このサイトを検索
カウンター

現在の閲覧者数:
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
<< シゴフミ 11話「メザメ」 | main | 機動戦士ガンダムОО 24話「終わりなき詩」 >>

ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜 感想

JUGEMテーマ:ONE PIECE

 二度の延期を経てようやく行くことができた。社会人だと互いの都合を合わせるのが難しいなと改めて思った。8時に待ち合わせて出発したら、いつもの駐車場に9時に着いてしまった(汗) もっとかかると思っていたのになぁと言うと、友人Hから「各駅停車じゃないから」と言われた。……その通りだ。バスに乗った時間で計算していたよ(苦笑)

 映画館に入ったのは9時40分くらいだった。開始時間は10時。それまでにパンフレットを買おうと、前売り券を買ったときにもらったコインを使って100円引きで購入。こういうサービスはいいね。今後もこういう事してくれないかなーと思った。
 ただ、友人Hが買ったとき、パンフ代500円なのに、コインと500円硬貨を出すと「600円ですね」とそのまま次に並んでいた私の応対を始めた(汗) 兄ちゃん、計算間違いしているよ〜。そんな慌てるような人数がいてるワケでもないのにどうしたんだ? そして私は同じ間違いをされると嫌なので、コイン+400円を出して清算した(笑) ちょうどあって良かったよ〜。スタッフの兄ちゃんも、今度はしっかり確認して「ちょうどですね!」と言っていた。

 前売り券を買ったとき、上映期間が二週間で終わるかもしれないと言われた。今回は映画館で購入したものなのだけど、この前売り券は、その映画館でしか使えないものだったんだよね。だから、スタッフも何度も何度も確認してきた。だから、毎年3月末の日曜に見に行く予定にしていたのを、最初は9日にしていたんだよね。
 以前上映していた映画館にはサイトがなくて、確認するのは電話しか手段がなかった。しかもとても愛想が悪かった! しかし、昨年から映画館が変わった。今回はサイトがあったので、ちょくちょく確認しに行ったよ。そしたら、最終的には私が確認した時点で29日までの上映が確定していた。……それだけ今回は良いものだったのだろうね。レビューを読むと評価も高いし。
 ただ、駐車場が1時間で500円引きというのがなぁ。上映時間は2時間。だったら2時間はサービスしてほしいと思ったよ。ずっと前は上映時間分は取らないサービスだったような気がするのになー。それを言うと友人Hは今は厳しいからねーと言っていた。

 120分の上映だけど、作品のみでは110分。10分間はこれから始まる映画の告知が上映される。いつもは長く感じられて「まだ?」と思っていた。しかし今回は長く感じなかったなー。驚いたのが「ゲゲゲの鬼太郎」の予告。……今の鬼太郎って髪が赤く燃えてグルグル振り回すような技を持っているの? 私が見ている鬼太郎は「墓場鬼太郎」なのでこれには驚いた。まるで「怪物くん」ではないかと(笑)

 映画の内容は、以前TVでも放送したものなので、別にあらすじを書く必要はないだろう。感想は……一緒に見た友人Hと友人K、そして私の三人とも内容はうまくまとまっていておかしくはなかったが、絵が最悪だったなと。「オマツリ」の悪夢再びだよ。友人HなんてあまりのショックにDVDは購入していないもの。
 昨年のアラバスタは原作の5巻分だったっけ? それを90分にまとめようとして失敗していたと思う。原作で色々カットしているのに無理矢理オリジナルシーンを追加していたものね。絵はその前と今回のに比べたらまだ良かったけど。それが今回は2巻分が110分なんだよね? 話は覚えていても何巻分だったかまでは覚えていない……。

 最後の「桜」のシーンより、私はチョッパーの過去話でよく泣いた。一番キたのは、ヒルルクに助けられたチョッパーが、用意されていたパンを口にしたときに涙を流していたところで一緒にダーッときた。目もとに貯まるのではなく流れていたものなぁ……。
 パンフレットには「ハンカチを用意しておいてください」とコメントされていた声優さんが複数いた。いつもだったら、まぁ大丈夫だろうと思っていただろうけど、冬島編だものなぁ。観る前から泣くだろうということはわかっていた(笑)
 いかん。打ちながら思い出したら泣きそうになる(汗) そしていつもながら声優さんたちの演技が素晴らしすぎるんだよ! 作画に関して上記のように書いたが、チョッパーだけはまともに描かれていたんだよね。私が泣いた数々のシーンはもちろんチョッパー絡み。作画云々を考えることがなかったから余計に感動できたんだろうなぁと思った。

