このサイトを検索
カウンター
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 遥かなる時空の中で 17巻 感想 | main | サマーウォーズ >>

機動戦士ガンダムUC 1巻 感想


 最初は完結してから見ようかなと思っていたのだけど、情報が更新されると嫌なので早速見てみた。

 小説は未読。本屋へ行くと、文庫本が2冊出ていたので購入はしたものの、これはアニメが完結してから読もうと思う。始めはこの2冊だけなのかと思っていたのだけど、アニメは全6巻だというし、ブックレットを読むとアニメ化にあたって削っている箇所もあるという発言からどうやら違っていたのだと知った。来月に3巻が発売されるそうなのでどのみち揃うまでは読めないなと思った。
 ちなみに、私がガンダムシリーズで読んだ小説は「ファースト」、「Z」、「ZZ」、「逆シャア」、「F91」くらいだったかなー。「閃光のハサウェイ」は読んでいないんだよねー。後、新しいガンダムシリーズも。「OO」はちょっと心が動いているけど(笑) で、買って読んだのも、手放したのもだいぶ前。「ZZ」で、プルツーの死をエルが気付いていたというのがアニメではなくて不満だったというのは懐かしい記憶だ。

 さて「UC」1巻。最初はTVでしてくれるものだと思っていたんだよね。で、絶対録画するぞと待っていたらOVAになってしまいかなり落胆してしまった。どこかで見られるだろうとは思っていたのだけど、結局予約してしまった(苦笑) しかもBDで。「OO」の総集編もBDで買ってしまったことだし、ガンダムは今後はBDで買うことになりそう。
 絵が綺麗なものを見たいとは思うけれど、価格でどうしてもDVDを選んでしまうんだよね……。1本ものとか、今回のようにOVAだったらまだ許せるのだけど、TVシリーズのBDは憤りを覚えているので。だって、BDってDVDに比べて10倍の容量があるのに、何で同じ話数しか入れないで馬鹿高いの!?って思うんだもの。これがDVDよりも多くの話数が入っているのなら、多少高くてもそっちを買っていたと思う。ただでさえ場所を取るんだから、余計なおまけはなくてもいいから枚数を少なくしてほしいよ。
 とはいえ、今までDVDで買ったものをBDに買い直す、なんてことはしない。

 発売前になるとCMが流れ始めて早く見たいと思った。それも早速見たという理由の一つかな〜。逆シャアの3年後が設定というのも大きいね。つまり、ファーストからの歴史を引き継いだ物語だったからというのもあった。

 ブックレットには、完成するまで1年かかったと書いてあって驚いた。1本を完成させるのにそんなにかかってしまうなんて、2巻以降かなり待たされることになるんだろうか? と思っていたけど、次は秋頃に発売されるそうで。延期になってほしくはないけど、なるんじゃないかとちょっと心配。
 主人公の名前はバナージ。あまりパッとしない男の子だなというのが私の印象。性格も普通? 機械オタクでもなければネクラでもなさそう。

 一年戦争、テラーズ紛争、グリプス戦役、ネオ・ジオン戦争。第一次は「ZZ」で第二次が「逆シャア」なんだね。これらが歴史の授業で解説されていた。しかし、ノーマルスーツを着て授業をする風景に違和感を感じた(笑)
 私語をする生徒に先生が工業科だからと言って歴史を疎かにするな、という感じの台詞を言っていたと思うんだけど、まさにその通りだと思った。作中では歴史も知らぬ奴をアナハイム社が雇うと思うな、ってことを言っていたけど、自国の歴史くらい大枠でもいいから知っているのは当たり前だと思うもの。私はよく政治の話とか歴史の話をするのだけど、後輩はそれを聞いて凄いですね、勉強になりました、という感想を言う。全然凄くないって。知っていて辺り前。だから私は勉強になりました、で終わらせるのではなく、もうちょっと自国の歴史を知っておいてほしいと返したものだよ。戦争を知らないのは仕方がないとしても、知識もないというのは問題だと思う。そういう無知さ無関心さが、いつまで経っても戦争がなくならない人間の世界を作ってしまうんじゃないだろうかと思う。人種、宗教的反発以前に。まぁ、戦争しないと景気を回復させられないという国もあるんだけどさ(苦笑)

 そうそう、プロローグではいきなり宇宙ステーションが爆発されたっけ。西暦から宇宙世紀に変わるという瞬間に爆破されてしまったんだよね。いつになってもテロはなくならないんだなと思ったよ。で、その場にいて一人宇宙を漂っていたら、寝たきりのお爺さんが出ていた。声は永井一郎さん。永井さんって戦争ものには出ないと言っていたような気がするのだけど、ガンダムだから出たのかなー。
 で、その爺さんの息子であるおじさんが出てきて、それがバナージの親父さんだった。でも、バナージ本人はそれを知らないようだった。親父さん、カーディアス・ビストは財団の当主。顔見ると冷酷そうにも見えるのだけど、映像でバナージを見かけたときとか、ここから出ていくようにと言ったときとかはそんな風には思わなかったな。どうにもきな臭い話から遠ざけようとしているとしか見えなかった。

