このサイトを検索
カウンター
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 劇場版 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 | main |

劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ 感想

 最初は24日に観に行こうかなと考えていたけど、公開して日が経っていないのと何より仕事が急に増えたため、上映時間までに間に合わず断念した。しかし、よくよく考えてみたらゴールデンウィークまっただ中だし、客先が1日と2日を休みにしていたので、休むならその日にしてくれて上長から言われたので遠慮なく休みを取っていたんだよね(笑) だったら1日に観ればいいじゃないかと考え直した。……まぁ、GW中はずっと引き込もっていたかったというのが本音だけどー。

 毎度のことながら原作ゲームはやっておらず、小説も読んでいないしTVアニメしか見ていない状態。とある記事より前知識がないとしんどいかもという記述を見かけて大丈夫かなーと心配したものの、観たい気持ちの方が強かったので外出した。

 入って真っ先に私が買うのはパンフレットなのだけど、公開してから2週間弱なのに既に完売していて、次に入荷するかは分からないと言われた。もともと部数が少なかったのかな……。記念にというのもあるんだけど、スタッフやキャストのコメントを読むのが楽しいのに本当に残念だった。

 皆が助かった平和な世界でTV後の姿が描かれていたが、岡部の様子が急におかしくなって遂にはクリスの目の前で忽然と姿を消していた。皆と屋上でバーベキューをしていたところでは、最初は岡部視点で自分の身に異変を感じるシーンがあったのだけど、同じシーンを後でクリス視点で見るというこういう演出が好き。ああでも、最初のシーンではクリスは酔っぱらっていて、岡部への気持ちを正直に見せていたのがニヤニヤできるシーンでもあったな。二回目はタイムマシンで過去に戻ったので、その酔っぱらいクリスはいないのだけど……。

 彼女がタイムマシンを使ったと知ったときの岡部の姿がとってもいい。自分が苦しんだあれこれを他の誰にもあんな目にあわせたくないという気持ちが強く伝わってきた。ましてやそれがクリスだとしたら岡部にとっては耐えられないことだろうね。
 しかしこの映画、クリス視点だからか彼女の岡部への想いがすごく伝わってくるんだよね。そして彼が消えたのは、過去のタイムスリップで人が一生で経験することもないようなこと、とても衝撃で精神にダメージを受けるような目に遭遇したために、ようやく辿り着いた世界で自分の存在を実感できないから消えてしまうんだ、と確かそんな理由だったと思う。彼を消さないためにはこの世界に彼を結び付けるような強力な記憶を植え付ければいいと再び未来から訪れた鈴羽のアドバイスによってクリスはタイムスリップを繰り返した。
 ただ映画なので岡部よりは回数は少なくてあっさりと解決したなぁというのが正直な感想。しかし目の前で少年岡部がトラックに轢かれてしまうシーンは衝撃的だった。で、その後でこんな絶望感を岡部は何度も味わっていたのかと無力感に苛まれるクリスが見ていられなかった。鈴羽に背中を押されてクリスもトライしていた……んだっけ。
 岡部のときと違っていたのは、クリスが頭であれこれ考えてしまって行動になかなか移さなかったこと。ここが本当に煮え切らない。鈴羽も諦めてしまったクリスを知っているので、はっぱをかける言葉も容赦がなかったように思う。そうやって否定しつつもタイムマシンを作ったのにね。若い彼女なら何とか動いてくれるんじゃないかと期待しての再訪問だと言っていたっけ。

 あと印象的だったのは、理論は間違っていないはずだとタイムマシンを作ったあとでそれを使おうとするクリスの手にまゆりが自分の手を重ねたところかなぁ。彼女は止めろと直接は言わなかったけど、もし行動を起こしてしまったら苦しむのはクリスだとちゃんと知っていることだね。
 それから、世界にはじかれた岡部は姿が消えてしまうと皆の記憶からも消えてしまうんだよね。でも何かをきっかけに皆ちゃんと覚えている描写があって、そんな自分に首をかしげるんだけど、そういうシーンが良かったかな。まぁ、あれだけインパクトのあるキャラを忘れる方が難しいんだと思うのだけど(笑)
 他にはクリスが岡部の真似をするところかな。それを見て鳳凰院凶真はクリスちゃんじゃないよ、とまゆりが言うところとか。

 岡部をこの世界に繋ぎ止める強烈な記憶ってあれなの!?と正直思ったけど、思春期の少年には刺激が強いものだったかー。最後の「俺のファーストキスを返せ」「やだ」のシーンが凄く良かった。というか、この二人何回キスするんだよ(笑) こんなラブラブなシーンがあるなんて思わなかったわー。あ、シリアスな場面でやっていたのもあったけど。

 入場者特典は、この日はポストカードだったけど行く前に配布が終了しているのは知っていた。でもポストカードならいらないな、私は。今後も何回か特典物は変わっていくのだろうけど、同じ映画を二度も見るなんて時間の無駄なので見ないよ。また数年後にはどこかのチャンネルで放送してくれることを待とうかな。

 当初はシュタインズゲートを見た後で「図書館戦争」を見ようかと思ったけど断念した。朝一の上映を見に行って、それからご飯を食べて見ようかなと考えてたんだよね。昨日までは。でも電車が空いているうちに帰ろうとそのまま帰宅した。なんか、本当にどんどん出不精になっていくなぁ。

at 23:58, 真神恵, 漫画・アニメ

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/1627