このサイトを検索
カウンター
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜 1話「次は?」 | main | おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜 2話「埼玉」 >>

薄桜鬼 1話「雪華の都」

JUGEMテーマ:薄桜鬼

 今期で一番期待しているのは「おおきく振りかぶって」だ。そりゃもう当然でしょう。他に何があるというのだ? では次に期待するのは? ……と考えて思い浮かぶのは「けいおん!!」かな。というワケで、この作品は三番目に期待していることになる。というか、アニメになるって知ったのは3月に入ってからだったんだよねぇ。どこで情報仕入れたのかは忘れたけど。
 うーん、ついにアニメになってしまったかと思ってしまったなー。恋愛シュミレーションってネオロマンスシリーズ以外は「ときメモGS」しか知らなかったんで、売れると知ると類似品を出すとこ多いなーなんてレベルで考えていたんだよね。気がつけばこれ系のゲームがたくさん出て驚いたよ。

 とはいえ、私の認識レベルは「名前だけ知っている」という程度。ただね、絵はすごく好みのものなので、うっかり手が出そうになっていたのは確かなところ。しかしネオロマンスシリーズだけでも手一杯なんで、他のゲームは無理だという理由で買っていなかった。最近DSで出ていたのでちょっと見に行ったけど、それでも止めたかなー。思わず買いそうになっていたのは「FF3」だったけど(笑) 1〜3ってしてなかったから。
 新選組は私も例に漏れず好きなもので、それだけでも買う可能性はあるんだよね。ところが、6月にPS3版が出るらしいので、そっちは買っているかもしれない。キャスティングでは申し分ないので、後はこのアニメを見て決めようかなと考えている。PS3なんで当然フルボイスだろうし。

 冒頭、浪人に追われているのは主人公の雪村千鶴。あわやという時に、彼女は新選組の隊士に助けられる。しかしその隊士の様子がおかしい。髪は白髪だし、目は赤いし。それだけでなく、口から涎を垂らしているし、表情もとても正気であるとは言えないものだった。おまけに彼女を追いかけていた浪人の一人は既に死んでいるのに、死体に対して刀を突き刺していてとても残酷だった。もう一人の浪人も抵抗していたけど、刀を歯で噛み砕いた隊士に戦慄していた。その浪人も、あれ、具体的な描写はなかったけど、どうやら目を突かれていた様子(汗)
 千鶴は物陰に隠れていたけれど、隊士は彼女をすぐに見つけて襲いかかろうとしていた。そんな彼女を助けたのは同じ新選組隊士の斎藤一だった。次に現れたのは沖田で、最後に土方が「逃げるのなら殺」と言って、千鶴に剣を突き付けた。

 ここからOPに入るんだけど、まず絵が綺麗だった。見たことのある絵だなと思ったら、キャラデザはやっぱり中嶋敦子さんだった。それだけで嬉しいと思った。歌もなかなかいいね。
 最初に出てくる5人が攻略キャラなんだろうか? でも描かれ方を見ると恋愛の話にちゃんと持っていくのなら、土方ルートになるのかなぁ。手を握り合うところが意味深だなぁと思った。仮にゲームを買うとしたら、私も土方を真っ先に攻略すると思う。史実でも一番好きなのは土方さんなんで。
 しかしOPで既に多くのネタばれしちゃっているね。仕方がないのかもしれないけど。あと、歌詞に「鬼」を入れているのは作品を意識してのものなのかなー。

 あの赤い液体を飲むことによって、新選組の隊士たちは人以上の力を手に入れるということかな。そして、作中で「失敗作」とか「可哀そうな人」と言っていたことから、成功する確率は低いもの、というかまだ実験段階のようにも思えた。仮に成功したとしても、寿命を縮めるとか? また、戦後も生き残っていた斎藤一はこれを飲まない、なんて展開なんだろうか? というか、鬼の副長と呼ばれる土方が強いのは、それのおかげ、という話だったらちょっと嫌だな。
 敵も出てくるようで。OPを見る限りだと、白髪化した土方と対等の力を持っているということかな? 千鶴の他に出てくる女性キャラの一人で、どう見ても芸妓な彼女は明里なのかなー。この作品では「さんなん」と呼ばれているんだね。彼の脱走は……新選組の話がメインではないので出ることはないかな? ということは、明里ではない??

