このサイトを検索
カウンター
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 会長はメイド様! 2話「学園祭でもメイド様」 | main | 薄桜鬼 3話「宵闇に咲く華」 >>

こばと。 4話「…青葉のときめき。」

JUGEMテーマ:CLAMP

 今回は、コバトが琥珀に出会うお話。

 OPでは原作のところに「こばと。」の横に「Wish」と上がっている。まぁ、原作がまだ4巻しか出ていない作品なので、これを24話放送するのは確かに難しいよね。ただ、私はその「Wish」は全部読んでいないんだよね。CLAMP作品でも描き手が違うのは買っていないもので。

 早起きをしたコバトは違うと言っていたようだけど、どう見たって朝の散歩をしているようにしか見えない(笑) 見つけた小道を通っていくと、木の前に佇む人物を見かけた。コバトはその人物を見て「綺麗」と呟いていた。琥珀ってどう呼称したらいいのか困るなー。だって天使なので性別はないだろうし。見た目からだと彼女になるのかもしれないけど女性じゃないし。かと言って彼でもないし。琥珀は琥珀と呼称するしかなさそうだ。
 木の前に佇んでいた琥珀は、涙を流していた。これに驚いたコバトは、琥珀が傷ついているんじゃないかと思い、何とか力になれないかと奔走するのだけど……。
 OPで名前が挙がっている以上、琥珀は今回だけでなく、今後も登場する重要キャラってことなんだろうね。

 琥珀は涙を流した理由を上手く言葉で説明できない、というのもあるけど、聞いているのがコバトだから上手くくみ取ってくれるはずもなく、二人で首を傾げる始末だった。そんなボケボケな二人にイライラと突っ込むいおりょぎ。コバトとの会話も楽しいけど、琥珀との会話も聞いていたら楽しそうだなと思った。
 で、一向に結論が見えない二人の会話に、いおりょぎはそれが「恋」だからだと怒鳴っていた。恋をしているから切なくなるのだと。切なくなる、と言ってもコバトにはちんぷんかんぷんだろうなー(笑)

 デートというものをしたことがないと言った琥珀に、コバトは一郎とどうにかして一緒に遊園地に行けるようにしたいと思った。しかしいつものコンビニで雑誌を見ると、遊園地に行くには3000円必要だとしってショックを受ける。町ではちょうど福引をしていて、何と三等が遊園地のペアチケットだったので、何も知らないコバトは喜んで列に並ぼうとした。しかし、福引券が必要と知ってまたもやショックを受けていた。……いやぁ、本当にコバトには何の記憶もないんだねぇ。
 しかしその後、偶然見つけた福引券を手に挑戦することができた。しかもいきなり何かが当たっていた。期待したものの当たったのはワニのぬいぐるみ(?)。しょんぼり帰っていくところ、向こうからやってきた新聞の配達員とぶつかってしまう。
 ぶつかった相手は藤本だった。彼はバイトをいくつも掛け持ちしているらしい。よく体力が持つなぁと思った。散らばった新聞をかき集めたとき、コバトは遊園地のチケットを2枚見つける。藤本はそれを渡すように言うんだけど、コバトはなかなか手を離さない。いつものコバトからは考えられない行動だなと思った。それだけ琥珀たちの力になりたいということなんだろうけど、私はこのシーンは好きではないな。これ、相手が藤本だったからそんな風にできたのではないかと思ってしまう。
 まぁ、結局新聞配達を手伝うのを条件に譲ってもらったらしい。早速コバトは琥珀にチケットを渡しに行くのだけど、一郎は忙しい人だから行けそうにもないと固辞していた。ふだんはおっとりしていても、ある局面ではとても頑固っていうキャラはよくいるよね。しかしそんな琥珀も、一郎が受け取ると嬉しそうな顔をしていた。

 遊園地でデートとはどんなものなのか、というイメージ映像が出てきたけど、琥珀が固辞しようとしてコバトといおりょぎに使ってほしいと言ったとき、イメージに映っていた男女がコバトといおりょぎになっていたとき笑った。しかもそんなコバトの想像にいおりょぎが突っ込んでいたし! なんか、本当にいいコンビだな。
 当日コバトは二人の様子を見るために遊園地に来たのだけど、チケットがないので、当然柵の外から覗き込むしかなくて、二人を見つけることはできなかった。そこにたくさんの風船が空に飛び立っていった。しかもその中からうしゃぎさんが現れた。うさぎさんではなく、うしゃぎさん。本当にそういう名前なのかと知ったときはビックリしたなー。
 彼(?)は、いおりょぎに時間の制限があると告げに来た。季節が四つ巡る間に、瓶をいっぱいにしなければいけないと。冒頭ではアパートを借りられて、布団を譲ってもらえて、瓶の中にはこんぺいとうが入っていて、100年経っても頑張るようなことを言っていたけど、期限が一年と制限されてしまったんだねー。
 時間制限が設けられてもコバトは相変わらずのんびりしていた。ところが、琥珀の力になれたと思ったというのに瓶の中には何の変化もなかった。不思議がるコバトにいおりょぎはもともと幸せいっぱいの奴が癒しを必要としている筈がない、と今回の件は人選ミスでマイナス100点という点数をつけられてしまっていた……。

ブログパーツ

at 23:54, 真神恵, CLAMP

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1424