このサイトを検索
カウンター
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 久しぶりの記事だ | main | 三国恋戦記〜オトメの兵法!〜 ノーマルエンディング 感想 >>

氷菓 オリジナルアニメBD付き限定版(3)限定版 感想

JUGEMテーマ:氷菓


 今日見ないと当分見ることができないだろうと思って視聴。

 11.5話ということで、入須に上手いこと使われてしまい「君は特別だ」というのが嘘であったと知った後の話。

 コミックスは買っていなかったので、迷いに迷って購入したなぁ……。アニメは全話視聴して録画保存している。一話あたり26分あったので驚いたというのは記憶に新しい。いずれTVで流れることもあるかもしれないと思っていたけど、TVシリーズを綺麗にまとめて保存してしまったんで買ってもいいかなと思ってボタンを押したよ(笑)

 話としてはいつもの皆……でも奉太郎だけは普段以上にやる気がないというか相槌もうたないで話を聞いているのかいないのか、という状態だったなー。姉の供恵によってプールの監視員のバイトをすることになって、そこに古典部メンバーがやってきて、しばらくすると千反田が「私気になります!」と解決を奉太郎に迫るという話。

 謎解き自体は大したものではなく、解決したらいつもの奉太郎に戻っていた。

 感想は……ふーん。そうなんだとしか(苦笑)
 でもまぁ、皆水着を着ていたというのに奉太郎の目には千反田しか見えていなかったとか。普段より露出しているのに千反田がいつも通りに奉太郎に解決を迫るもんだから、視線をそらそうと必死だったりするところは微笑ましかったな。
 後は千反田が奉太郎にに対して「折木さんは私にとって特別な人です」という台詞を言った辺りかな。特別ではないと言われたも同然の後だったから、しかも気になっている千反田からの言葉だから嬉しかっただろうに、その後の彼女の言葉でなぁんだとガッカリするところとか。よくある台詞回しだけど。

 このBDにはオーディオコメンタリーも収録されていて、喋っていたのは監督とシリーズ構成だったっけ? 確認していないのでうろ覚え。
 んで、今回の話について色々裏の話をしてくれるのはいいんだけど、シリーズ構成の人の方だったっけ? この人の発言が非常に不愉快だった。
 水着回だからこうだろうとかこうして欲しかったと何度も言うんだけど、その内容が実に不快。胸が揺れたりとか、千反田が伊原を検証のために抱き上げたシーンで、胸が潰れる表現とか潰れるほどのボリュームがないとか不愉快極まる発言をしていたんだよね。一生残るような媒体なのに、よくもまぁそんな低度の低い発言をするなぁと思った。そこは思っていても口にすることじゃないのではないだろうか? そしてそんな発言をしても収録して発売したもんだと思った。買うのは男だけじゃないのにな。男でもこういうところでそんな発言をされているのを喜ぶのは一部の人間なんじゃないだろうか。
 他は普通に良かったと思うけど、その部分だけが大減点だな。もう一人の人は言葉を濁したりすみませんと言ったりしていたので、常識のある人なんだろうと思うのだけど……。そこはそういう発言は控えるように事前に釘を刺してほしかったなと思う。

 続きは日記。
 何とかゲームをプレイできた。でも一時間半。そして前回のセーブ日付けは12月6日だった(笑) 毎日できたらいいんだけど、見るアニメの本数を減らさないと無理だろうなー。
 終わってからすぐに眠ればいいのに、その後でこれ書いているんで、結局寝る時間はいつもと一緒になってしまった。0時どころか1時台に寝ることも最近なくなったな……。投稿時間は23時だけど、実際は2時10分だ(苦笑)

 昨日書き忘れてしまったのだけど、深夜に火事が起こった。建物は全焼していた。

 探してみたけど、昨日のニュースには上がっていなかったのは死者がいなかったから、と解釈してもいいのだろうか?

 早く起きるぞと思いながらいつもより少し早めに寝たと思うのだけど、突然大きな物音がして目が覚めたんだよね。で、覚醒直後だったのでボーっとしていたんだけど、花火か爆竹のような音だったんだよね。今思えば火災が発生してすぐだったのかもしれない。

 で何の音だろうかとボーっと考えていたら、バイクの五月蠅い音がして……なんだ、珍走団の奴らがやったのかと思って再び寝ることにしたんだよね。その数分後に今度はサイレンの音が鳴り響いて、それが五月蠅くて本当に何事なんだと布団から出たらベランダの向こうが明るくなっていてギョッとした……。

 起き上がって外を見たら、歩いて5分もかからない距離の建物が火に包まれていたんだよね。もちろん眠気が吹っ飛んだ(汗) サイレンの音は消防車から出ていて、私が外を見たときはまだ到着していなかったみたい。2階建てだったその建物は窓から火が噴き出していて近寄れない状態になっているように見えた。

 一階は確か飲食店だったと思うので、火元はそこなのかなーと思った。約20分後には外から見る分には火は消されていたと思う。だから身体が冷えたというのもあるけど再び布団に入った。写真は消化活動が始まってから撮ったものなので、火の勢いは弱まり始めたところとなる。その前はもっと凄かった……。上の階に人が住んでいたかどうかは知らないけれど、ニュースになっていなかったのなら死者はいなかったと思いたい。
201301130332

at 23:59, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1618