このサイトを検索
カウンター
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< マクロスF 9話「フレンドリー・ファイア」 | main | コードギアス 反逆のルルーシュR2 特別番組「アキバで対決!コードギアス祭」 >>

彩雲国物語 3巻 感想

JUGEMテーマ:彩雲国物語

 ようやく3巻が発売! 見開きのカラーでは前巻同様に楸瑛が髪をまとめていなかったなぁと思った。それと漫画の方で新キャラもたくさん登場と。アニメの絵も悪くないけど、漫画版はやはり由羅さんの絵で見られるということに価値がある。

 劉輝が見た悪夢で笑った箇所は秀麗の台詞だった。「ときどきお金借りに行くから、そのときは無担保無利子で貸してね」というところ、秀麗らしいなぁと。しかしアニメで見たのってだいぶ前だから、あんまり覚えていないんだよね。だから懐かしいなぁと思いながら楽しんでいる。
 それと、楸瑛と絳攸が秀麗に家に向かう途中で静蘭と出会っていた。二人を見た聖ランが「今日はお夕飯の日でしたね」とニッコリ笑顔を見せている横にキランという音が聞こえそうな星が描かれていたのがおかしかった。そうか、静蘭も秀麗と同じなんだなぁと(笑) 彼らがやってくるということは、2巻の最後で言っていたように食材を持ってくるからその日は豪華な食事になるんだね。

 そんな三人が家に到着したら、どう見ても怪しい風体の男が遠慮なく秀麗が作ったご飯を食べていた。貧乏だと言いつつも、困っている人には無条件で助けようとする秀麗たちは本当にいい人たちだなと思うよ。
 絳攸が持ってきた鶏が暴れたのを、その男は長棍で突き上げキャッチした。その動きに静蘭は見覚えがあり、楸瑛は手練れであると看破していた。そうして自分を小旋風と呼んだ男の頬に十字傷があるのを確認して、燕青かと尋ねていた。
 静蘭が本性を現していシーンを初めて見たときは驚いたかなぁ〜。しかしこれが秀麗にとっては普段とは違う静蘭ということで燕青とはお友だちと思われてしまうんだよね(苦笑)

 食事中は燕青が貴陽へ来た目的を聞いたり、燕青が今の主上がどういう人物かを聞いたり、楸瑛が茶州に関して道中の様子を尋ねたりと様々な話をしていた。
 茶州の話が出たことで、楸瑛が静蘭に賊退治の仕事を請け負ってほしいと言いだした。静蘭は燕青に話を振るが、彼が受けても静蘭自身への勧誘は止まないということで渋々承諾していた。しかし期間限定の仕事らしい。
 渋々承諾したといっても、静蘭は夕食前には帰ってくるとか、楸瑛が吹き出すほどの提示額の二十倍を条件にしたりととってもしたたかだった(笑) しかも涼しい顔をしているもんだからすごいよ。それだけでなく、自分がいない間に燕青を置いておくと言って、彼が居候できるよう話を持っていっただけでなく、彼の滞在費をそれはもうキラキラと輝く素晴らしい笑顔で楸瑛が負担してくれると秀麗に話していた(笑) 「嫌がる私を無理やり引き抜きたいと仰る藍将軍が」って強調していたのがまたいいよ。

 今度は絳攸が秀麗にバイトの話を始めた。外朝での仕事だと聞いた途端に彼女は二つ返事で引き受けた。そうして戸部尚書で男装して働くんだね。暑さで倒れるっていったいどれだけの猛暑なんだと思うよ。まぁ、あんなに着込んだ服装なので仕方がないのかもしれないね……。

 初めて見るんじゃないのかと思ったのが、右羽林軍将軍が紹介されたところかな。左の方が黒燿世という名前の将軍だったっての。白と黒っていかにも対立していそうだなと思える名前だな。
 それから、静蘭が雷炎に対して童顔だとかヒゲを剃った方がいいとか全然似合ってないとか言っているのも初めてのような? しかも会話から雷炎は静蘭のことを昔から知っていたんだろうか? そんな印象を受けた。

 戸部尚書でのバイトでは、奇人の髪があまりにもサラサラなので、触った秀麗た感動しているシーンが面白かった。そして秀麗と柚梨との会話がほのぼのしていていいなぁと思ったかな。
 他には……。そうそう、燕青のヒゲが思った以上に濃かったなと(笑) 髪の量もかな。アニメでは割とサッパリしている感じだったのにね。これは漫画版で彼がスッキリさせた顔も早く見てみたいものだ。

 私は雑誌は滅多に読まない人間なので、全てが初見になる。でも、3巻には24ページの描き下ろしがあるのはとても嬉しいと思う。描き下ろしと言っても、これも原作にあるお話だったのかな〜。
 秀麗の母親が亡くなるシーンなんてアニメではあったっけ? ただ、チンチロリンはなかった。これは確実だ。放送局を考えたら描けるはずがないものね。この番外編はとても良かった。
 燕青がすっごい低音で歌うかわいい動揺ってのはぜひとも音で聞きたかった! 予想外に上手いと秀麗が言っていたんでよけいにそう思う。それと、賭けごとの類は一切したことがない秀麗がとても強かったとか。母親似なんだねー。
 漫画で見ると、秀麗の母はどう考えても彼女の身代りになって亡くなったんじゃないのかと思ってしまう。そんなことが人間にできるのか、という疑問があるけれどね。
 最後の、秀麗の言葉に凍りついた邵可の顔が一番の見せ場だったと思う。

 次は燕青が何者かがわかるんだろうねー。発売されるのが楽しみだ。

人気blogランキング
ブログパーツ

at 23:00, 真神恵, 彩雲国物語

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1114