな〜と思う。二日間ひきこもってたまってしまったあれやこれやをしていたいんだよねー。
 腰の痛みとブログの更新停滞が何の関係があるのかというと、実はPCの前に座る時間自体が短くなってしまったということなんだよね。最近はもっぱら正坐して過ごしているもんで……。椅子に座っても長時間座れないんだよね。
 でもまぁ、これは10月後半からの話になるんだけど。10月後半からようやく時間に余裕ができたもので。それまでは家には本当に寝るためだけに帰るという日々で、上記の椅子に座る時間とか長期化したのは仕事と関係があるんだろうなー。デスクワークだから。一時間に一度くらいはトイレに行くなりして立ったりはしていたんだけどね……。残業当たり前、休日出勤ありで終電も経験してしまったしな。そんな激務だったからなかなか治らなかったんだろうなーと思う。
 10月後半からは上記した理由のほかに家事をしていたら時間が経ってしまった、というのもある。食事の用意をしなければ……つまり、実家にいたときのような環境だったら激務でも書いていたかも?(苦笑)

 頭の中にあるものを形にしてしまいたい、とは思うのだけどPCの前に座らないんだから限度があるよね。まぁ、ダビング作業に追われているというもう一つの理由があるのだけど(笑) やっぱりアニメっていいなぁって思う。
 年賀状は毎年数枚は手描きで絵を描いていたんだけど、今回からとうとうプリントだけになってしまった。しかも住所変更を教えていなかった人がほとんどなので、その連絡用に送ったにすぎないのかも。

 ま、何はともあれ今は戦利品を楽しんで休みを過ごすつもりだ(笑)

at 23:59, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

すみません……

 ええと、予想以上に忙しいなんてもんじゃない。引っ越しして時間に余裕ができるはずだったのに、残業続きで定時退社ってナニソレな生活しております。いやまぁ、そういう業界にいるんだけども。平日にPC立ち上げる日の方が数えるほどになってしまった。さっきメールチェックしたら久し振りに100通超えていたしな(汗)

 以下、愚痴しかないんで続きにした(苦笑)
続きを読む >>

at 23:59, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

無沙汰をしております。

 引っ越してもうすぐ一か月……。ブログをいじっている暇がなかなか作れていないというのに、ますます記事を更新する暇がないことを始めます。
 以前にちょろっと書いたのですけど、夏コミに当選しましたので、そのための原稿作業が始まっております。初めてのことで右も左もわからない状態ですが、友人に教えてもらってようやく具体的な作業を始めることができるようになりました。
 従って、その作業が終わるまではブログを書いている時間はないと思います。終わったら、少しずつ記事を埋めていく予定です。……早く帰れたら(汗)

 100ページくらいにしたいとは思っているのですが、果たしてどこまでできるか。しかし、睡眠時間を削るような真似はしたくないですね。……とは言っても、4時間しか寝ていないのですが(笑)
 それでは今しばらくブログの更新はお待ちください。本に関しては入稿を終えたらサイトで報告しようと思います。勝負はこの三連休だ! しかし土曜日は病院に行くので、またもや一日潰れる可能性は大なのですが(苦笑)

at 23:59, 真神恵, 徒然日記

comments(0), -

緊急のお知らせ


 え〜っと、前回の更新から丸一週間が経ちました。サイトから来ている人とか、それが縁で知り合った方たちはこのブログで私の生存確認(笑)をしていると思うので、本日は連絡事項のみ記載します。

 明日に引っ越しをすることになっているので、しばらくネット落ちします。

 ギリギリまで記事を書けるかなぁと思っていた私はとても甘い考えをしていたのだと思いました(苦笑) せめて「コードギアス」の10話感想だけでも書きたかったけど、全然そんなことをしている時間がありませんでした! というよりも、ネットに繋いだ時点で荷造りが進まないのは確実なのでPCの電源をつけるのも躊躇われました(汗)
 引っ越し後すぐに業者が入る予定なので、そんなに期間は開かないと思います。……そうなると私が耐えられない(笑) まぁ、考え方を変えたら19日に発売される「遥かなる時空の中で4」のプレイに専念できるなぁと言えるのですけど。
 まだまだ「3」が好きなので、「4」に関しては普通に楽しみにしていました。しかしお試しムービーが昨日届いたので早速見たところ、これがまた期待できそうなものだったので、とても楽しみになりました。この試し見ムービーの感想も、世間よりは少し遅れることとなりますが、単体で記事にしようかなと考えております。

