このサイトを検索
カウンター
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 犬夜叉 ベストソング ヒストリー  感想 | main | こばと。 1話「…願う少女。」 >>

金色のコルダ3メモリアルブック 完全設定資料集 感想


 出るのが早いなぁというのが正直な感想。これまでのメモリアルブックって忘れた頃に出ていなかったっけ?

 今回の「コルダ3」は、攻略本がなくてもゲーム本編中のヒントで恋愛イベントは見られると思う。それ以外のサブイベントはわからないけど。私は毎回ガイドブックを買っていたのだけど、置き場所のことも考えて今回は買うのを止めた。スタッフのインタビュー記事は読みたいのだけど。などと思っていたら、ガイドブックの上下巻には裏設定の小説(?)が収録されているそうだね。帯にそう書かれてあったと思う。それでちょっと迷ったけど結局そちらは買わなかった。
 でもメモリアルブックは最初から買うつもりだった。だって設定資料集が好きだから(笑) しかし値段が高すぎる……。

 まだ響也と千秋しか攻略していないので、恋愛対象キャラクターのページは全部読んでいない。だってスチルが掲載されていたからね。ただ、各キャラの最初のページのイラストは描き下ろしだった。
 メインキャラたちは見ないようにして、サブキャラクターから見ていた。性格や内面、そして生い立ちが書かれていたのが嬉しいかな。メインキャラたちもスチル以外のデータも見ていた。何が好きなのか、苦手なものは何かというのがこれでもわかるので、やはり攻略本は必要なさそうだねー。
 そして今日初めて知ったのが、コルダのキャラクターたちが名前に惑星の一文字が入っていたということ。……私、曜日かと今の今まで思ってたよ。だから、キャラのデータ欄に象徴物に惑星があったのか。最初、何でそんなものがあるのかと本気で思ってた(苦笑) んで、その中で律が月というのに頷いた。かなでは太陽で、なんか、こっちが公式か? なんて思ってしまった。でも、一のキャラとして挙げられていたのは響也だけど。まぁ、私がそう思ってしまったのは、単に月と太陽という対比が好きなだけなんだけどね。

 完全設定資料集なので、当然ながらキャラ以外も紹介されていた。学校のデータや寮の図解が良かったなー。驚いたのが神南の総生徒数。2200人って、この少子化の時代にそれだけの生徒が通っているなんて凄いなと思ってしまった。他には制服の設定画もあった。
 ゲーム本編のニア情報になかった身長データもあったので良かった。数字だけでなく身長の対比図もあったしね。背が一番高いのは冥加の188cmで、次は大地の184cmだった。ま、一年生の三人はまだこれから伸びるだろうから、今はこれくらいってことなんだろうけど。
 インタビュー記事は8ページあって、コンセプト、ストーリー、キャラクター、ビジュアル、システム、音楽ときて、最後にファンに向けてのメッセージでまとめられていた。学校のある地域で戦国武将をモデルにしていたというのは驚いた。ああ、でも至誠館の解説を読んでなるほどと思ったかな。
 ちょっと笑ったのが、キャラクターを描くときの注文の仕方。律は「ありえないくらいの美形に!」だったそうな。最後の方はモノクロになってしまったんだけど、ここではキャラクターメイキングという名前で、各キャラが完成するまでのコメントとか指摘事項とかが書かれていて、設定好きには嬉しいページだった。……まぁ、そこでスチルのラフ画があったのでおっと!という感じではあったんだけど(笑) でもまぁ、それを見てエンディングを早く見たいなと思ったキャラもいたからいいかなぁ。
 最後の最後はキャストのインタビューだった。ただ、三つの質問に対する回答を載せているだけの短いものだったのが残念かな。というか、日野さんってアメリカ出身だったんだね。全然知らなかったよ。衛藤そのまんまじゃないかと思ってしまった。私はPSPを持っていないので、衛藤が出ていた「コルダ」をすることはないんだよね。それがちょっと残念だ。DSを買ってしまったのでPSPは多分買わないだろうから。

 そうそう、忘れるところだった。裏設定として面白かったのはキャラの相関図。あと、キャラ同士の繋がりの説明なんかもあった。ゲーム本編で語られていたこともあったけど、まだ知らないものもあったのでそれは楽しめたかな。
 最後のページにはシールがあった。
 他に嬉しかったのはイメージボードのイラストがカラーで見られたことかな。もうちょっと大きめのサイズで見たかったけど。関連グッズの紹介も1ページあったよ。ヴォーカルCDをどうしようかなと未だに考え中(笑) レビューがもっとあって良ければ買うかもしれない。

 懐に余裕があって、私のように設定好きな人にはお勧めできる本だと思う。後は本を書(描)いている人にも。寮の部屋の見取り図なんて大いに参考になるんじゃないだろうか。

ブログパーツ

at 23:56, 真神恵, 金色のコルダ

comments(2), trackbacks(0)

comment
真神恵, 2010/04/09 12:51 AM

>maimaiさん

コメントありがとうございます。
この記事がお役に立てたのなら幸いです。

「コルダ3」のメモリアルブックは今までのもので最高価格です。
無印と2はどちらも1000円台後半でした。
3の前は「遥かなる時空の中で4」だったと思いますが、
これも2000円台でした。コルダ3は歴代で一番の分厚さだと
思いますが、遥か4はそうではなかったので、この違いは
何だろうかと疑問に思います。
描き下ろしのイラストとシールのせいかもしれませんが……。

maimai, 2010/04/08 1:54 PM

こんにちは。
詳細な内容をありがとうございます。
自分はコルダ3を買う予定はないのですが、設定資料集ってこんなにお高いんですね^^;










trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1405