このサイトを検索
カウンター
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 会長はメイド様! 8話「雅ヶ丘学園生徒会長登場」 | main | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST DVD 9巻 特典感想 >>

薄桜鬼 8話「あさきゆめみし」

JUGEMテーマ:薄桜鬼

 特に進展もなく、息抜きという感じの回だった。

 今回の見どころは、やはり千鶴の芸者姿になるのだろうか。赤い着物に化粧して、伏し目がちに登場したときの隊士たち、特に藤堂の反応に笑った。普段の姿もあれはあれでいいと思うけどなー。
 というか、お座敷で君菊と土方が美男美女で物語の絵のようだと思った後で、自分を比べていたようだけど、女盛りの君菊と、まだ蕾の自分を比べることはないのになと思った。この頃の適齢期って15、16歳かもしれないけどね。そういえば、君菊は何歳なんだろう? 見た目20代前半に見えるのだけど、まさか10代ではないよね? 千姫は千鶴と同じ歳だと言っていたっけ?

 うーん、進展がないので何を書けばいいのやら。私は隊士服を着た姿が好きなので、今回はそれが少なかったのが残念かな。原田たちもやる気が出ないと言っていた制札の守りの任で、浪士たちとちょっとした騒動があったくらいか……。でもまぁ、この時に隊士の一人が背後からやられて、原田が槍を投げたら顔を隠していた頭巾が取れて相手の正体を見て原田が驚愕していた。振り返ったその顔は、千鶴にそっくりだったから。千鶴にそっくりで、女物の着物を着ている、となると南雲薫しかいないじゃない。でも、顔を合わせたのは千鶴と藤堂と沖田だったっけ? だから原田が間違えてしまうのも無理はないか。
 ま、それで何人かは捕えたので制札を守った報奨金を原田が貰い、そのお金で幹部たちが飲みに行ったという流れとなる。任務中に起きたことを話して言い淀む原田だったけど、千鶴にアリバイを聞いていた。当然千鶴は夜に外出していることもなく、あれは誰なんだということになる。
 しかし沖田や藤堂は薫と出会っているので、それで千鶴ではないと判明するのだけど、そこに斎藤が女物の着物を千鶴に着せてみればいいと言いだして、上記のこととなる。このときの君菊が心得ていると妙に乗り気だったのには笑えた。

 他には前半で、元気のない千鶴を心配して原田がある店で彼らを見つけてお礼を言いに来た千姫に、彼女と会ってもらうよう頼んで団子屋で千鶴と千姫が女の子同士の語らいをするところだろうか。京都に出てから千鶴が同性のキャラと話すのは初めてではないだろうか? ま、普通の会話をしているように見えて、千姫はしっかり千鶴に探りを入れていたね。小太刀も見ていたし。でも、自分に千鶴と会うように言ったのが原田だと暴露するところは好感が持てるな。口止めされていたんだけど言っちゃった、というところの千姫は良かった。また、この後千鶴がお礼を言うと照れていた原田も。
 と打ちながら今気付いたのだけど、千鶴も千姫も名前に「千」という文字が付くんだね。意味のあることなんだろか?

 他には、公式サイトで見たスチルがあったなー。朝食に遅れている藤堂を起こしに行ってくれないかと頼まれて彼の部屋へ行けば、布団を抱いてまだ寝ていた藤堂の姿が。
 ゲームであったんだろうなというイベントでは、お風呂に入って外で髪を乾かしている沖田を、千鶴が叱りつけて手ぬぐいで彼の髪を拭いてやっているところとか。ここでの千鶴はいつもと違って強引だったなー。ずっと控えめなキャラで通すのかと思っていたのだけど、それだけ彼女がここの人たちと打ち解けている、ということなんだろうか?
 門限を越えて帰ってきた永倉、藤堂と後は原田だったかな。それを待ち構えていた土方とひと悶着あったね。飲みに行っていて時間を忘れてしまったらしい。しかし新撰組には局中法度という厳しい決まりごとの数々があって、それで規律を守っていたんだよね。それが組長が破ってどうする、ってな感じだった。しかし、伊東たちが参入してから、古参組への締め付けが厳しくなっていてそれへの不満を率直に言うと、土方はあっさりと永倉に謝罪していた。外聞もあって、より厳しくしてしまっていたそうだ。古参の者には厳しくなったと不平を言われ、新参者には古参の方が待遇がいいのではないかと不平を言われ……。中間管理職の悲哀か(苦笑)

 皆の視線に耐えられずに部屋を出た後、そこにいた土方との語らいのシーンでの千鶴がとても綺麗に描かれていたと思う。ただ、こんな風に落ち着いてじっくりと二人が話すシーンなんて、久しぶり、というよりこれも初めてのような……?
 あと、驚いたのが外に風間たちがそこにいたのを見て君菊が驚いたこと。京に戻っているということではなくて、仲間ではなさそうに見えたことに驚いた。京に戻っていたことを知らないということは連絡を取り合っているのではないってことだものね。しかもそれを君菊は千姫に伝えに行っていたし。
 予想通り千姫たちも鬼の一族で、姫というからには彼女は鬼の一族のお姫さんでトップということかな。なのに風間たちの動きを知らないとなると、鬼も一枚岩ではないということか。そもそも彼らは何をしようとしているんだろう? 薩摩には恩義があるから行動を共にしていると言っていたし、人間と共存していそうに見えるのだけど……。

 2クール以上だったらこういう息抜きの話をもっと描けるのだろうけど、もう折り返し過ぎたので後はシリアス路線でラストまで進むんだろうなー。

ブログパーツ

at 23:33, 真神恵, 薄桜鬼

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1459