 面白かったのはウソップとロビンのシーン。ロビンの役はほぼビビに相当する部分だった。その中で笑ったのは「ウソップのしもやけ」のシーン。しかもロビンが見つけるところのロビンがよかった。そして彼女はビビ以上に容赦がなかった……ように見えた。
 他にはフランキー。敵船を見たときの反応とか、壊れた箇所を見たときの反応とか。今回大いに役どころが変わったのがゾロだったかなー。映画ではこの二人がコンビを組んでいた。
 イッシー20って、最後の方になって実はこうだったと名乗っていたんだっけ? 映画では途中でワポルたちの行いに対して慌てていたりしているシーンがあった。そしてこのイッシー20の中に青野さんがいた。何も考えていなかったから、突如聞こえた声に、そういや毎回何かの役に声をあてていたんだと思い出した。

 反対に残念だったので覚えているのは二つ。くれはの「ドクターストップだよ!」とサンナミ名シーン。あの物陰に隠れてヒソヒソ話す場面がなかったのは残念だった。後は脱出時に気絶しているサンジをナミが膝枕していなかったところ! いや、していたかもしれないけど、サンジは途中で気づいてしまい次に画面に映ったときは座っていたんだもの〜。自分の状況に気づいたらはしゃぎそうな気もするけど、あのときって衝撃が起きて皆がソリの外に出ていたとかそんな風になっていたっけ?
 まぁ、サンナミシーンに関しては新規に一つあったけどね。サンナミというかサンジ→ナミだけど。他には村へ行くときにサンジがナミを背負っていた。これは原作にもあったシーンだけど、小さく描かれているだけだったんだよね。アニメは忘れた(汗) 映画ではこれが正面から描かれていたと思う。だから大きくサンジがナミを背負っているのが見られた。あ、雪崩時のサンジの名シーンはカットされていなかったよ。

 心配だったのがムッシュール。最近問題発言というか、何か自分が何者なのか勘違いしているんじゃないかという発言を繰り返している人が声をあてていると知ってガッカリした。毎回書いていると思うけど、もう芸能人は使わなくていいよ。演技がまったくできなかったとしても、声優さんよりもお金がかかるんだったら無駄以外のなにものでもない。
 とあるブログで読んだ記事では、芸能人が声をあてることには反対の声が半数以上いた。理由はさまざまあったけど、注目すべきは単にアニメファン、声優ファンなだけでなく、一般の人までがそういう反応を返していたという点だ。需要はないので、今後は質を落とすだけのようなことはしなくていいだろう。その分お金は他に回すべきだ。特に作画!!
 問題の人の演技の方は、今までのと比べたら遙かにマシだったかと。ただし聞き取り辛かった。ルフィと闘っているときなんて特に。技を言っているんだろうけど、何を言っているのかわからなかった。友人Hはワポル役の声優(島田敏さん)が上手いからよけいに際立つと言っていたなー。まぁ、ベテラン声優と比べる方が酷な話ではあるけど(苦笑)

 声優さんの演技は素晴らしいと上記した。特に大谷さんは秀逸! もともと上手い人ではあるけど、どんなに上手い人であっても初めて演じるときはまだキャラを探りながら演じている状態だと思うんだよね。でも、今回はキャラを完全に把握している状態でしょ? だから本当にもう「凄い」の一言なんだよね。これは実際に耳にしてもらった方がいい。
 また、くれはの最後の台詞の使われ方がまた良かったなー。なかなか出てこないからどうしたんだろうと思うけど、間を開けていただけだった。その言い方も……これは言うまでもないかな? ドルトンに関しては物足りなかった。それも聞いてもらったらすぐにわかると思う。彼の発言に関しては物足りなかった(笑)

 内容に関してはこれくらいかなー。そして作画に関して。一言でいうと酷過ぎる。110分の長時間で、恐らく納期も短かったんだろうなと思う。TVでの予告を見て、まさか本編でこの作画じゃないだろうと、「オマツリ」と同じことを思ったけど、そのままだった(苦笑) とてもじゃないが、劇場版とは思えないクオリティだった。残念というより腹立たしいと思った。内容が良かっただけに本当に何を考えているのかと。
 作画監督を見てああと思った。最初にTVで作画監督として名前を見たときは、なんて原作そっくりな絵なんだと感動したもんだけど、ここ最近はTVでも酷い作画になっているものなぁ。ま、あんなのでも「オマツリ」は修正されないでDVDになったので、今回のもそのままだろう。上記したサンジの名シーンも、そんな絵なので魅力は半減していると書いておこう。チョッパーの作画だけはマシだったのだけが唯一の救いかな。

