このサイトを検索
カウンター
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 7月に始まったアニメ感想1 | main | 7月に始まったアニメ感想3 >>

7月に始まったアニメ感想2

◆殿といっしょ
 「ぬらりひょん孫」の後に放送される一分間アニメ。まぁ、日曜の放送枠と同様、こちらは月曜の放送枠の中にあるんで見ているという感じ。歴史好きなんで嫌いではない。短いのですぐ終わるし。最初は伊達政宗だった。「戦国BASARA弐」でも出てくるので色んな伊達政宗がいるなぁと思った。OPに出ているキャラが描かれる、というのはわかるけど、誰が誰なのかが不明なのでこれから放送されるのを待つことにしようかな。

◆RAINBOW 二舎六房の七人
 東京では4月から放送されていた作品らしい。「君に届け」の後番。また前とはガラリと傾向の違う作品だなーというのが最初に見た感想。これも漫画が原作のようだね。昭和の時代に少年院に入れられた少年たちの物語で、番組の冒頭に、暴力シーンがあるけど、時代性を考えて必要だから描いているという注意書きが毎回出ている。そういうことを断っておかないと放送できないんだなーと思った。しかし、別に驚くほどの暴力シーンではないと思ったので、放送できるレベルで描いているというだけなのかもしれないね。

 少年院に入れられるから、どんな悪いことをしてきたのかと思ったけどちゃんと理由があった。時代は戦後まもなくというところかな。爆撃がどうの、という話が出てきたし。で、初回に入れられた少年たちがあてがわれた一室には既に一人いて、彼らより少し歳上だった。皆本名ではなく愛称で呼び合うようになるのだけど、年上の少年のことを皆は「あんちゃん」と呼んでいた。この呼び方がまた昭和を感じさせるなーと思った。
 このあんちゃんもワケありなんだろうな、と見て思った。普通に優しいキャラだったので。反発していたのは最初だけで、新たに入所した6人の内、5人はすぐ彼に懐いていた。残る一人も最終的には懐いた。他の部屋は知らないけど、こんなに仲間意識が強くなるなんてことは普通はないんだろうなー。
 でもOPを見ると、あれは出所した後の映像なんだろうね。しかしその中にあんちゃんがいない。一足先に出所したんだとしても、その場にいないのはおかしい。だから外に出られず死んでしまう可能性が高そう……。

 絵は悪くないと思う。ただ、キャラたちの声を一声聞いてがっくりした。いやだって、彼は17歳で、あんちゃんだって10代なんでしょ? それなのに、声がおっさん過ぎたんで(汗) もうちょっと若い声には出来なかったのかなぁ。すぐに慣れるものではあるのだけど、あれはちょっと酷過ぎるなと思った。

◆生徒会役員共
 取りあえず録画してみるかと思ってとったんだけど、どう評していいものやら。女子高って結構あけっぴろげだというのは聞いたことはある。あるけど、そこまでなんだろうか? 作者は男性なのかな。
 言葉の端々に放送禁止用語が出まくっているので、打ち消す音が頻繁に出てうるさい。原作も〇とか□とかつけて伏字にしているんだろうか?

 元は女子高だった桜才学園が共学校となり、家から近いという理由でそこに入ることを決めた主人公は、ワケがわからぬ内に生徒会役員にさせられてしまった。基本、学校内、生徒会室がメインの話なのかなー。会長と書記の二人がエロネタが好きで、何かにつけてピー音出まくりの発言をしており、それに突っ込む日々? あそこまで堂々とエロネタかます女子高生……。実際にいたら嫌なキャラだなー。お前の頭の中はそんなことしかないのかと。
 しかもないがしろにされている生徒会顧問は最低だ。桜才って私立校なのかな? あんな教師いたら一カ月で懲戒処分されそうなものなのに、平然としているところが嫌だ。年下好きって、法律知っておるのかと問いたい。

 まぁ、エロネタと言ってもサラッとしているし、1クールしかないだろうから見続けるかも。

◆オオカミさんと七人の仲間たち
 タイトルだけでも興味を惹かれたのだけど、初回を見てとても気に入った。ナレーションに対してキャラが反応しているところも面白いし、設定も面白い。絵も嫌いではないし。
 主人公は涼子だと思っていたら亮士だったので驚いた。人の視線が怖いとヘタレていたんで。しかし人がいないと性格が変わったのには笑った。普段からそうしていたらいいのに。御伽話から設定をもらっているのなら、亮士は銃の腕がいいのかなと思ったらパチンコ玉を撃っていた。まぁ、舞台が日本だったら銃なんてありえないか(苦笑)

 御伽銀行へ依頼された事どもを解決していく、というのが基本スタイルのようだけど、OPを見ると涼子が狙われるみたいだねー。それを助けるのが主人公の役目だね。というより、惚れている子を放っておくなんてこと、ヘタレていない時の亮士を見たら絶対しないってのはわかるけど。

 これも1クールなのかなー。何が放送されるのか、今期はあまりチェックしていなかったので、知らなかったものの中では一番期待できる作品かな。

ブログパーツ

at 23:22, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1504