このサイトを検索
カウンター

現在の閲覧者数:
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
お勧め
<< ひぐらしのなく頃に 綿流し編 其の四「願い」 | main | 桜蘭高校ホスト部 7話「ジャングルプールSOS」 >>

Fate/stay night 20話「遠い夢跡」

 あの金ピカ野郎は足りない魔力を人間の魂を喰らって補い生き続けてきたと……なるほど。先週の発言を聞いたら、自分以外の人間は自分のために存在していると思っているらしいから、そのためにどれだけの人間が死のうとどうなろうと知った事ではないと本気で思っているんだろうね。すごい、凄すぎるよ! そんな事を素で言えるなんて凄い(笑) セイバーは自分の国の民のために生きてきたけど、彼は王のために民は存在していると思っているのだろう。本当に何もかもが正反対だなー。
 ええと、未だに名乗っていないと思ったけど、セイバーは正体を知らないと言っていたんだっけ? 自分が王で、そう言うに値する力を持っている、つまり誰にも負けない自信があるのなら名乗れよと思った。それとも、下々の者たちに名乗る必要はないとか思っているのかなぁ。でも、こういう手合いは正体バレるのが怖いんだろうとか言えばムキになってきそうな感じがする。

 聖杯に満ちた水を飲む事によって、肉体はサーヴァントのままだけど現世で二度目の生を授けられると綺礼が説明していた。それを聞いて驚きを隠せない士郎の反応に、彼がそれを望んでいるのかなと思った。セイバーはそれを望んでいないと言う士郎に令呪を一つ残しておけばいいとアドバイスしていた(笑)
 まぁ、望まないのであれば従わせればいいという事か。確かに士郎はセイバーと共に生きたいと思っているだろうけど、そんな事をして彼女を現世にとどまらせたとしても、セイバーは士郎を憎んで生きていく事になるので無意味だ。ニヤリと笑んで綺礼は士郎に望みが叶うと言ったけど、それは士郎が望んでいる事じゃないだろうと思った。セイバーが望んで士郎と共にありたいと思ってくれないと、いくらサーヴァントじゃなくなってもねぇ……。或いは士郎が憎悪の対象になる事を綺礼が望んでいるという事なのだろうか?
 ふ〜ん。士郎はセイバーに一目惚れしていたのかー。いやぁ、単に正義感からセイバーをあれこれ心配していたんだと思っていたので、彼女を初めて見た時のあのナレーションを聞き流していたよ。聞き流しちゃいけなかったんだねぇ(笑) 今まで見ていて桜といる方がお似合いだと思っていたから、セイバーは完全に度外視していたのかもしれない。一度やっているというのにねー(苦笑) まぁ、あんな描写の仕方じゃ意味不明なので、原作を知らない人間に解れという方が無理だと思う。

 凛が爆笑していた姿が可愛かったなー。彼女はもはや士郎の姉とか伯母とかそんな位置にいるよね。
 士郎がセイバーの事をサーヴァントにならなければ良かったんだと言っていたのを聞いて凛がアーチャーと同じ事を言うと指摘したシーン。久しぶりにアーチャーの姿を見られたのが嬉しかった。いやぁ、いつ見てもあの背中がいいねー。しかし、消えてから彼はいつも背中姿しか見せてくれないね(笑) これは凛がいつもその背中を見ていたという事を示しているのだろうか? まぁ、何にせよ、凛がアーチャーの事を思い出してくれたのが今回の話で一番良かったシーンだな。
 士郎と同じ事を言っていたと話している時に、凛は画面に見えないところでアーチャーとどんな話をしていたのかそれを全て知りたいと思った。しかし彼らは主人公ではないので、一番見たいシーンは仮に原作をしたとしても見る事はできないんだろうなぁ。士郎が主人公、つまりプレイヤーは士郎なんだものね。仕方がないとは解っているのだけど、一番不満なのはそこなんだよねぇ……。

 「とりあえず明日はセイバーとデートする」
 それを聞いてどこをどうすればそんな考えが浮かぶのだろうと本気で思った。そして、アバンで士郎がセイバーへの気持ちに気づいた事を思い出した。そして士郎って普通の男の子だったんだぁとちょっと感心していた(笑)
 それにしても、ここのシーンはコント仕様? 向い合せでなく、画面に向かって二人並んで座っていて、しかも動きがあまりない。このシーンは面白かったので何度も見ているのだけど、ふとそう思ってしまった。
 デートをすると言ったら、ついて行きそうだと思ったのがイリヤ。案の定出てきたよ(笑) そして先週予告で凛が何をしているのか判らなかったけど、イリヤを黙らせるためだったのね〜。しかしイリヤをゴッキー扱いするなんて!(笑) 起きた後は凛との戦いが勃発しているに違いない。