 申し訳ありませんが、ネット落ちしている間はトラックバックは拒否設定にさせていただきます。開通後は順次感想をアップしていく予定です。

 ああ、DVDの荷造りが終わった!と思ったのに、まだ残っていただなんて。ビデオテープ然り、CDだけ残そうと思っていたというのに。……と言いつつもゲーム機は全てまだ裸のままという有様ですが(苦笑) 箱は全て残してあるものの、押入れの奥にあるので、明日手前の物を運び出してもらってからしかできないという。

 いつものごとく、復帰後はこの記事は削除します。それではしばらくの間はさようならです。

at 23:46, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

あけましておめでとうございます

JUGEMテーマ:大晦日/お正月


 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今後も漫画・アニメ及びゲームの感想を書いていきますので、読んで下さると嬉しく思います。

 なぁんて、挨拶だけの記事なんてあり得ないだろうと思って何かを書こうと思ったのだけど……。旅行から帰ってきてしていたことと言ったら戦利品を読み漁ることしかないしな(笑) イベント二日目に帰ってきたから、買ってきた本をそのまま読んでたし、翌日は荷物が届いたから……とは言ってもそれまでずっと30日に買った本を読んでいたから、部屋に引き揚げたのは夜だったな……。そして現在も堪能中(笑) 買った本に外れがほとんどなかったのが嬉しい。特にギャグは腹がよじれるくらいに面白いので、今度友人にも見せようかなぁと思っている。
 ああ、眠りたいのに眠れない〜。もう一般的な行事とは関係のないところで私は生きているなぁ……。年越しなんて関係ないよ(笑) ちなみに本は残り三分の一以下くらいになったかな。その中には小説が含まれているから、読了するにはもう少しかかるかもしれないな。そしてこの本たちをしまう場所にまた悩むんだなぁ(苦笑)

 そんなワケで賀状に関してはノータッチである。サイト絡みで毎年希望者には手描きのものを贈っていたけど、今回は無理だろう(汗) 一応年賀ハガキは旅行の帰路に外で販売してくれていたのを買ったけど、描く気がおきないな。来た分は返したいと思っているけど、手描きはもうしないだろうな。一人はメールで済ましたし。何を描くか全く考えていないというのもあるけどねー。
 昨年はサイトに関して何もしていなかったけど、今年は……そうだな、引っ越しして資格試験に無事合格できたら何かしたいな。Aさんにのみちょと考えていると打ち明けたことがあったけど、まだ実現させるかは未定のこともあるけど。とにかく、この、時間がないという状態だけは解消したいと思う。でないと本気で身体が持たない。もう限界なんだなぁと昨年は思わされたワケだしね(苦笑)

 それでもマイペースで進むのは変わらないかな。

at 23:54, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド 感想



 映画館で観たときは字幕だったので、今回は日本語版を見た。やっぱり随分印象が違っていたな。
 DVDは発売が決まったらすぐに予約していた。ここで迷ったのはスペシャルエディションにするか、コレクターズセットにするかだった。結局コレクターズセットにしてしまったのは私にとっては普通の選択だったのかもしれない。
 届くのを楽しみにしていたのだけど、帰宅したときは何が届いたのかわからなかった。だってDVDなのにものすごく重たかったから! 封を開けたら「パイレーツ・オブ・カリビアン」とあって、こんなの頼んだかなと真っ先に思った(笑) コレクターズセットとあったけど、予約したときは写真がなかったのでディスクが多いだけかと思っていたんだよねー。他にも入っていたのは驚いた。

 まず見たのは当然ハードカバーの本だった。どうやらデザイン画が掲載されていたようだった。何でも日本では発売されていない設定画集だったそうで、設定好きな人間としては嬉しい特典物だった。もう一つのアイテムは……メイドインチャイナが気になった。大枚はたいているのに中国製のものが付いてくるのかと(苦笑)
 さすがに本編は届いた日には見られなかった。土曜日に見ようかなと思ったけど結局見られず、日曜日に予定を変更して見ていた。あ、見ていたというよりは聞いていたといった方が正しいかな。一度は見たからね、声優の声で楽しんでいたという方が正しいのかもしれない。

