このサイトを検索
カウンター
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 薄桜鬼 5話「相克せし刃」 | main | 薄桜鬼 7話「桎梏の運命」 >>

薄桜鬼 6話「鬼の命脈」

JUGEMテーマ:薄桜鬼

 タイトルを見て「?」と思った。鬼って何?

 なんとなんと、予想外の展開だった。山南は死ななかったのかー。しかし、前回のラストでは完全に理性を失っていると思っていたというのに、千鶴の叫びで正気に戻るとは。剣を持てずにいじけていたけれど、彼は本当に強い人だったということなんだね。
 落ち着いた、と言っていて髪の色はどうなったんだろうかと思っていたら、元の黒髪に戻っていた。山南が言うには、彼はもう人間ではないらしい……。どういう意味だ? あの薬は筋肉増強剤を強力にしたものではない、ということなのか? 昼間は活動できないと彼は言っていた。しかし腕は元に戻ったらしい。人間じゃない、だなんて。それでタイトルの鬼につながるというんだろうか?

 そして山南は死んだことにされた。伊東一派に隠すためという理由もあって、新選組は屯所を移動することとなった。千鶴が山南に食事を伝えに行ったときのこと、彼女は山南を見て彼が変わってしまったときのことを思い出していた。どういう意味があって、そんなシーンを流したんだろうか?

 リアルタイムで見ていたのだけど、最初の数行だけ書いて電源を落としてしまった。会社の昼休みに書こうと思っていたのだけど、もう一台のPCが邪魔で諦めた。ちょっとストレスになっているなぁ。仕事で必要なんだけど、あのノートPCが邪魔だ……。

 それはともかく、他には何があったっけなー。そうそう、エンディングで沖田と一緒に描かれていたキャラが搭乗していた。名前は薫というらしい。しかし彼女は千鶴と瓜二つだった。他人の空似、というのもあるかもしれないけど、エンディングで描かれている位置からして風間たちの仲間なんだろうね。だとしたら、千鶴と何らかの関係があると考えた方が正しいんだろうなー。風間は千鶴が怪我をしてもすぐに傷が塞がっていたのを確認していたようだし。

 新選組は将軍の護衛の任に就いていた。新選組の一員としていつの間にか認められていた千鶴に対し、土方も近藤も彼女にどうするのか、と尋ねていた。……何で? 護衛の任務に彼女の必要性が感じられないのだけど(汗) 斎藤が一応認めた、とは言っても、それは自衛のための最低限度の腕があるということだろうし、これまでの話を思い出しても、誰かに助けられたことはあっても自力で何とかしたシーンなんて皆無だったし。それがどうして護衛に一緒に行くんだろう? そっちに行くくらいなら、風邪気味だと嘘を言って留守番している沖田や藤堂と一緒に残っていた方が良かったのではないだろうか? 今回の話ではここが一番おかしいと思った。
 行って何をしたのかと思えば、伝令をしていただけだし。それで、暗がりへと向かう彼女に何か起こるんだろうなと思っていたらやっぱり起きた。風間たちが彼女を見ていたんだよね。しかし何でわざわざ上から見下ろすかなー。何とかは高いところが好きというアレなのか?と思ってしまった。

 人とは思えない治癒の早さが、彼らが千鶴の前に現れたのは明らか。と思っていたら、風間たちは自分たちを鬼だとを言っていた。……えーっと「遥か」?と思ってしまった(苦笑)
 千鶴は治癒能力のことを指摘されて同胞って言われていたような……? 前回、その力を見せたとき、彼女は気遣う土方に対して、腕を押えて自分でできると傷を見せることを避けていた。自覚があったということなんだけど、自分と同じ存在がいるということは知らなかったらしい。
 しかし風間の台詞が不穏だったな。女がいたとかそんなことを言っていたような気がする。ということは、鬼と自ら呼ぶ彼らは男しかいない、ということになるよね。うーん。この「鬼」というのは作られた存在ではなくて元から日本に生息していた種族ということなんだろうか? そうなると、千鶴も人間ではなかったという話になってしまうんだけど(汗) これ、本当に1クールで終わるの無理だよね。
 最後はどうなっていたっけ。千鶴、さらわれたんだっけ? あー、見直している時間がないのが残念だ。

 政府が千鶴の父に対して薬を作るように命じ、彼は新選組で実験をしていた。彼が作った薬は人を人以外のモノにするもので、未完成のまま姿を消した。山南は彼の残した資料をもとに改良を加え、その改良版を自身で試したが失敗してしまった。
 初回で見た千鶴の父は普通の父親にしか見えなかったんだけど、命令とはいえこんなことに手を貸していたとはなぁ。そういや、風間は千鶴が自分たちと同じ存在であることを表すものが「雪村」という姓と、彼女が持っていた小太刀だと話していたんだけど、そうなると彼女の父も人間ではなかったという結論になる。で、あの薬は自分の血を元にしたと考えられるのだけど……。そのまま飲むとダメだから薄めていたとか?
 しかし幕府が命じたと言っていたので、もしそうなら綱道が人外のモノだと知っていることになるのでそれはないか……。幕府が命じたのは攘夷のために強力な兵を作るためということ以外考えられないのだけど。

 ゲームだけど、どこにも情報が載っていないので直接問い合わせてみた(笑) しかしその回答にはガッカリした。PS2版の2本を一緒にするだけで、それと同じだという回答しかしてくれなかった。いや、そんなの真っ先に見たって! 公式サイト見てもフルボイスであると明記されていないから聞いたというのに、回答の文面といい内容といい、その姿勢にガッカリしてしまった。
 仕方がないので、検索検索で調べてみたら、どうやら千鶴以外はフルボイスらしい。で、名前がデフォルトの千鶴であっても名前は呼ばないというのは回答にはあったな。で、PS3に移植するんだから、他にも追加要素があるのかなと思っていたら、PS2版と同じということはそんなものはない、と考えられる。……えと、それでPS3に移植? このジャンルで初めてのPS3なのに、その程度?と正直思ってしまった。
 しかし、フルボイスらしいし、絵がとても綺麗なので買ってしまうんだろうな(苦笑)

ブログパーツ

at 01:15, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(1)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1446
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人, 2010/05/12 4:24 PM

薄桜鬼 第1巻 [DVD]クチコミを見る 綱道が改良したという薬を飲み、人ならざる者へと変貌する山南。土方は伊藤派から山南の存在を隠すため、西本願寺への屯所移転を断行する・・・ ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