このサイトを検索
カウンター
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 花咲ける青少年 1話「イノセントガール」 | main | 薄桜鬼 1話「雪華の都」 >>

おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜 1話「次は?」


 一期25話「ひとつ勝って」を放送した直後に放送されたので、阿部が「明日おにぎりを一つ増やしてもらうように頼もう」と考えていたのが、違和感なく聞けた(笑) 本当に続きからなんだなぁと思った。
 深夜放送の番組は、録画して最悪でも週末に見られるようにはしているのだけど、今回は気づいたら25話の放送が始まっていた。いつもとは放送時間が少し変更されていて、他の番組と重なってしまったので再放送分は録画の予約ができていなかったんだよね。それでそのまま二期の初回を見た。

 何だろう……。始まった、ということに胸がいっぱいになってしまったので、ちゃんと記憶していないんだよね(笑) まぁ、帰ってから見ればいいかと思ったし。本当なら会社の昼休みに感想を書けるだけ書いておいて、家ではのんびりしようと思っていたのに、最初の一文書いただけで終わってしまったなー。

 OPは今回もいい。EDは、最初はちょっと違うと思ったけど、これも聞いていたら慣れる部類で、毛嫌いするようなものではなかった。2クール目の2曲もいい感じの曲だったら、終了後に出るであろうコンプリートは喜んで買えるかな。まぁ、気が早い話ではあるけれど、今までもそうだったからこの作品でも出るだろうと勝手に期待していたりする。……ああでも8曲だとまだ少ないかな。
 OPでちょっと笑いそうになったのはモモカンのみかんジュース。ギュッと握る潰しているシーンがあったけど、モモカンの説明ということなんだろうか? 他は、水谷、泉、西広の三人とアイちゃんのシーンがなごむ〜。ああ、バットを構える花井と田島のところも微笑ましかったな。あっという間の1分半だった。今回もファインプレーのシーンもあったし、一期では最初の方に西浦ナインが次々に描かれていたシーンがあったけど、今回は後ろの方になっていた。
 その、次々に描かれていたシーンのことで、総集編の感想で書き忘れたことがあったな。メニューに切り替えたときのことなんだけど、最初はメニューが出てくるのに時間がかかる。というのも、前述のOPの各キャラが描かれているシーンの絵が流れてから出てくるようになっているからなんだよね。一枚目は1クールの、二枚目は2クールのOPの映像を使っていた。また、そのときにかかっている音楽もいいんだよね。ああ、そういえば二期のサウンドトラックもいつか出るんだよね。ああ、そういやアニメ本も数年ぶりに買っていたっけ。DVDはアニメ化決定と共に購入決定なので、まだまだ出費することになりそうだ。
 EDは学校生活の中での彼らって感じだったかな。教室の中で、廊下で、外でと描かれていたかなという記憶しかない。まぁ、最初が西浦高校の校門から始まっていたからね。……うん、これも何度か聞いていたらいい歌だと思えるようになる部類かもしれないね。

 少し前までは頑固にアナログで見ていたのだけど、最近はすっかりデジタルで見るようになってしまった。だから再放送分では画面に黒枠があったな。4:3だったということかな。

 私は前回のあらすじとか予告なんかはいらないと考えている人間なので、二期が始まって一期のあらすじを延々と流されると見る気を無くしてしまう。そんな作品が過去にあったんだよね。でもこれはなくて良かった。まぁ、そのために総集編のDVDを出したんだと思うけどね。
 早速新キャラが出ていた。利央のお兄さんらしいけど……なんて似ていない兄弟なんだと思った。名前は呂佳っていうんだね。彼はどうも勝つためには手段を選ばないキャラなんだなというのが第一印象だった。しかも利央の反応がおかしい。そもそも利央がどういうキャラなのかがまだわからないから、そう言い切るのは間違っているのかもしれないけど、何だか兄に対して弱気すぎるなと思った。しかし利央に田島に落とし穴に落とせみたいなことを言っていたけど、そんなの無理そうに見えるなー。
 次に呂佳は桐青の河合と会っていた。主将の河合は大人っぽく見えたけど、呂佳相手だと普通の高校生に見えるから不思議だ(笑) しかもちゃっかり者のようだし?
 呂佳と河合が会っていたのは、西浦戦の話を聞くためだった。ここで試合の映像が出てきたのだけど、私が好きな描かれかただったのが嬉しい。一期の試合のときは、選手の視点で試合が描かれていたんだけど、二期1話では、観客席から見た部分が描かれていたんだよね。同じシーンを違う視点で見る、というのがとても好きなので、これは嬉しかったなー。あ、具体的には花井の最後のバックフォームしたところ。