 内容に関しては、ジャック・スパロウが複数いたときに、鶏のように鳴いているジャックがいたのが面白かった。あの声を聞くとどうしてもカルーを思い出す。……ってそれだけだったらわからないか。アニメの「ワンピース」で平田さんがカルガモの声をあてていたからね。鶏ではないけど、鳴き方を聞いてそれを思い出した。
 デイヴィ・ジョーンズの声が大塚さんだったのもいいな。あと、ティア・ダルマは高乃麗さんだったしなー。エリザベスの声は慣れたけど、最初は高い声だなと思っていた。あと、ウィルの声も若すぎるなと。オーランドの顔にはちょっと合ってなかったかもしれない。

 この作品で一番変わったのはエリザベスだよねー。彼女って貴族のお姫さまだったんだっけ? それが最後は海賊王にまでなるんだもの。戦いにも恐れず参加していたし。海賊王という言葉を聞いてまっ先に思い浮かべたのはまたもや「ワンピース」のルフィだった(笑)
 二作目のラストで、決定的瞬間をウィルに見られてしまってどうなるのかと思いきや、実に海賊らしいやり方だったなと。で、エリザベスとウィルが相手に何も告げないで行動して誤解して……というのをやって、その理由を知ったときにどうして何も言ってくれなかったのかと責めていたんだよね。全く同じ行動をしている二人が良かった。
 ラストは戦闘中にバルボッサに結婚すると言っていたのには驚いた。今それどころじゃないと言われて勝手に結婚式を始める二人がいい。そんなことやってる暇なんてないでしょーと突っ込みたいけど、誓いのキスをしている間は誰も二人に攻撃を仕掛けなかったのが笑えた。いやまぁ、ここは攻撃をしてはいけないお約束シーンなんだろうけど。海賊同士の裏切りの繰り返しがあって、互いになにも言わなかったことで誤解をすることもあったけど、結局は結ばれて良かった。
 良かったと思っていたのに……まさかあんな悲劇が起こるとは思っていなかった。ウィルがデイヴィ・ジョーンズに殺されてしまったときはショックだったなー。しかも剣で刺したのは心臓だったんだろうか? ただ刺しただけでなく、かなり残酷なことをしていたような……。ジャックはそのときデイヴィ・ジョーンズの心臓を刺そうとしていたけど、ウィルの父ビル・ターナーがデイヴィ・ジョーンズに攻撃を仕掛けた間に、短剣をウィルに持たせて心臓を刺していた。そうすればフライング・ダッチマン号の船長としてウィルは生き残れるものね。
 確かにウィルは復活したけど、私はこのラストが不満だな。10年に一度は確かにエリザベスとウィルは会えるけど、10年も待てだなんて残酷すぎるよ。DVDに挟まれていた質問の中に真実の愛は永遠だと答えてあったけど、現実的に考えたらあり得ない。それにウィルはもう歳をとらないだろうけど、エリザベスは年老いていくのは避けられないじゃない。最後に息子と一緒に再会の日を待っていたけど、少年は話に聞いていた父親と会えるのを楽しみにしていたには違いないだろう。表情からはそうとしか見えない。 しかし、彼が母親を大事にする息子だったらこの後どう思うだろう? 役目だからった10年も母を一人にしている父親に対してマイナス感情を抱きはしないだろうか? あのシーンを見たときそんなことを考えてしまった。
 あのラストは結局男性側が作ったというのがよくわかるラストなんだなとしか思えなかった。ジャックたちが相変わらずの海賊だったという描写は良かったけどね。

 他に良かったところはエンデバー号のラストだね。最後の瞬間になるまでベケットは常に余裕の表情を浮かべていた。だから最期にあの茫然としていた姿がとても印象的だったし、船が爆破されている中を喚いたりしていないというのもらしくて良かった。
 他にはあの大渦の中での決戦とか、海賊の墓場でのジャックとか。笑える要素があったのもいい。

