このサイトを検索
カウンター
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< こばと。 1話「…願う少女。」 | main | おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜 1話「次は?」 >>

花咲ける青少年 1話「イノセントガール」

JUGEMテーマ:花咲ける青少年

 BS放送が終わったらすぐに放送されるだろうと思っていたけど、その通りになって嬉しい。アニメ化が決まった時は、何で今頃するんだろうかと正直思ったものだけど完結しているお話だから、追いつかれたらどうしようという心配がないので、変な改竄さえなければ安心して見ていられる。

 連載当時は立ち読みしていた記憶がある。花鹿のさっぱりとした性格が好きだったなー。で、当時から私は声に敏感だったもので、当時は当時でこの人が声をあててくれたらいいのになぁと思ったものだな。それで、アニメ化を知って公式サイトをチェックして正直ガッカリした。
 まず花鹿の声が予想外。でも、これは遠藤さんの声をよく知らなかったから思ったこと。その後、男の子っぽい役だったと思うけど、その声を聞いて考えを改めた。聞いてみるとこれが花鹿なんだって思えるようになった。
 男性陣に関しては、キャスティングを知って異存がなかったのは立人役の森川さんのみ。私は男性キャラクターの中ではルマティが好きだったので、配役を知って「違うな」と真っ先に思った。カールも「えー……」って感じ。ユージィンは、まぁ、小野さんでもいいかなと思った程度。ただ、最近小野さんはよく出ているので、ああいう感じの声は聞き飽きたかな、という感想。声は同じでも[黒執事」のセバスチャンが一番良かったかも。だからなのか、今「デュラララ!!」での静雄の声が新鮮。
 コミックスは文庫版で持っているけど、連載時に読んでいたからなぁと買ったまま本棚に置いてしまっている(笑) 連載終了後に同人誌を作者が出していたらしいのだけど、私が持っているのはそれだったのかどうかちょっと不明。一度見ただけでこれも片付けてしまったからなぁ。ただ、新装版のコミックスにはその同人誌で発表した話が入っているそうだね。……まぁ、置き場所を考えたら私はそれでも文庫版を買っていたと思う。

 Aパートは正直言ってどうでもいいような気がする(苦笑) 花鹿がいかに普通の中学生とは違っているのか、という紹介のような気がするし。個人的には由依の声が好きではないので更にどうでもよくなった。
 母親の故郷の日本で半年間は自由にできる筈だったのに、一カ月で花鹿は呼び戻されてしまった。事情が変わったということだけど、再会したときにハリーと抱擁していたというのに、日本という単語を聞いた途端にビンタした花鹿を見ていた面々が呆気にとられた表情にちょっと笑えた。
 しかし娘に夫捜しというゲームを持ちかけられて「わかった」とすぐに応じる花鹿を見ると、この親子はとっても似ているんだろうなと思った。ただ、その話を聞いている立人の表情が穏やかではなかった。口元が違っていたからねー。まぁ、結末はとうに知っているんだけどね。
 私はルマティが一番好きだったと上記したけど、反対に嫌いだったのは立人だった。友人は立人がいいと言っていたんだけど、私は当時何でこんな奴が好きなのか理解できなかったなー。まぁ、単純に花鹿を好きという気持ちを素直に出しているか否か、という点で決めていたような気もするけど。今の私は違う面で立人が好きになれないと言ってしまうかもしれない。

 絵は、まぁ原作と全く違うとは言えないからこれでいいかな、という感じかな。動いて喋る、それだけでアニメって凄いなっといつも思うよ。

ブログパーツ

at 23:02, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(1)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1407
-, 2010/04/12 11:26 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。