このサイトを検索
カウンター
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 三国恋戦記〜オトメの兵法!〜 玄徳エンディング 感想 | main | 氷菓 オリジナルアニメBD付き限定版(3)限定版 感想 >>

久しぶりの記事だ

 相変わらず時間が取れなくて、前回書いていた下書き記事はちょうど一年前だった……。放送するアニメの数が多すぎて、見るだけで精一杯なんだなー。

 とりあえず、前期の10月始まりアニメは少女漫画原作が面白いなと思った。一番は「銀魂」だけど、あれは新作を一カ月放送して、次の二カ月をよりぬきというスタイルなのかなー。

 今期アニメはまだすべて見ていないんだけど、珍しく切るアニメが出そうだなーというのが作品タイトルを見た感想かな。胸とか尻とか強調するアニメはいらないかな、と。
 放送前から番宣が流れていた「ビビッドレッド・オペレーション」は期待できないアニメの一つかな。「ストライクウィッチーズ」の監督、といわれてああそりゃ駄目だなと思ったもんだ。話や世界観云々の前に、表現方法がいや。あの股間から陽が昇る映像を見た瞬間に嫌悪感しか抱けなかった。そして本編。あの不自然なまでのお尻の映像がねー…。話自体は面白そうなのに残念だわ。しかもブルマであちこり動き回ったりなんて普通の女の子だったらないだろーと思う。妹のように普通はズボンを穿いているもんだし。
 ブルマといえば、他作品でも穿いているのがあったなー。今は短パンになっているんじゃなかったっけ?
 と言いつつ、一番つまらなそうなのは「閃乱カグラ」だ。見るからにつまらなそう。声優が新人じゃなかったのには驚いたけどそれだけ。こういうのって、誰これというくらい知らない名前の人がやるものだろうかと思っていたので、知っている人ばかりだったので驚いた。しかしあるキャラの服装が受け付けない。どんなに破天荒なキャラであっても、あんな服を着るなんて女としてあり得ないだろう。女性が考えたものではないんだなーと思う。あそこまで行ったら頭がおかしいとしか思えない。

 「ダ・カーポIII」は、ヒロインキャラたちの声と演技がどうもねぇ。「供廚藁匹ったのにな……。切ろうと思ったら初回のエンディングに「供廚離劵蹈ぅ鵑出ていたので困ったなと思った。それ以外は、無意味に揺れる胸がいやだな、と。あんなに揺れるもんじゃないだろーと思う。
 なんか最近多くないか? あと、女ばかりでこれ、物語なんてものがあるのか?と疑問に思うものもあるし……。

 「みなみけ」は初めて見ることになるなと思っていたら、正月に一挙放送があったので、全部ではないけどどんな話なのかをだいたい押さえてから見た。こういうのは嫌いじゃないかな。
 意外と面白いと思ったのが「」キューティクル探偵因幡」かな。キャスティングも好きな人多いし。
 「まおゆう」はまだよく分からない。ファンタジーかと思ったら経済の話を始めたので驚いたとしか。
 「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」はタイトルがもう面白くないな、と。話もねー、よくある話かなと。真面目に医大生を目指している主人公に次々と現れるヒロインに振り回されて受験失敗するんじゃないのかと思った。邪魔しているだけだろーと。あと、幼馴染だからって何で毎日主人公にご飯を作ってもらっているのかなと。何で自分で作らないのかと思う。ま、いろいろ設定あるようだけど、私は滅多なことでは原作に手は出さないし。というよりそこまでする作品じゃない、というのが圧倒的に多いね。
 「AKB0048」はとりあえず最後まで見るけど感想というのはないね。

 「琴浦さん」初回は番宣とは雰囲気が違っていたので驚いたけど、見ていくと不愉快になった。主人公が他人の心が分かる力のせいで辛い目にあってきた、という説明なのは分かる。
 幼い頃は聞こえた声に対して素直に反応するのはいいと思うけど、学年が上がっても自分には他人の心が読めるのだとひけらかしているだけだし。その結果小学生時代でどういう結果になったか、というのを全く考えていないんだもの。父親の顔が出ないのは今後出ることはないからなのかな。でも絶対浮気相手の名前を言って家族関係を終わらせるんだなと思ったらその通りだったし(苦笑)
 それと捨て猫を見つけたとき、てっきり家で飼い始めたんだと思ったら拾わないで餌をあげるだけという迷惑極まりない行いをしていたし。保健所に連れて行かれるのは当然の結果かと。そのあと絶望の慟哭、というシーンを映像だけ描いて際立たせていたけど、今までのあれもこれも全てワザとしていたんじゃないかとしか思えないくらいのものだった。
 それで声をかけてきた真鍋に対して自分の気持ちなんて分からないなんて言い放つし。分かるはずないだろーと。そして私はこういう悲劇のヒロインぶるキャラというのが一番嫌いなんだよね……。まぁ、次回からはシリアスではなくなるようなんでもう少し様子見かな。

 文句の多い今期だけど、その中で面白そうと思ったものはもちろんあるよ。
 一つは「AMNESIA」というゲーム原作のアニメ。どこかで見たタイトルだなーと思い、話見てどこかで見た設定だなーと思ったけどそれ以上は思い出せなかった。で、調べたら話が面白そうで欲しいなと思ったらPSPだったので諦めたゲームだった。1クールでどこまで描いてくれるのかが心配だけど、今後を楽しみにしている。
 そしてもう一つは「八犬伝」だ。これは単純に「八犬伝」という物語そのものが好きなんだよね。ただ、原作者を見てガックリした。いやだって女の子も出てくるけど、作者ってそっち系の人じゃないかと。もしそういう話だったら即視聴打ち切り。絵は綺麗だし、声優さんも好きな人多いのでそうならないように祈るばかり。もし話もそっち系だったら「八犬伝」を汚すなと思うだろうなー。