 しかしこの作品は話よりも実は特典ディスクの方が良かったりする(笑) 何せ私がこのシリーズが好きだと思いDVDまで買っているのは、内容がいいからというよりは衣装とか舞台セットとか、そういった部分によるからだからだ。そして舞台の裏側を見せてくれるので特典ディスクはとても楽しみなのである。撮影の間には俳優たちの素顔が見られるしね。
 一番面白かったのがNGシーン! これは万国共通なんだろうなー。声出して笑うくらい面白かった。
 ただ、今回はガッカリしたというのも確かだ。そういう時代になったのだと言われればそれまでだけど、結局は実写ではなくてアニメーションじゃないかと。実写といっているのにCGをふんだんに使っているのってどうなの!?と個人的には思う。そんなのもう実写ではないじゃないかと。
 とはいえ、本当に船を造って、本当に水中で演技をしていて、本当に船を揺らしていたのはすごいと思ったけどね。音楽もいい。特にメインテーマが。こんな作品、もう今後はないだろうな。

 一番印象的だったのは、スタッフが楽しかったと言っていたことだ。好きなことをして生活ができることを幸せだと言っていた。それが羨ましいなと思った。



 以下、日記。
続きを読む >>

at 23:59, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 感想

評価:
ダニエル・ラドクリフ,デイビッド・イェーツ
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 3,315
(2007-11-21)
Amazonおすすめ度:


 感想を書く前にもう一度見た方が良かったかなと思ったけど、その時間がないので一度見ただけで書こうと思う。

 前回のタイトルは「炎のゴブレット」だったっけ。それを見たときも同じだったのだけど、冒頭はあまり面白いとは言えなかった。DVDを見るための時間を作って、集中して見ようと思っていたけど、最初の方は別のことをしながら見ていたなぁ。だからなのか、展開がわかりにくかった。
 学校が休みで叔父夫婦の元にハリーはいたのかな? そこでゴーストみないなものに襲われてハリーが……あの太い子は何という名前だったろう? 俳優がみな成長してしまったために年齢に無理が見え始めたな……。ともかく彼と自分の命を守るために魔法を使って何とか危機を逃れていた。しかし、人間の世界で魔法を使うのはご法度だということでハリーは退学になっていた(汗) 命の危機に瀕していても使ってはいけないなんて、そんな決まりごとは止めるべきだろう。

 それが何やらハリーは法廷に立たされていた(汗) しかもダンブルドアには予定を変更したと伝えずに、魔法省とやらがハリーに有罪にさせるための裁判だった。そこへ校長が現れたときはホッとした。今更言うのもなんだけど、彼はただの爺さんではなかったんだねー。
 タイトルになった不死鳥騎士団とは秘密結社らしかった。で、アズカバンの囚人だったシリウスはそこに所属していたらしかった。ハリーとは家族の絆で結ばれるくらい信頼しあっているようで、そのシーンすべてが好きだな。

 最初の方で気になったのが周りを拒絶していたハリーだった。ロンが声をかけてもあんな態度をとるので驚いた。それが、彼がすべてを一人で背負い込もうとしていたからだと後で言われていた。ヴォルデモートが復活して友人を殺されるのを目の前で殺されてしまったのだから、誰も巻き込みたくないと思うよね。誰にも言えない苦しみにもがいているハリーは痛々しかったな。
 しかも学校に魔法省の人間がやってきて、魔法の実演はさせないと言っていたな。そんなので魔法の勉強になるのかと正直思ったけど、彼女はそれでいいらしい。最初見たとき、というか声を聞いたときはあの法廷にいたキャラじゃないかと思った。次に姿を見て絶句(笑) 全身ピンクでコーディネートされていた! これは作中でも皆があっけにとられていたなぁ。おまけにハリーに体罰をするし。でも、このときの体罰が、後で自分自身に返ってくるなんて夢にも思わなかっただろうな(苦笑)
 新キャラはその魔法省の人間だけでなく、生徒側にもいた。ニーナと言っていたっけ。彼女は周囲からおかしな子と思われていたらしい。しかしハリーにしか見えないものを彼女も見るのが可能で、しかも何やら境遇が似ているようで気があっていた。
 そういえば、前回ハリーには恋のお相手がいたのだけど、その彼女は……どうやら彼を裏切ったらしい。全身ピンクの魔法省の人間の側についてしまっていたんだよね。あれは残念だった。まぁ、所詮はその程度の人間だったということなのかな。締め付けが厳しいと反抗心しか育たないと思うけどな。

