このサイトを検索
カウンター
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 薄桜鬼 3話「宵闇に咲く華」 | main | おおきく振りかぶって 4話「野球シンドイ」 >>

4月に始まったアニメの感想1

 えー、今期も新作が多いね(汗) 未だに見ていない作品もあるし。

◆Angel Beats!
 放送が始まる前に特番がしていた。脚本家で期待している、というコメントが多くて、マエダって誰よと思ったら、ゲームの「CLANNAD」書いていた人だったとか。
 ゲームは未プレイなんで何とも言えないけど、ゲームということは膨大なシナリオを書いてきたってことだよね。それが1クールだけのお話を上手くまとめられるのかな、とTVアニメを手掛けると聞いた真っ先に思った。1話を見たらわかるみたいなことを言っていたけど……。

 絵は好みが分かれるタイプかな。私は可もなく不可もなく。声は神谷さんが出ているから、というだけの理由。しかし学園ものかと思ったら死んだ後の世界と聞いて、それで何をするのか、終わらせることはできるのか、という疑問が湧いた。たった30分で守りたいもの全てを失ったのが理不尽だと話すゆり。うん、まぁ、あの話は確かに理不尽だなと思った。
 それで成仏できなくて仮初の世界にやってきたということらしいけど。未練が残っている霊ということ? 不可解なのは舞台が学校ということ。この世に理不尽な理由で亡くなる人は、それこそ大勢いるんだけど、何故高校生の彼らだけがこうやって特殊な世界にいるんだろうかということ。学校の先生もいるけど、それも死人ということなんだろうか?
 そういう設定のところで突っ込みどころが満載で、素直に話を楽しめない、というのが最初の印象。
 学校の授業を真面目に受けていたら消える、という話だったっけ? で、何度のボーカルの子が満足したら消えてしまっていた。つまり成仏ってことだよね。それがあたかも不可解で残念なことのように扱われるのがなー。理不尽でもなんでも、死んでしまったのなら仕方がないじゃないかというのは生者の論理でしかないってこと?

◆けいおん!!
 第一期は、1話見て面白いと思ったのに、録画を消してしまったんだよね……。これだけ話題になっているんだから、二期が始まる前に一期が再放送するかなと期待していたのだけど。「おお振り」とか「戦国BASARA」さえやっているんだから、こっちもやってほしかった。
 でも、OPとEDは思ったほどいいとは思わなかった。一期の方は毎回OPとEDも見ていたけど、今回のは一度見ただけでもういいや、と思えるレベルだったかなー。
 モデルになっている学校に、ファンの多くが訪れている、というニュースの特集を最近見た。グッズも作っていると言っていたっけ。一昔前では考えられない光景だなと思った。

 お話は唯たちが3年になり、梓も2年になって部員を勧誘するところから始まっていた。しかし何故着ぐるみなんだろう? それだけで皆が引いているのにな。でも新歓ライブをやってもなかなか入部希望者が訪れないのは一期と同じだった。まぁ、見るのは楽しいけど、自分でしたいと思うのは別の話だものね。
 でもま、相変わらずゆる〜く話が進むというのに安心してしまう(笑)

◆GIANT KILLING
 「こばと。」とか「花咲け」とかを地上波が始まってから感想を書き始めたのだけど、実は既に見ているんだよね。で、「花咲け」の後番であるこの作品。サッカーアニメということで実は地上波で始まるまで待とうかなと思っていた。しかし結局見てしまった(笑)
 関さんが主役を演じるのって随分久しぶりだよね。今やすっかり世代交代しちゃっていて、私がよく知っている人たちはもう中堅クラスになってしまったし。だから、そういう意味でも嬉しい作品。

 サッカーの選手でなく、監督が主人公というのはこれまでなかった作品だよね。だから、単に試合を描けばいいっていうものではないというのはわかる。
 しかしこの主人公、サポーターからはとても嫌われていた。元いたチームの監督に就任したのはいいとして、彼はかつてこのチームを捨てて別のチームに行ってしまったとか言っていたっけ。ただ、認めないとか許さないとか、このサポーターたちって何さまなんだろうかと思った。そんなことに口を出す権利なんてないだろうに。でもまぁ、そんな彼らも話が進むにつれて主人公を認めていくんだろうね。