 呂佳が出てきたのはBパートの始め。Aパートは三橋たちが描かれていた。えっと、球技大会中だったんだよね、確か。田島が三橋に3メートル離れて同じことするように言っていたのは何故かと思った。もう、三橋の動きにふき出した。三橋がいるのを確認した田島が、彼の顔に球を蹴って打ち上げたのをシュートしていた(汗) 泉が三橋に同情するような台詞を心の中で言っていたけど、泉は普段兄から好き勝手やられているんだなぁ。あと、田島はスポーツ万能らしいね。
 他には千代にチアガールをしたいという女子が二人いた。そういやOPには応援団の数が増えていたなーと思いだした。太鼓とトランペットに楽器ももう一人増えるんだねー。あと、ここで阿部が千代に三橋のおにぎりを一つ増やすように頼んでいた。それを見てチアガールしたいと言っていた女子二人が騒いでいたけど、ここで恋愛話をしていたのには驚いた。いやまぁ、高校生なんで女の子同士だとそういう話もするんだろうけど、この「おお振り」と恋愛がちょっと結びつかないもんで、おやと思った(笑)
 サッカーの試合には勝ったようで、その後はお昼ご飯を教室で三橋たちが食べていた。ここで浜田があと二つ勝ったら取材されるかもしれないと話していた。ここで写真撮られるのは誰だろうという話になって野球部の三人は花井じゃないの、って言っていたら浜田が監督じゃないのかと続けていた。まぁ、確かに一年生だけの部で監督も女性ならそれだけでネタにされそうだものね。ただ、モモカンを「監督」ではなく「女性」だからと扱われるという話をする浜田に、泉も田島もスルーして別の話を始めていた。それに気づいて浜田は机に突っ伏して眠る三人にゴメンねと謝っていた。そうだよね、彼らは彼女を監督として信頼しているのに、そういう部分を見ないような話をされると嫌だと思うものね。

 最後は次に大戦するかもしれない相手の試合を見に行っていた。ここで次の試合のポジションが発表されるのだけど、怪我をした田島は打順が一番でファーストと言われて不満をもらしていた。ここでモモカンは彼の頭をガシッと掴んで田島を震え上がらせるのだけど、それを見て他の部員も青ざめていた(笑) ただ、ここで栄口と沖と阿部の顔が見えなかったのが残念。沖と栄口は同じく青ざめていそうだけど、特に阿部がどんな顔をしていたのかが見たかった! 平然としていたかもしれないけど〜。

 次の試合で勝った相手が、と言っていたけれど、タイトルが「埼玉」となると、彼らが次の対戦校になるのかな?

ブログパーツ

at 23:38, 真神恵, おおきく振りかぶって

comments(0), trackbacks(3)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1408
のらりんクロッキー, 2010/04/07 6:38 PM

今期の安定ドル箱。 1期から間が空きすぎた感もありますが。 そういや1期もひだまりの後番だったなあ。 OP気合い入ってましたねー! この作品も親近感と言うか、キャラを身近に感じられる作品。 最近の野球モノでは一番好きです。 中村くんは野球少年役が板

シュージローのマイルーム2号店, 2010/04/07 12:26 AM

 前期の時は、TBSから9日遅れでの視聴でありました!  第1巻から第8巻までの全25話は、本当に視聴してよかったと全力で思えるくらいによかっ...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人, 2010/04/06 1:13 PM

おおきく振りかぶって 1 [DVD]クチコミを見る 桐青戦を見事に勝利でおさめた西浦ナインたちは学校行事の球技大会真っ最中。 そんな中、野球部マネージャーの千代はクラスメイトでダンス部に所属する二人、友井紋乃と小川美亜に呼び止められ、相談を持ち掛けられる。 一