 なんだかとても大事なシーンを忘れているような気がするけど(汗)、この映画で映像で一番良かったシーンと言ったら魔法対決のところしかないだろう! ダンブルドアがあんなにも強いのには驚いた。そして、マルフォイ。息子が息子なら親も親だと思ってはいたけど、今回彼は隠れもしないでハリーたちを攻撃してきたなぁ。
 それから、もっと驚いたのがハリーの父親! これまでは理想的な父親像として描かれていたけど、若いときのあの姿は衝撃以外のなにものでもなかった。スネイプって最初は敵なのかと思われていたけど、実は味方だと分かって驚いたものだった。でも、だからといってハリーに友好的な態度ではないんだよね。その理由が垣間見えた感じ。いや、もともとの性格がそうなのかもしれないのだけど、何やら父親に対する感情を息子にもぶつけている気がしないでもない。

 シリウスは出番はそんなになかったのだけど、ハリーの危機に駆け付けたところは格好良かった。そしてハリーのことを息子と呼んでいたし。でも……せっかく父親ができたというのに、とても残念なことになってしまった。もちろん私は泣いてしまったよ。この辺りになると、画面を食い入るように見ていた(笑) 他のことなんてしていられないもの!

 前回に続いてラストの方は画面から目が離せなかった。あと二作もこんな感じなのかなぁ。どうせなら、最初から最後まで画面にくぎ付けしてくれるようにつくってほしいなと思う。あと、亡くならない限りはキャスティングは変えないでほしいな。たとえ年齢設定が明らかに無理が見られたとしても!

 映像特典で印象的だったのは、その人が見た目通りに人間とは限らないという言葉だ。確かに今までの中ボスもそんな感じだったなぁと思った。原作は終わってしまったけど、本を読んでいないので私はDVDでその結末が見られるのを楽しみにしていよう。でも、今回もそうなのだけど、新しくDVDが発売されると、今までの作品を集めて出すのって正直やめてほしいなと思う。映像特典がないならいいのだけど、新しいのが出ると買っている人間にとっては、そうやってまとめて出されるのには抵抗を感じてしまうよ。

at 23:43, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

今日は日記

 今日はアニメの感想を書こうにも、感想を書きたい作品がないので久しぶりに日記を書こうと思う〜。新番組に関してのまとめ感想は来週かな? あ、そうだ。先週やってた「ガンダムOO」の紹介番組の長いバージョンがするんだっけ? 中身は見たものと同じだろうけど、番宣が流れるだろうからそれだけが楽しみだ(笑)

 アニメの感想を書くものがなかった場合は、たいていDVDや本の感想を書いているのだけど、今なかなか見ている時間がないのでそれも書けない。一つだけ、読み終わったら是非とも書きたいものがあるのだけど、それの最終巻は来月あたりに出るので、それを読んでから書きたい。
 今それを読んでいるのだけど、最終巻が出てから読み始めればよかったと思った。電車やバスの待ち時間の少しの間にしか読めないので、私が小説を読み進むスピードはとてもゆっくりだ。ところが今読んでいる小説は明らかに早すぎる(汗) 私は帰るとすぐにPCの電源を二台とも入れてカタカタやっているのだけど、今週はネットどころか電源を入れることすらしなかった。しないで帰るなり読みふけっていた。一冊を読み終えてからせっかく早く帰って今日こそは早く寝ようと思っていたのにと頭を抱えていたよ(笑)
 今日なんか極めめつけだった。昼休みはこれまたネットでニュースを見たりブログを読んだりしているのだけど、ずっと本を読んでいた。更に、私はバスでは一行読んだだけで酔うので本が読めなかったのだが、今日は座った場所が眠れるような位置ではなかったので続きを読んでいた(笑) 本を取り出したときには1ページくらいしか読めないだろうなと思っていたのに、発車してから地元に着くまでずっと読んでいた。気分も悪くならずに! これには自分でも驚いた。しかし、バスから降りて……というか本を閉じたら途端に気分が悪くなってきたというオチがちゃんとあったりするのだが(苦笑) これ打ってる今もまだ気持ち悪い。しかし読まずにはいられなかった。こんなに面白い小説はそうそうないもの。このスピードだと秋に出ると言われていた最終巻が出るまで読みきってしまうかも。待っている間に忘れてしまうので、続きものは終わってから読むようにしているのに我慢できなかった……。

