このサイトを検索
カウンター
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< ついにこの日がやってきた! | main | すみません…… >>

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 DVD1巻 感想

JUGEMテーマ:コードギアスR2

 映像特典が盛りだくさんだった! まぁ、本編は1話しかないのには苦笑せざるを得ないんだけど〜。
 本編は見たから今回も映像特典だけを見た。ソフトになったら修正が施されていると思うけど、オーディオコメンタリーを見ていれば十分だもの。で、一番楽しみにしているコメンタリーは最後に見た(笑)

 最初に見たのは「修正原画ギャラリー」なんだけど、もうちょっと大きいサイズで収録してもらえなかったかなぁと正直思う。
 次は「おまけFLASH」。でもこれはよくわからない。誰が作ったものなの? ただ、ここではナナリーの性格が本編と違うのがいい点かな。

 そして「イラストドラマ」だ。ホテルの一室なのかな? 一度しか見てないのでちょっとうろ覚え(汗) 散らかった部屋でC.C.とカレンが会話をしていた。ルルーシュ救出作戦の前夜のようだね。で、見たところカレンとC.C.はすっかり仲良しさんになっていた様子(笑)
 カレンは自室でもそうだったけど、今回も片づけられない子のようだ。C.C.の台詞でウケたのは「私はやればできる子なんだ」というもの。子という言い方が可愛いなと思ってしまった。裏設定としては、卜部が味音痴だけど味噌を手作りするキャラだというのがわかったことかな。あと、C.C.が彼の訪問を心待ちにするくらい料理も美味いようだ。
 なんだかんだで実は気が合うんじゃないかと思って見ていたら、すぐにエンディングになってしまった。残念! ただ、そのスタッフロールが流れているときに、会話中には出ていない絵が出ていた。C.C.のベッドの反対側の方にはピザの箱が山積みされていた(汗)
 我慢できなくなったら掃除をするとC.C.は言っていたけど、私にはあの散らかった部屋は我慢できないものだなぁ。しかしカレンは片づけた傍から散らかしていくんだろうな(笑)

 今度は一番長い映像特典の「プレミア先行上映会追体験モード」である。これはイベントの様子だけでなく、舞台裏が見られたのが嬉しい。私は応募しなかったからイベント自体も初見なのだけど、やはり観客が見られないものをこうやって見せてくれるのはいい。
 しかもこういったイベントの様子を収録したものって、流された映像はカットされるんだろうと思っていたのにキッチリ収録されていた。まぁ、イベントのためだけの制作されたオープニングがあったからかもしれないんだけどね。しかしイベントのために作られたとは言っても、第一期の映像を使っていただけなので嬉しくはないかなー。
 声優では福山さんと小清水さん、そして水島さんが出ていた。大原さんは声のみの出演で、他は誰もいなかったな。イベント当日もそうだったのかな。で、小清水さんはもうお決まりになったんだろうか? アッシュフォード学園の制服を着ての登場だった。
 R2になって何が良かったかというのを、ネタバレになるからこれ以上は言えないんだと言っている姿に笑えた。DVDを買った今だったら知っていることだけど、当日、しかも上映前には確かに言えないことだったものね。
 ゼロの変なポーズが話題になっていて、それを福山さんにしてほしいと、小清水さんが観客の心の声を代弁したのだと言ってたところが笑えた。で、やってみた福山さんはとても控え目なポージングだった。何でも以前腰をゼロのように捻ったら腰にキタらしい(汗) だから思いっきりできないんだね。
 イベントの締めくくりはゼロの演説だった。で、舞台袖(?)でそれを聞きながら水島さんがいちいちゼロのポーズをとっていたのが面白かった。しかも腰を捻っていたし(笑) それを見てた小清水さんにウケていたようだった。

 最後はコメンタリー。福山さんとゆかなさん、そして小清水さん。スタッフは大河内さんと河口さんだった。たくさん話してくれるスタッフさんは好きだなー。ただ、雑談ばかりで1話の内容に関してはあまり触れていなかったのが残念だったかも。要所要所では語ってくれていたけどね。福山さんが主に質問して、それをスタッフさんが答えるという形式だった。
 しかし……スタッフ自らカレンをお色気担当だと明言していたよ!(笑)

 他の特典物は……エンディングイラストを使用したポストカードと、CLAMPの設定画とブックレットだね。
 ポストカードは開封していない。だってもったいないじゃない。「コードギアス」関連で、CLAMPが描いた絵がイラスト集になる日は来るんだろうか? 版権もののイラスト集をCLAMPで出してくれないかなぁ。
 設定画は前回同様……というか前より少ないのではないかと思ってしまった。こういうの、もっともっと見たいなー。
 ブックレットにはスタッフの座談会が掲載されていた。ここで驚いたのが、次週の脚本がどうなるのかという質問に、来週の自分が何とかしているだろうと答えていたことかな(汗) いや、真に受けてはいけないのだろうけど、そんな突貫工事で作られていたとしたら、最後の最後で辻褄が合わなくなってしまうんじゃないかと心配である。結局、放送中に片づけられなくて、別話、あるいは劇場版で決着をつけるなんてことにはなってほしくないなぁ。

 これで終わりだなと思ったら、特典CDを忘れていた(汗) 最初、こちらも映像特典だとすっかり思いこんでいて、読み込ませたら何も始まらなくてCDと表示されていたので驚いた(苦笑) 「はんぎゃく日記」お出張版とのことで、1時間弱収録されていた。内容は……うん、まぁ、普通に面白かったと思う。途中で寝てしまったみたいだけど!
 ゲストにコメンタリーにも参加していたスタッフの河口さんがゲストの登場していた。ここで咲世子の声なしの出番が故意であったことが証明されていたけど本当かなー(笑) しかし音声のみよりは前のように映像で見たかったかな。

人気blogランキング
ブログパーツ

at 23:59, 真神恵, コードギアス

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1200