 主人公・達海本人は見ているととてもだらしのない性格のように見える。1話では夜遅くまでビデオを見ていたために早速遅刻していた。でもメニューはもう決めてあったので、コーチにそれを伝えると自分はのんびりと登場していた。
 最初にやったダッシュ。選手たちは何でこんなことを、と疑問に思っていたけど、監督でなくてもそれが何のためかは見ていてわかったんだけど……。彼らは本当に何も気づかなかったんだろうか? また、2話目の「自習」にしても、達海はプロなんだから、と言っていたものの選手たちの性格というか個性を見るのは明らかだったと思う。なんで誰も気づかないんだろうかとそっちの方に疑問を持ってしまったなー。
 まぁ、面白いと思う。まずはチームがまとまるところまでで、それから外に向かっていく、というスポーツものでよくある展開になるんだろうね。

◆WORKING!!
 先行放送というのがあったので、1話を見たのは少し前だった。で、面白いと思ったからなんだろうね。消さずに残してしまっている(笑)
 福山さん演じる小鳥遊が面白過ぎる。この作品、恋愛ものじゃないのねと初回放送を見て思った。しかし店長以下、なんて個性的な店員ばかりなんだろうか? でも色々と突っ込みどころもあるよね。何で刀を持っているのかと、何故聞かないのだ小鳥遊よ、と彼がそれが気になると考えていたときに思った。何故そこで躊躇うのだろうかと。
 結局何故帯刀しているのか、その理由は明らかにされていない。というか、この日本でどうしてそうやって刀を持ち運びできるんだろう? 当たり前のようにしているというのが不可解。
 ぽぷらは可愛いと思う。可愛いと思うけど、あれで高校生というのがなー……。小鳥遊がぽぷらに対するときと、他の女性キャラに対するときと態度が全然違うのが笑える。現段階では厨房の男性陣については描かれていないので、普通の人に見えてしまう。
 あと店長、普通店の食べ物をあんな風に食べたりしないって(苦笑) よく経営が成り立っているなと思うよ。毎日どれだけの客が入ってどれだけの売上があるんだろうか?

 とまぁ、不可解に思うことが色々あるけどキャラたちは嫌いではない。しかし、伊波は別だ。あれは酷い。いくら男が嫌いだからってあれはやりすぎ。男は乱暴だから嫌いで、だから殴りたいとか言っているけど、単なる暴力女にしか見えない。第一、殴りたいと言っている点で、男嫌いを理由にしているだけの嫌なキャラという風にしか思えない。漫画だから許される、と言ってしまいたくないくらい、すぐに暴力に訴えるこの伊波が嫌いだなと思った。

◆裏切りは僕の名前を知っている
 えーっと、絵とか見覚えのある作者の名前とかで、また懲りずにそっち系アニメをやるのか、と思った。キャスティングも豪華すぎるし……。と思っていたらどうやら違うらしい。いやいや、違うと言ってもどう見ても狙っているようにしか見えないのだけど?
 超能力ものは好きなのだけど、登場人物がほとんど男というのがねー(苦笑) 最初に出てきた女性キャラは、主人公の前世なのかな。見た目が似ているしね。しかもルカってキャラが彼を見守っているようだし。
 絵を見たときは残そうかなと思っていたんだけど、現在はどうしようかと考えている。上記のことに加えて、どこかで見たことがあるような話のようだしね……。まぁ、まだ様子見かな。

 原作は……絵がダメだな。気持ち悪い。アニメの絵の方が綺麗だと思ってしまった。作者の名前のことを最初に書いたけど、単語を使わずにそっち系と書くほどああいうのは嫌いなんだよね。読んだこともないのに何故知っているのかというと、昔本屋に勤めていて、角川以外の出版社で出していた本を並べたことがあるのよね……。だからまぁ、作家の誰それがどんな絵を描いているかというのは一応把握はしている。ま、並べて表紙見たら、どれも似たり寄ったりの構図だったので苦笑した覚えがあるなー。

 女性キャラって、メインで出てくるのが二人だけ、という時点でもう異常かと。それでそっち系ではないと言われてもなぁと思う。始まる前にそっち系かどうかを調べてみたのだけど、その時にアニメ化になってからのあれこれを知ってしまって、それもマイナス要因になっているな。アニメスタッフや、キャストの方たちは何も悪くないのだけど……。取りあえず最後まで見ているとは思う。

◆荒川アンダーザブリッジ
 もう、その演出はいいよ、と思った作品。毎回毎回同じ演出は止めてくれと思う。最初はいいんだけど、飽きがきてしまう。おまけにキャスティングを意識しての画面作りをしているし……。

 話はまぁ面白いと思うよ。初回で9話までやっていたのは凄いぞと思った(笑) ま、ギャグアニメなんであれこれ考えないで楽しんだ方がいいかなと思う。あまり感想がないなーと思った。これはまぁ、出演声優で見るのを決めたのが明らかな作品かな。

ブログパーツ

at 23:50, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1426