 普通にデートして終わるのかなぁと少し思ったけど、やっぱりそうはいかなかったか。ライオンのぬいぐるみでのやり取りではセイバーがとても可愛かったのになー。絶対に士郎は買っていると思ったよ。一段落ついて、士郎がセイバーにプレゼントする所を早く見たいな。
 意見をぶつけ合っている場面に関しては特に言う事はないかな。セイバーのその頑な心は士郎によってほぐれるんだと思っているので。ああ、でも手を繋いで家に帰ろうとしていた時に、最初手を引かれるままだったセイバーが頬を染めながら歩みを共にした所は好きかな。それと、金ピカ野郎が出てきた時に繋いだ手に力を込めていた所も。
 いつも髪をまとめているので、髪を下ろした姿のセイバーが見てみたいと思っていた。見てみたいと思っていたけど、予告を見てあんな状態では見たくなかったなぁと思った。士郎と共にまた血だらけになっていて、今度は物凄くヤバそうなので早く見たいと思うと同時に、あんな痛々しいセイバーの姿は見たくないなぁと思うのもまた事実……。

人気blogランキング

at 23:18, 真神恵, Fate/stay night

comments(2), trackbacks(4)

comment
真神恵, 2006/05/28 12:08 PM

SOJUさんへ

 こんにちは(^^)

>オレは桜と士郎の組み合わせはやばいと思いますw
>とくに、士郎にとっては桜との組み合わせは・・・
 そ、そうなのですか? 私は単に嫌いなキャラ同士なのでくっついてくれたらこちらが平和だなぁと思っていただけなのです。まぁ、後半の士郎は嫌いではありませんが。それに、凛が言っていた通り完璧だと思われていたセイバーが一番半端だったというのが判って、士郎には勿体無いという気持ちもなくなってはいるのですけどね(笑)

>凛は自分導いてくれる母親みたいな人だと思います。
>藤ねえでは母親代わりはちょっと・・・w
 いくら何でも同じ歳の女の子に母親と書くのは憚られて姉とか伯母という書き方をしたのですけど、やっぱり彼女はそういう役回りですか(^^) ホッとしました。私は凛にはアーチャーしかいないと思っているので、少しでもそういった部分があるというのは認めたくなかったので〜(笑)
 藤ねぇが母親代わりになるのは無理かなというのは同感です。彼女はあくまで藤ねぇですし! 本人は自分は母親代わりだと思っていそうですけどね。士郎とのその辺の意識の違いにガン!となる藤ねぇも見てみたい気がします(笑) それとも姉扱いされる方を望んでいるのかな??

>プロローグは凛視点で始まりますんで凛とアーチャーの会話をお楽しみくださいw
 ええっ!? まだ完全に決めたわけではないので、そんな情報を聞かされたとあっては「買うしかないじゃないかっ!」な心境に傾いてしまうじゃないですか〜(笑)

SOJU, 2006/05/27 11:22 PM

こんばんは〜
オレは桜と士郎の組み合わせはやばいと思いますw
とくに、士郎にとっては桜との組み合わせは・・・

>彼女はもはや士郎の姉とか伯母
これは的確でしょうねえ、凛ルートでも同じような感じです。母親のいないシロウにとって凛は自分導いてくれる母親みたいな人だと思います。
藤ねえでは母親代わりはちょっと・・・w

PS2版を購入なさる可能性が高いようですが、プロローグは凛視点で始まりますんで凛とアーチャーの会話をお楽しみくださいw










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人, 2006/05/30 4:13 PM

Fate/stay night 2 第8のサーヴァントの存在について言峰に問う士郎。それに対し言峰は、「足りない魔力を人間の魂を食らうことで補い生き続けたものであろう」と話します。士郎の苦悩・・・聖杯を手に入れればセイバーは死ぬ、しかし聖杯を飲ませればセイバーは人と

ゼロから, 2006/05/27 8:57 PM

イリアは、すっかりおちゃめなキャラクターになっている。あの殺伐とした感じは、もうないですね。

月の静寂、星の歌, 2006/05/27 6:33 PM

副題 「遠い夢跡」  アルトリアの心の病み。  銀と金のお邪魔虫。  ところで藤ねぇと桜は?  これって日常回ですよね? (ぉぃ  そんな第20話でした。 (♯私は原作ゲームは未プレイです)

孤狼Nachtwanderung, 2006/05/26 11:42 AM

Fate/stay night 第20話「遠い夢跡」 金ピカ〜金ピカ〜♪ 知らなければよかった。だが知ってしまった。 ・・・・・俺はあいつが好きだ。 ねえ〜、金ピカは? 「セイバーはサーヴァントなんかにならなければよかったんだ」 「アーチャーと同じことを