このサイトを検索
カウンター
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< あまつき 1話「雨夜之月」 | main | 終了したアニメ感想3 >>

Fate/stay night [Realta Nua] Heaven's Feel 感想

JUGEMテーマ:TYPE-MOON

 さて、ようやく最後の桜ルートである。始めた直後から早く終わらないかなぁとしか思ってなかった話でもある(笑) 理由は明白。アニメの感想でもさんざん書いてきたが、私は桜が好きではないからだ。そしてゲームをクリアしてからもその思いは変わらなかった。あ、でも士郎と桜がくっつくのは別にいいよ。というか勝手にすればとしか(苦笑)
 桜がメインヒロインだからなのか、聖杯戦争の真実とか明かされていない謎とかがわかりヒロインに満足できなくてもこっちで満足でしょ〜と思えということなんだなと思うくらい内容は濃かった。しかし、三つのルートで私が泣いたのは実はこの桜ルートだったりする。

 こちらもエンディングは二つあったんだねぇ。それと今まで触れてこなかったのだけど、OPはそれぞれのルートで一つずつ用意されていた。……でもねぇ、そんな三つにするくらいなら全て新規の作画にしてほしかったなぁと思う。得した気分に全然ならないんだもの。それでも桜ルートのOPで、光を向いている凛と士郎に対して涙を流して立ち去る桜という最初のシーンが、彼女の立ち位置を示していいと思う。
 それと士郎が固有結界の中で佇んでいるシーンがあったけど、そんなシーン本編になかったのではないだろうか? なんでそんなシーンを入れたんだろう。
 最後に自分と凛を見下ろしているキャラに対して、士郎が何かを叫んでいるシーンがあった。本編を入る前、私はそれを「セイバー!」と言っているんだと信じて疑わなかった(笑) そして、桜がその姿になって出てきてから桜だったのかと気づいた。ヒロインとは全然思ってなかった証拠だなぁ〜。
 黒セイバーとは、このルートで出てきたんだね。本当に、全然容赦がないんだぁ……。それでもフィギュアが出ているということは、人気があるってことなんだよね? 本編を考えたらあんな風にドレスを着ているとは思えないんだけど。

 原作のPC版では問題はなかったんだろうけど、声の入るPS2版は失敗だったろうなぁとか思った。いや、私がソフトを買う基準はそれなので、もちろんあってほしい、いやあって当然のことなんだよ? しかし、誰が喋っているのかを不明にしていても、声を聞くことによってそれが何者なのかネタバレしてしまうのは勿体ないなぁと思ってしまったのだ。黒い影。初期の段階で、夢に見ているというエピソードが入らなくてもそれが誰なのかがわかってしまったのは「あ〜あ」と思ってしまった。
 それから、桜ルートだったか、凛ルートだったか忘れてしまったが、対バーサーカーにおいて士郎がセイバーと凛を置いて逃げるという選択肢があった。それを選んだときに誰かが士郎を殺してしまうのだけど、これも誰とは書いてなかったけど、手を下したのがランサーだというのがわかった。バッドORデッドエンドを見るために参考にしていたサイトでは謎の人物としていたけれど。

 タイガー道場をコンプリートした後に見られるおまけのところで、この桜ルートが……何だったっけ? 士郎の歪みを正した一つの答えとかなんかそんな感じのコメントをイリヤがしていたと思う。……これが? と思ったのは言うまでもない。
 確かに自分のためではなく人のためにばかり成そうとしていた士郎が、自分の愛する者を救うために、ひいては自分のために行動を起こしたというのは大きな進歩だと思った。自分の望みを持って、そのために行動したということが大事なんだろうけど、それであんな姿になってどうするの、と思うんだよね。結局イリヤが助けてくれたから良かったんだろうけど、最後に出てきたのは士郎ではあるけどオリジナルじゃないじゃないかーとちょっとご都合的な幸せラストだと思った。
 三つのルートを通して共通して言えることは、士郎はどうしてああもギリギリの状態で戦うんだということかな。これはどのルートでも共通していた(苦笑) あと、真面目で誠実というキャラのくせに、元が18禁ゲームだったからヒロインとなるキャラたちが近づくだけで狼狽していたり妄想しそうになっているのに笑えた。慎二とか一成にはそんな描写はないというのに。まぁ、健康的な高校生男子だからと思うことにしよう。真面目と言いつつ頭の中はそんなことでいっぱいなんだねー。

 桜に関して最もムカついたのは、今まで尽くしてきたのだから先輩には返してもらわないと、といったセリフを言っていたことだろうか。いやまぁ、リアルだということでもあるんだけど、あんな風にいい子を演じてきたけど心の中ではそんな風に思っていたんだねぇ(苦笑)
 私は自分を作ったりしてなくて、素のままあっけらかんとしている。相手が男でも女でもそれは変わらない。だから、自分がこれだけやってあげたんだから、私にもそれくらいして! なんて言うキャラがいたら、ハッ!! と笑いたくなる。見返りを求めた時点で逃げられっぞと(笑) この作品でも人気投票なんてしていたんだろうか? というか男性で桜が好きだというファンがどれくらいいるのかちょっと知りたい気がする。
 私はこのブログでも何回書いたか覚えていないが、悲劇のヒロインぶるキャラが一番嫌いである。そして桜のそういうキャラであった!(笑) 凛と対峙したとき、桜は血を吐くように叫んでいた。自分が間桐の家に連れられてからどんなに苦しかったのかと、姉がいると聞いて助けてくれると思っていたとか。