 バナージは、自分の居場所を見つけていない、とそんな様子だった。彼に好意を寄せているクラスメイトの女の子がどこかを見ている、な感じのことを言っていたので。で、彼は遠方でテストをしている機体とか、かなり上から落下してくる女の子を察知するとか、どうも普通ではない様子が描かれていた。
 落ちてきた少女はオードリーを言っていた。しかし、考えて名乗っていたので本名ではないのは明らか。見覚えのある髪型だしね。しかも最後の方で彼女を連れ戻そうとしている女性兵士が「姫様」と言っていたことから、彼女が誰であるのかは明白。
 この世界で姫様と呼ばれる存在は一人しかいないものね。他はすべて亡くなってしまったし。ネオ・ジオンという言葉が最初は出てこなかったけど、所持している機体のクシャトリア見てだいたい想像はできた。でもまぁ、後でPVダウンロードして見たら「亡国の姫」と書いてジオンなんてルビ振られたらバレバレじゃないか……。それとも、彼女がミネバだというのは別に隠すべきことでもないということなんだろうか?

 ともあれ、二人は出会ってバナージは彼女が行きたいという場所に案内してあげていた。しかも向かった屋敷に彼は見覚えがあると言っていた。ということは、最初から離れ離れではなく、何らかの事情があって母親と家を出ていたということなんだね。
 バナージはオードリーに一目惚れしたって事なのかな?
 戦争を止めに来たと言う彼女を案内して、勝手に屋敷に入り込んだらカーディアスがやってきて、彼女が話を始めようとしたら出て行けと言われてしまった。それなのに動く気配がないばかりか、再度出て行くように言われても、彼女が自分を必要としてくれるなら、と居残る気満々だったものね。しかし、にべもなく「必要ない」とバッサリ言われてちょっと哀れだった。まぁ、民間人の少年Aに関われる問題でもないし、巻き込みたくないという責任ある立場の人間の思考そのまんまな考えなんだろうけど、間髪入れずに答えた姿に驚いた。

 しかし、「ZZ」を除いて「Z」以降の連邦軍というのは悪いイメージを持つ者なんだろうか? コロニー内でMSで攻撃してくるのだもの。
 そういや作中でブライトの名前が出てきたのだけど、この作品で彼は出てくるのだろうか? 出てきても……もう鈴置さんじゃないのであまり聞きたくないかも。

 戦争しているシーンの中で色々と衝撃的なものがあった。これ、TVでは流せない類のものとなるんだろうか? 街中でドンパチを始めるMSを見て、歴史の授業をしていた先生がすぐに非難するよう指示を出していた。この先生は本物の先生だったんだね。その後、自分以外の人間をシェルターに入れて扉を閉めた後に……何だっけ? 燃え盛る破片を受けてか、ビームが当たったかは忘れたけど驚いた表情のまま燃えて消えてしまっていた(汗) それを見て私は原爆で身体が燃えて消えたという話を思い出してゾッとした。
 それだけでなく、ちょっと下の場所にいただけで、上の場所にいたクラスメイトたちが一瞬にして消えてしまったというのも背筋が凍る思いだった。助かったのは三人で、バナージと彼に好意を寄せている女の子と友人の男の子だけだった。で、女の子はさっきまでそこにいた友人の名前を叫んでパニックになっているんだけど、これはちょっと好きではなかったかな。いや、泣いて喚く元気があるんだなぁと思ってしまったもので。
 とまぁ、平和な街が一転して戦場になるという描写は凄かった。さっきまで、ほんの1メートル先にいた友人が消えるなんて恐ろし過ぎる……。リアルにやりたいのでナレーションは入れていないという話がブックレットの中にあったんだけど、戦争の被害者たちの描写もそうなんだろうか?

 MSも1巻にしてやり尽くしたという発言もあったような気がするけど、何がどうだったかは百聞は一見にしかずと言っておこうかなー。ま、個人的に私はファンネルが好きなので、それだけ見たら満足だー。クシャトリアを見て、最初はキュベレイの発展型なのかなーと思ったけど、クィン・マンサの方なのかな? あれも色は緑だったし。私がガンダムシリーズの中で好きなのはZガンダムとキュベレイだったりする。

 最後はああやっぱりか、という展開になってしまった。どうして親子として認識して再会するときって父親、あるいは母親は亡くなるパターンが多いんだろうかと思わずにいられない。もっと話したかっただろうに。
 父からユニコーンガンダムを託されたバナージだけど、そもそも彼はMSを操縦できるんだろうか? しかもネオ・ジオンで交渉にやってきた船長が言っていた「鍵」がこのガンダムのことだったとは驚きだ。

 見終わった後、早速ネットに繋いでムービーをダウンロードしまくった(笑) しかし予告には拍子抜け。止め絵だけだったなんて〜。しかし、そこに映し出された仮面の男は、ブックレットによるとシャアみたいな奴で声もシャアみたいな人らしいので、それを楽しみにしていよう。私がこの「ガンダム」を買おうとしたのは、池田さんが出ているからという理由もある(笑)
 しかしあのムービー、かなりネタバレしていたんだねぇ。その中に「OO」の予告ムービーもあったんだけど、とても気になる。早く見たいと思った。ま、とにかく1巻を見た限りではガンダム好きな人はBDで購入して視聴しましょう〜。

ブログパーツ

at 23:11, 真神恵, ガンダム

comments(1), trackbacks(0)

comment
-, 2010/09/30 9:13 PM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1400