 でもまぁ、もうバスの中で読むのは止めよう。どんどん気分が悪くなってきているよ。しかし、この三連休で読んでしまいそうなんで参ったな。

at 23:59, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)

帰ってきました

 遅くなりました。日付がでたらめなのはいつものこととして(苦笑) 現在職場にて書いていたりして・・・・・・。終わると思っていたら、バグの原因は他にあったようで休憩がてらに書いている。本当は今日中に直して、明日から違う仕事に取り掛かりたかったけど、無理そうなので後少ししたら帰ろうと思う。ちなみに本日は8月22日(汗) 感想を書くどころか、録画したものをまともに見てない状況なんだよね。何せ、日曜に帰ってきて翌日から仕事というスケジュールなんて初めてのことだもの。おまけに残業続きだしねー。

 出発前に書いた通り、感想は週末まで難しいかと。・・・・・・「ひぐらし解」に関しては二週分溜まっているのね。買ってきた本もじっくり読めないし、それ以前に買っていた漫画も未読だし。家にいるのが6時間程度しかないのだからそれも無理ないか(苦笑) 旅行中に、まだ「鋼の錬金術師」の新刊を読んでないと言ったら驚かれたよ。
 アニメの感想もだが、夏コミのレポも正直書きたいところだ。写真をいろいろ撮ってきたしね。しかし素晴らしいのは全て食べ物関係だということだ! とりあえず、携帯で撮ったものをこちらに載せておいて、ちゃんとしたレポは時間があれば後日サイトにて。とか言いつつ、また書けなくなるかもしれない。ブログにレポは書かない予定。
 あ、でも、10月になったら半年くらいは通勤時間が30分程度になるらしいから、そのときに書くというのもありかな? 詳しい話は明日聞けるのでそうなったら引越し先もじっくりと探せそうだ。

 三泊四日。楽しいことは時間が経つのが早い! 満足の旅行だった。詳しいことはサイトにアップする予定のレポに書くとして、本当に楽しかった。売り子している間も買い物している間も、ご飯を食べている間も。イベント二日目なんかはオフ会だったし! 今回は六名だった。やっぱり大勢で食べる食事はおいしいよ。
 今回もまぁ、ネタに困らない旅だったんじゃないかと思う。それら全てを覚えていて記録に残せるかというのは、期間が開いて書くと怪しくなってしまうけど(汗) 物凄く暑いのかなと思っていたけど、イベント二日目は涼しくて助かったかなぁ。一番暑かったのは行きの新幹線の中だったのかもしれない。それに、東京と大阪のどちらが暑いかと言うのなら、大阪の方が勝っていたかもしれない。
 それでも楽しいことだったからか、行く前まで身体の調子は万全とは言いがたかったのにとても元気よく過ごせた。帰ってきたらすっかり調子が戻っていたのが不思議(笑) 連日マッサージしに行っていたのが効いたのかもしれないなぁ。今後もあそこでマッサージしてもらうつもり〜。あとは、オフ会の会場を今度は別のところにするかもねー。
 では、以下は写真の一部。料理の感想は帰ってからというか、後日ということにしようかな。写真見ていたらお腹が空いてきた(笑) あ、そうそう、旅行効果か精神的にかなり参っていたんだろうなと思わされることがあった。実は体重がすごく増えて、見た目はあまり変わらないかもしれないのだけど、とても太ったんだよね。それが今日、きつくなってしまったパンツが以前ほどではないけどだいぶマシになっていたんだよ。楽しく過ごせたし、よく動いたからちょっとだけ痩せたのかもしれない(苦笑) でもまぁ、今のようの生活をしていたらすぐに戻ってしまうのだろうけどねー。
海老のゆずマヨネーズ

何だったッケ?(笑)

韓国風卵焼き

プリン!

デザート

at 21:54, 真神恵, 徒然日記

comments(0), trackbacks(0)