このサイトを検索
カウンター
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< おおきく振りかぶって 26話「基本のキホン」 | main | 機動戦士ガンダムОО 23話「世界を止めて」 >>

遙かなる時空の中で3〜紅の月〜 特典物の感想


 本編の感想は以前に書いたので、今回は特典物の感想を。

 通常版と豪華版と限定版の三種類が発売されたんだっけ。最近のコーエーって、ゲームでも三種類出すようになったよね。嫌らしいやり方だなぁと思う。思うけどいつも一番高いものを買ってしまう(苦笑)

 封を切ったとき、どこから開けたらいいんだろうかと戸惑った。限定版というのは生産数が5000だという。……正直、本当に5000なのかとは思っているけど(笑) で、この限定版は三分の二と三分の一で切れ目があった。そこから開けるということなのだろう。面積の大きい方が蓋になるようで、上へスライドして開けた。中には本編DVDと特典DVDとCD入ったケースがの二つ。それから設定資料集とカラーブックレット、台紙つきポストカードが入っていた。もちろんディスクはピクチャーレーベル。
 設定するのも見るのも好きな私にはとても魅力的な特典だった。というか、限定版を買ったのもこのためだったのかもしれない(苦笑) 絵を描かなくなってもう随分経つのに、やはりこういうものは見るだけで楽しい。
 カラーブックレットは雑誌に掲載されたイラストだった。青竜はいいとして、朱雀も多かったなー。一番人気があるから? 弁慶はどの絵も腹黒そうな表情なのが笑える。あれと、一点だけ知盛がいたのが嬉しかった。
 ポストカードのイラストは、公式サイトのトップ絵だった。でも、これは一度見たらおしまいなものだね(苦笑)

 特典ディスクのCDは「紅の月」のモノローグ集だった。一度しか聞いていないのだけど、本編中に八葉たちが何を思っていたのか、というのが語られていたと思う。あまり覚えてない(汗)
 DVDはちびキャラアニメが収録されていた。10分程度だったと思う。これは面白かった。キャラは小さいのに声のトーンはあのままだし。温泉にやってきた皆が……というもので、罰ゲームでリズヴァーンのマスクを負けた者が取りに行くというものだった。やっていたゲームって何だったっけな(汗) 面白かったという割には一度しか見ていないのよね。例によって例のごとく時間が……ということで。
 ヒノエと譲と敦盛が温泉に浸かっているリズヴァーンのマスクを狙うんだけど、敦盛は水に濡れると変化してしまうので困っていたのが可愛かった。結局落っこちてしまうんだけど、二人とも驚いてなかったなー。これ、望美しか知らない事実じゃなかったっけ?
 結局三人は取れずに、何をしているとやってきたドジっ子九郎が偶然リズヴァーンのマスクを取っていた。しかし……という感じかな。まぁ、オチは読めるものだけどこれは良かったと思う。一本だけでなく三本くらい欲しかったなと我儘なファンは思ってしまうのだけど(笑) 因みに大人組の二人はゆっくり温泉に浸かっていたよ。で、彼らもお約束といった感じ。
 アフレコ風景はナレーションもなく、本当にアフレコしている様子を録画しているものだった。でも、そういうのも嬉しいからいい。
 実写部分で一番楽しみなのが声優さんたちのトーク。今回は4組に分かれてテーマに沿って話されていた。その中で青竜組の関さんのコメントが興味深い。今回は将臣×望美な内容だったけど、ということは、八本作れるんじゃないかと関さんは言い始め、そして水面下で動いているという発言が飛び出た! 実現したならそれは嬉しいなぁ。でもまぁ、本音を言うならTVで4クール放送で、大団円EDでいいので放送してくれないかなぁと思う。それくらいあったら十六夜と迷宮だって入れられるだろうし。などと言い出すとキリがないか(苦笑)
 他のメンバーでは玄武組が面白かった。イベントでのことを話をしていたんだけど、互いに押し付けあっていたんだってね。ネオロマのイベントは行ったことがないんだよね。「おお振り」でイベントの楽しさを実感してしまったので、時間があったら行きたいなと思い始めたよ(笑)
 放送前に紹介番組があったようで、それに井上さんが出演されていた。しかし内容に関しては何も言えないと司会者に聞かれて答えていたなー。それで最後に結局何も教えてもらえませんでしたが、なんて言っていたっけ(苦笑) そういう指示を受けていたんだから仕方がないじゃない。それに、見る前にネタばれされても私は嬉しくないし。
 他にはノンテロップのOPとEDが収録されていた。EDのDVDバージョンって何だろうと思っていたら、キャストやスタッフを表示する黒の部分はなく、そのときに表示されていた映像の方をフルサイズにして歌が流れるものだった。

 本編ディスクにも映像特典があった。CM集とイベントの告知だったかなー。それからジャケットイラストを使ったカードも封入されていた。カードは未開封なのだけど、一番上になっている将臣の絵がジャケットと同じだから間違ってはいないだろう。

 DVDを入手したというのに、まだHDDから削除できないでいる(苦笑) 消そうと思うんだけど、その度にもう一度本編を見てしまうんだよなぁ……。時間がないと上記しているのに矛盾していると思うけど、やっぱりそのまま見入っている。

 特典物のみの感想だったけど、書いているとまた見たくなってしまった。それからもう一つ。今の私は将臣を見るとロックオンが被ってくるよ。だって声はともかく口調まで似ているんだものー。

at 23:59, 真神恵, 遥かなる時空の中で

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1036