このサイトを検索
カウンター
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 薄桜鬼 7話「桎梏の運命」 | main | 薄桜鬼 8話「あさきゆめみし」 >>

会長はメイド様! 8話「雅ヶ丘学園生徒会長登場」

JUGEMテーマ:会長はメイド様!

 誰が声をあてるのかなぁと思っていたら鈴村さんだった。うーん。碓井役の岡本さんと声質が似ていると思うので、他の人の方がいいんじゃないかと最初は思ってしまった。あ、でも関西弁で話すキャラなので、誰にでもできるとは言えないか。関西弁を話すキャラなら、関西弁を話せる声優がいいもの。鈴村さん自身はあまり話せないと言っているようだけど、見た限りではおかしくはなかったので大丈夫だと思う。そういや、前回の鮎沢塾のあの5人の声も鈴村さんだったな……。

 この話はタイトル通り虎が出てきたというものだったけど、美咲が男子生徒に受け入れてもらえた、というシーンもあったのが良かったと思う。ま、碓井が全国大会4位の相手とのチェス勝負を余裕で勝ったというのは、碓井だからな、との一言で済むので特に何も思えなかったりして(笑)

 他には、前からお店のポスターにあった「男装デー」が開催されてその日が男子禁制ということで3バカの出番が少なかったな。思えば彼らの扱いはアニメでも当然ぞんざいなのだけど(笑)、皆勤賞だったりするんだよね。このまま全話通して出番があれば、扱いは意外に悪くなかったと言えるのではないかな。

 男装デーとなれば美咲にとっては嬉しいイベントの日だったのは明らかで、本当に水を得た魚のようだった。ただ、モノローグがないところもあって、そこは入れてほしかったかなと思う。女性客がスタッフと延々と喋っているから注文が出ないし、長々といることで店の回転率が悪くなっていると気づくところが。格好いい男装の子とずっとお話していたいと客としては普通に思うことだろうけど、儲けがなかったら意味ないものね。でまぁ、そんな美咲に感心する店長以下スタッフというシーンも見たかったな。
 しかし、当然それだけで終わるはずがない。碓井の心美咲知らず(笑) キスされた動揺がなくなったと思ったら急に態度が大きくなってしまった(汗) 碓井の真意は恋愛経験値ゼロの美咲には窺い知るはずもないのだけど、男装に気をよくしてペラペラと話しすぎたねー。やはり、どうして彼が自分にそういうことをしたのか、というのは真剣に考えてあげるべきだと思う。自分が彼に対して過剰反応してしまうところも。

 男子生徒が揉め事を起こした相手が雅ヶ丘学園の生徒だった。超セレブが通う学校らしい。……TVで猫も杓子もセレブって言っているけど、セレブってお金を持っているように見える人間のことを言うのだろうか? だって、芸能人に対してもセレブって言っているもの。見た目豪奢に見えても、実態はどうか不明だし? それに、今回出てきた雅ヶ丘学園の生徒にしたって、気品とか教養が感じられない。本来の意味ではなく、また日本独自の意味合いなんだろう。
 で、生徒会長である美咲が謝罪に出向くその往路で、問題の生徒に何が起きたのかを聞いてみたら、相手の暴言に溜まりかねて殴ってしまったということだった。そりゃ、あんな風に言われたら殴りたくもなるな。というか、なんて貧しい心根(苦笑)
 ああいう学校に通っている生徒って親が金持ちなだけだろうに、何を勘違いして威張っているんだろうねぇ。親がまともであったなら、自分の資産を継ぐに相応しい人間であるか、というテストをするのが普通だと思うのだけど、実際はどうなんだろうね? 二代目はダメとよく聞くけど、そういうのをやっていないからかな。初代は苦労しているから、自分の子どもには苦労させたくないとそのまま遺しているのかもしれね。
 それはともかく、相手の生徒がいる部屋まで赴いた美咲は、自分が殴りたいくらいだと怒り心頭だった。逆に謝罪を要求された雅ヶ丘学園の生徒は、チェスで自分に勝ったらと条件をつけてきた。男子生徒はチェスなどやったことがなく(元々がチェス盤を見ながらこういうのは金持ちがやるものだと冒頭で言っていたかと)、美咲は将棋なら何とかできるということで勝負に乗れない。それを見越して勝負を持ちかけたのだろうけど、彼にとっての想定外は社会見学と称して来た碓井がいたことだった。
 惨敗した雅ヶ丘学園の生徒は予想通りというか、負け惜しみを言うだけで結局謝罪はしなかった。謝れない人間って最近多いよね。自分を何者だと思っているのか、というくらいおかしな人が多い。ま、この辺のことを語ると長くなってしまうのでここでは書かないけど。

 後日、雅ヶ丘学園の生徒は虎にそのことを訴えていたが、一蹴されただけでなく退学処分になったらしい。そのことだけは虎に賛同できるな。虎は美咲の元へ赴いて、件の生徒の不始末を詫びて退学処分にしたと伝えた。しかし、美咲はそこまでしなくてもいいと慌てて言っていた。
 ……それにして、校門から赤絨毯を敷いてくるとは、馬鹿としかいいようがない。それだけ自分は特別なんだと誇示しているのか。

 虎は美咲の身辺調査を副会長に命じていて、その資料を見て美咲をいたく気に入った様子だった。彼が手にしていた写真にはバイト姿の美咲が映っていた。気に入った、というのが人間的にではなく新しいオモチャを手に入れたという意味なのはその表情から明らか。そして次週からはおかしな方向へ話が進んでいくんだねぇ。しかし美咲自身もそうだけど碓井もいることだし、虎の思惑通りにいかないのは明らか。でも虎はそれすらも楽しんでいそうだ。

ブログパーツ

at 20:02, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1457