 エンディングが流れるとやっぱり帰る人ってけっこういるんだねー。私らは当然最後まで見ていた。レビューではラストにお楽しみがあると書いていた人がいた。エンディングの最後になってあったのを見て、これのことかなーと思っていたらそうではなかった!
 確かにお楽しみはあった! というか、感動したばかりだけどこっちの方が断然いいというか気になった! 作画が綺麗だったなら、「来年の映画はものすごく楽しみだねー」で終わるんだろうけど(笑)
 来年の映画は絵がとても綺麗であること、そしてシャンクスが出ることだけ書いておこう。他にもあるけど、まだ見ていない人は実際に見た方がいいと思う。シャンクスが画面に現れた瞬間、私は身を乗り出していた(笑) 今は毎週池田さんの声を聞いているけど、やっぱりいい声はいいんだよ!

 終了後はスタンプを押すのが恒例だ(笑) 今回は全員の絵ではないのがちょっと残念ではある。そして……今回もあまり綺麗に押せなかったのが残念!

人気blogランキング

 映画を見た後のことは続きで書こうと思う。
 今回計画していたことがあった。それは友人Kを美味しいと言わせるケーキ屋を紹介することだ。以前に美味しいと教えられて、実際に食べてみて私はそんなに悪くないと思っていたケーキ屋が、友人Kとその家族には不評だったのでちょっと悔しかったのだ。
 そして今回は私が今ハマっているケーキ屋に行くと決めていた。ここにも書いていたと思う。そこのケーキは美味しいのだけど、一切れの単価が高い。だからこれは一度口にしてもらってから買ってもらった方がいいと思っていた。しかし、昼食を食べた後にケーキなんて……とても食べられない(汗) だから、今回の昼食はその店でとることにした。ケーキだけでなく、料理はオムライスとパスタだけなら食べられるので。
 三人ともランチセットを注文した。オムライスかパスタのどちらかを選択し、サラダとドリンクとデザート。デザートのケーキは三種類から選択できるので、もちろん一つづつ頼んで皆で食べあいっこをしようということになった。その内の一つは食べたことのあるものだったなー。

 オムライスがね、これがもうとても美味しかった! 一口入れて美味しいので黙々と食べていて……そしてまたしても写真に撮るのを忘れていたことに気付いた! 友人Hには「去年も言っていたな」と言われてしまった(汗) 美味しかったのだから仕方がない。オムライスは二種類あったので、今度はもう一つを注文してそのときに写真に撮ろうと思った。
 デザートのケーキを食べた友人Kの反応は良いものだった。私は食事のあとは当然持ち帰りでケーキを買った。いつものともう一つは食べたことがないものを。今はイチゴのものが多かったなー。しかも使われているイチゴがすごく大きいの! 友人Kは何と4つも買っていた。一つが大きいので半分ずつ食べてもいいんじゃないだろうかと心配したんだけど、これは彼女がかなり気に入ってくれたということなんだろう。

 駐車場までの道ででは私が好きなチョコを売っている唯一の店がある。次に三ノ宮の来れるのはいつかわからないので、まとめ買いをしてしまったなー。

 楽しい時間はあっと言う間に終わってしまった。実は帰る前から頭痛がしていたんだよね。帰ったら1時間くらい気づいたら寝ていて、それでも痛みは止まなかった。う〜ん。
 最後はそんな風になったけど、楽しい一日だった。しかも後で来た友人Kからのメールでは家族全員が美味しいと言っていたそうで、それがとても嬉しかった。お店もわかりやすい場所にあるから、彼女が姉妹と三ノ宮に行くときには是非他のケーキも食べてほしいなと思った。その量の多さに驚いたり、全部食べられないと思うかもしれないけど、あそこのケーキを不味いという人なんて、ケーキが嫌いな人くらいだと思うので。

at 23:36, 真神恵, ONE PIECE

comments(0), trackbacks(1)

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。
-, 2011/07/24 9:36 PM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。