このサイトを検索
カウンター
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 金色のコルダ3 如月響也エンディング 感想 | main | 機動戦士ガンダムUC 1巻 感想 >>

遥かなる時空の中で 17巻 感想


 家に届いて封を切って表紙を見たときにまさかと思った。まさか誰かとくっつくラストになるとは思わなかった。あえて誰ともくっつかないで終わらせるものだと思っていたもので……。
 表紙見てわかる通り、コミックスの「遥かなる時空の中で」は頼久エンディングとなりましたとさ。……う〜ん。これはやっぱり作者が頼久好きだからこそのラストなんだろうね。

 最初はゲームの通りにするのかなと思っていたけど、どんどん内容が変わってきて服装も色々変わって、絵も最初に比べてものすごく綺麗になったので、そういうのは真新しくて良かったかなぁと思う。それにしても10年もかかっていたのかー。
 最初からあかねのことを好きだと言っていた天真がちょっと可哀そうだなと思ったけど、途中で永泉も、いつの間にやら詩紋もイノリも鷹通も泰明だってあかねを好きになっていたから皆可哀そうかな。でも、神子の心の動きは八葉に筒抜けだったようなので、最終的に皆は自分の感情ではなくあかねの幸せを選んだということなんだろうね。

 思い返せば頼久が寝ぼけて(?)あかねにキスしてしまうシーンがあったけど、あのときから既に頼久エンディングに向かっていたのはうすうす感じていたんだけど、あの後に皆の記憶がなくなるというのがあったから無くなってしまうのかなとも思っていた。
 今回の話で一番は現代にお持ち帰りされた頼久の髪型! 短くなってるーー!!と驚かされた。私は男の挑発は好きではないので、この頼久の髪型はお気に入り。おまけに口調は丁寧なのに名前は「あかね」と呼び捨てなのが更にいいよ!
 それにしてもラストはゲームでもあった台詞があったけど、あっさり終わってしまったなという印象だった。現代に連れ帰る頼久のために白龍が色々お膳立てしてくれたと天真が呆れながら言っていたけど、それは……ちょっとというかかなりご都合的だなと思った。しかしそんなに便利な存在だったなら、「遥か3」の白龍はどうなんだろうかとちょっと考えてしまった(笑)

 長期の連載が終わってしまったけど、次は何を描かれるのかがとても気になる! 個人的には「遥か3」か「遥か4」を連載してもらいたいなと思うけど、もうこのシリーズは漫画化されないのかなー。

ブログパーツ

at 21:40, 真神恵, 遥かなる時空の中で

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1399