 ゲームのアニメ化なので、これもまただいぶ端折られて放送されるんだろうなぁ。でもまぁ、未プレイの人間にはどこがどうなのかわからないと思うけど。知らない人間にもここは唐突だ、なんて思わせるような話の展開は絶対に止めてほしいと思う。せっかく絵が綺麗でも、話が良くなければダメだもの。

 EDの絵も綺麗だけど、今度は攻略キャラに対してそれぞれ戦う相手が決まっている、ってことなのかなー。

 千鶴が江戸から京都まで男装してやってきたのは連絡が途絶えた父親を捜すためだった。捕えた彼女の処遇をどうするのかと話していた土方らは、話を聞いて父親が見つかるまでは新選組が彼女を保護すると申し出た。というのも、彼らは千鶴の父・雪村綱道を知っている様子。彼女が娘だと知ったときの土方の表情が気になるな。蘭学博士と言っていたことから、あの白髪化と関係があるんだろうね。
 この話は、その白髪化して凶暴化する液体のことを千鶴が知って、それで……どうなるんだ? 中身は変わっても、彼らは史実通りの死を迎えるんだろうか? 恋愛要素を抜くとどうなるのかよくわからないなー。まず、その薬を飲ませないようにするのかな。後は全部で何話あるか、というのが知りたい。

 キャラに関して思ったことは、沖田の「殺すよ」は口癖なのか、ってことくらいかな。後は、屯所での皆がアットホームなのがいいな。言いだしっぺがやるんだ、と言われて苦虫をかみつぶしたような顔の土方も良かった。OP・EDの映像には出ていてまだ出ていないキャラがどう話に絡んでくるのかが楽しみな作品だな。
 あ、そうそう、私の中で印象的だったのは、沖田が華奢な少年に描かれていないこと。これだけでポイントは高いよ。何でどこもかしこも沖田をそんな風に描くんだろうね。実際は美よりも醜に近いみたいなのに。いっそ、あの唯一残っていたという絵の通りにしたら面白いのに、と思う。

 最後にかなり不愉快に思ったことを一つ。アニメの新番組を紹介する番組があったのだけど、この「薄桜鬼」の紹介のナレーターが不愉快だった。何がというと、「レキジョも〜〜の作品」と説明されていたから! 納得するとか満足するとか頷けるとかそんな言葉が入っていたと思うんだけど、ふざけるなと思ったんだよね。
 新選組を取り扱っていても、あんな薬とか凶暴化するとかの独自の設定を加えた時点でそれはもう完全に別物だと思うのよ。おまけに雪村千鶴という少女が、新選組の隊士たちと恋愛をしたなんて事実もないし。だからレキジョは関係ないだろうと。そもそも、私は少し前に出てきたこの「レキジョ」という言葉が嫌い。
 レキジョ=歴女=歴史好きな女性という意味らしいけど、わざわざそんな言葉を作るなと言いたい。そんな言葉が出る前から歴史が好きな女性はいるんだよ。ひとくくりにするような言葉を作るなと言いたい。史跡に訪れる人もずうっと前からいるというのに。しかも、その言葉を使う時に対象とされるのが、俄かファンのように見える人というのも嫌だ。本当、マスコミって……と思う。
 私のように昔から普通に歴史が好きな人って同じように思っていると思うのだけど、どうだろう? というか、歴史に好きも嫌いもないと思うよ。興味があって当然、知っていて当然だし。詳細は知らなくても概要くらいは知っていて当たり前だと思うんだよね。自分って何って思ったことがある人ならば。後は、自国のことを知らない、なんてあってはならないことだし。

ブログパーツ

at 23:42, 真神恵, 薄桜鬼

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1412