 「たまこまーけっと」は恋愛要素もあるみたいなので楽しみ。それ以外はほのぼのとした日常話が……と思ったら喋る鳥が出たので驚いた(笑)

 作品数多いのはいいけど、粗製乱造気味なんじゃないかと思う。その中でも前期では「ソードアート・オンライン」が好きだった。最近の作品では珍しく原作に手を出したんで。でも完結していないので読むのを後回しにしてる。まだまだ終わりそうにないので、未読の本が片付いたらアニメになった話を読もうかなと思ってる。
 しかし本が届いてしまった、と思ったことがあった。イラスト多すぎるし、何より一人称小説だったので愕然としてしまった。ああ、これライトノベルだったんだー……と思ったもんだ。勢いで買ってしまったけど、ちょっと後悔したなー。イラストは表紙だけでも充分だし、何より小説というのは三人称であるべきだろうと思っている人間なので。
 初めて「スレイヤーズ」を読んで何これと思ったもんだよ。妹がこんなものを読んでいるとは思わなかったので、もっと本を読めと言いたくなったもんだ。そういうのをライトノベルというのだと知ったのは随分後だったなー。

 久しぶりに書いたら一時間半経ってしまった……。三連休だからできたことだけど、毎日書くのはやっぱり無理かなーと思う。明日はゲームをプレイしたいし。
 セーブするたびに前回のセーブ日時を見て苦笑する。一か月前なら早い方で、三か月前とか半年前とか多いからねー。ちなみに未だに「テイルズオブエクシリア」をやっていたりする。始めたときはリアルタイムで、わりとマメに進めていたというのに、ラスボス前でプツンと途切れてしまったんだよね……。そうこうしていたら「2」が出てしまったという。ジュード編を終わらせることができたので、ミラ編に入ったところで……ええと半月くらい開いてしまったかなー。ま、マイペースで頑張るさ……。

 続きは普通……でもないけど日記。
 昨年末は大変だったよ。

 友人が珍しく冬コミに行けると言ったんでそれに合わせて調整していたら、身内に不幸があって結局キャンセルされてしまったんだよね。彼女はもう夏にしか行けないんじゃないだろうかと心配になった。
 それで私の方もテンションが下がってしまい、迷ったものの宿泊予約をキャンセルした。もともと新幹線の切符も買いにいかなかったしね……。で、東京へ行きたいと思うポイントがその後もどんどん減っていて、最後の砦までもが大阪でも可能だと分かって完全に行く気がなくなり今回は大阪のイベントだけにしようと決心がついた。

 そう思っていたら、何とクリスマスから風邪をひいてしまったんだよね……。隣席の人がマスクもせず手でも押さえないでゴホゴホ咳をしまくってくれたおかげで予想通りうつされてしまった。本人は治ったけど咳だけが残ると言っていたけど、それは治っていないというのだと言ったのにな。
 それで26日〜28日まで仕事を休んでしまった。まぁ、あのときは特にすることもなかったので仕事の方は問題なかったのは不幸中の幸いだった。面白かったのが、25日の帰り。病院に寄って熱を計ったら37.9度もあったんでビックリするとともに状態が悪化したのには笑った。それまで熱があるなんて微塵にも思っていなかったんで。
 その後はずっと寝たきりをしていて、熱が全然下がらなかったのでとても焦った。そして29日。今回は土曜が仕事納めの日で通常出勤だったんだよね。勤怠表出すためだけに行って来たけど、今の会社になって初めて仕事納めの日に出勤したという(苦笑) 行けば行ったで声がものすごいことになっていて、皆から気を遣われてしまった。ちなみにその日の朝も38度台でどうしようと思っていたのよね。で、出勤時間が近づくと37.9度まで下がったので無理して出て行ったの。

 結局落選したり友人がキャンセルしたり自分も早々に行くのを止めたりしたけど、どの道行けなかったということで早めにキャンセルする要因がいろいろあってよかったなと思う。
 大阪イベントは三連休中ではなかったのは驚いたけど、もちろんその日までには完治させたよ。ただ、本格的な外出をしたのはその日が初めてだったなー。
 年末がそういう状態だったものだから、結局新刊は出せなかったのが残念だった。話は一応書き上げたものの、その他の作業やそもそも印刷所へ行く体力なんてあるはずもなく、無理して書き上げたものの結局落としてしまった。で、治ってから何度も見直しているのだけど、その度にページ数が増えて100ページ超えてるんだよね……。一本だけでそれなので、もう一本足したらどうなるのやら。あ、でも大人向けなので既刊同様価格は高い設定だ。
 大人向けなのに子どもの小遣いで買えるような金額にするのは問題があると思うんだよね。まぁ、あの価格で完売しても赤字なのは変わらないんだけど(苦笑) だからページ数の少ない本にしてしまうと大人向けでも安くなってしまうので、今後も厚い本にしていきたいと思ってる。
 大阪でサークル参加するのは初めてだったけど、新刊がないという状態は厭だなーと骨身にしみた。新刊ありますかと聞いてくれた人には大変申し訳なく思った。東京で買ってくれた人だったと思う。
 大阪で初参加なので、頒布物も初めて見るものだろうから少しなら出るかなと思ったものの全然だった。それで大阪では買い物専門にして、やはり参加するのはコミケの方がいいのかなぁと思った。

 昨年末から今年にかけてはそんな感じだった。大晦日に治ったものの、やろうと思っていたことが全くできなかったので、この三連休でそれらを片づけているところさ。
 来週から仕事もちょっと忙しくなるので、またアニメ見るだけで精一杯な気がするなぁ……。

at 23:59, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1617