 それに対する凛の返事が「ふ〜ん。それで?」だったっけ? 私は凛以上に薄情な人間なので、桜がそう叫んでいるのを聞いていていちいち突っ込んでいた。だって、何? 助けてくれって? 自分では何もしようとしないで我慢だけして自分を助けてくれるスーパーヒーローでも待っていたって? 仮にそこで助けてもらったとしても、長い人生では誰かに助けてほしいと思う瞬間が何度だってやってくると思う。で? その度に誰かが助けに来てくれるとでも思っているのか?
 それって自分では何もしようとしていない、自分の力で生きようとしてないってことだよ? そして遂には闇に囚われる、と。ねぇ、笑っていい? 見ていて私はそこまで思っていた。何か問題があったらそれは他人のせい。自分がいい目を見ないのも他人のせい。……何なのあんた?
 士郎はそれでも桜を愛して救おうとしたし、凛はそれでも血の繋がった妹だから最後の最後でとどめを刺せなかった。でもゴメン。私が同じ立場だったら二人のようにはなれない。彼らほど真っすぐではないからだろうけど。何もしないで見ているだけかもね。自力で這い上がるようにと。でもまぁ、あの段階だと他人の手を借りないと無理なんだけどね(苦笑)
 本性を現す前から好きではなかったけど、本性が解ってからも好きにはなれなかったなぁ。ここまで好きになれないキャラも珍しいんじゃないかと思う。ギルガメシュの方がまだマシだったと思うよ。もちろん、間桐臓硯が諸悪の根源なのは言うまでもないけど、それでもあれは……。

 桜ルートではますます凛が好きになった。あんな絶望的な状態でも決して諦めないし、対抗しうる力もちゃんと持っていたというところなんて最高だったよ!
 凛に関して言えばもう一つ。このルートでのアーチャーは早々に退場してしまったのだけど、左腕が無くなってしまった士郎に自分の腕を移植するようにと彼はライダーに言っていた。片方しか助からないならと。その後に凛に別れを告げるところで大満足した。だって、「愛おしそうに」と文字にして説明されていたんだもの! このルートでの士郎は桜を選んでいたけど、アーチャーと凛は弓凛派が期待するような関係だったのは間違いないだろう!
 桜ルートで私が泣いたのは三回だった。その内の一つが凛が桜にとどめを刺さずに抱きしめて口にした言葉を聞いて。桜には「隣の芝生は青い」と言ってやりたい。他のルートでも凛は遠くから桜を見ていたんだよね。何かと面倒を見ていたような記述もあったし。桜にはそれを本心から感謝してなかったのではないのかと思ってしまう。本当に助けてほしいことはそれじゃないと思っていそう。でも……凛がそこまで守りたい妹であるなら、いいかぁとあんなに嫌っていたというのにそう思えるから不思議だ(苦笑)

 他のキャラに対しては慎二の私服姿を見たのは初めてだなぁと。後は他のルートではライダーって早々に退場していたから、すぐにやられるサーバントという印象だったけど、ここでこんなに活躍するとは思ってもみなかった。まさか士郎と協力して戦闘するとは!
 プレイし終わってギルガメシュに関して思ったことがある。それは、彼は出てくる度に弱くなったなと。最初はセイバーの強敵として出てきて、ランサーをも倒したというのに、凛ルートでは士郎一人に敗れ去り、そして最後は桜に食べられてしまうとは(苦笑) 他のルートで桜に会っていたときの会話がここで明かされていたっけ。それに教会では士郎と普通に会話していたのにも驚いた。そのときに変なものに好かれているとか言っていたし! あれ、忠告にしか聞こえなかったよ。

 言峰の意外な姿に笑った。麻婆豆腐を食べている姿とか士郎との会話とか(笑)
 セイバールートで、人体に触れたら溶けるんだったっけ? どうしてアンリマユを掴んで士郎に攻撃ができたんだろうかと思っていたけど、その謎も明かされていた。そういや最初に切嗣に心臓を撃たれたとか言っていたのに生きているのも変だなと後から思った(笑)
 桜ルートではイリヤ救出のためにまさか士郎と協力するとは思ってもみなかった。しかも強い! 人間じゃないのかと思っていたら、真アサシンと戦っているときに彼の正体について解説してくれたので助かった。
 言峰の考えに関しては理解も共感もできないけど(できたらそれはそれで大変か……)、桜ルートにおける言峰は結構好きだった。

 そして最後にイリヤ。冒頭で私は桜ルートでは泣いたと書いた。三つの内二つがイリヤ関係のイベントでだった。まさか彼女が切嗣の実の娘だったとは。しかも士郎より年上と聞いたときは驚いた。最後に出てきた姿と、今までの姿が違うのは何故だろう?
 まずは士郎が悩んで結論を出すところ。桜を守るために戦うか、というところでのイリアに泣いた。そして最後に孔を閉じようと進んでいくときの「姉は弟を守るもの」と言った笑顔に。このとき士郎が、ほとんどの記憶を失っていて、それでもイリアの名前を思い出して「行くなイリア!」と叫んだところでもうボロボロと。クリアしてから時間が経ったというのに、打っていると思い出して、思い出してはジワリと涙が浮かぶ。
 イリヤルート、桜ルートよりもそっちが見たかった……。

 三つのルートを終えて、好きなのは凛ルートだ。しかし一番いいラストはセイバールートだったなぁと思う。何故って? イリアが生きているから。そのまま行けば士郎はアーチャーへとなっていくだろうけど、それでもイリアが生きているラストの方がいいよ。

 う〜ん。他にも何か書きたいことがあったかもしれないけど、今すぐ思い出せないので感想はここまでにしておこう。電源を落とさずにぶっ続けでクリアして、タイガー道場もコンプリートした。ゲーム内容に関しては漏れなく読み切ったと思うし。

人気blogランキング

at 23:34, 真神恵, ゲーム

comments(1), trackbacks(0)

comment
-, 2010/10/17 3:23 PM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1062