このサイトを検索
カウンター
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< おおきく振りかぶって 2話「キャッチャーの役割」 | main | 彩雲国物語 1話「うまい話には裏がある」 >>

地球へ… 3話「アタラクシア」

 家に帰せと叫んだら、ソルジャーはあっさりと許可した。その意図は、ジョミーに真実を見せるためだった。大人連中はジョミーを人間の元に返したら、自分たちの事を話してしまったら危険ではないかとソルジャーに意見していた。しかし彼はジョミーは自分たちの仲間なのだからその心配はないと言い切っていた。本人が拒もうとそれは事実らしい。ミュウである事を頑に拒んでいると不満を訴える者がいても、本当の自分に気付いていないだけと返し、ソルジャーはだからこそアタラクシアに返したのだと説明していた。
 真実を知り、それを受け入れる強さをジョミーは持っていると、ソルジャーはジョミーを全く疑っていなかった。受け入れる強さって……どんな真実が彼を待っているんだろう。そしてもう一つ気になったのが、ずっとジョミーを見守ってきたという台詞だった。いつからソルジャーは彼を見守ってきたのだろうか? ミュウだというだけでなく、自分の願いを叶えてくれると後継と認めるくらいなんだもの。相当入れ込んでいるよね。ずっと見守ってきて、成人検査の直前にメッセージを送る事にしたって事なのかな。
 まぁ、大人連中のうち一番にジョミーを受け入れるのは、あの先生と呼ばれていた人物なのかもしれないね。

 戻ってきたのはいいものの、全ての人間が管理されている世界なんだったらジョミーの存在はすぐに感知されてしまうのではないだろうか? いくらリオが監視装置に自分たちが姿を映さないように力を使っても。
 ジョミーは自分はミュウじゃないと言って、こんな事になったのはリオたちが自分の成人検査を邪魔したからだと思っている……というより思いたいんだね。リオはそれを悲しそうに見るだけだった。

 自宅に戻ったものの、人の気配はなかった。気配どころか何もなくなっていて、自分の部屋のもののも何も置かれていなかった。混乱するジョミーに、リオが説明してくれた。成人検査を終えた子どもは二度と家には帰らない。だからジョミーの両親も彼が二度と戻らないと思って荷物を片付けてしまったのだと言っていたけど……。あの二人の様子だったら、ジョミーとの思い出が詰まったこの家にいたら悲しいから引っ越したと考えられるな。
 しかしジョミーはそれを受け入れることができず、リオに「お前たちのせいだ!」と怒鳴って出ていってしまった。翌日、一人でふらついているジョミーを管理センターが発見してしまった。学校にやってきたジョミーをサムとスウェナが見つけて声をかけた。成人検査がどんなものか知らない二人は当然の疑問を彼に尋ねていたけど、何かを言う前にリオから戻るように言われてしまった。担任の先生が外に出てきたからだった。
 彼女を見ただけでここにいてはダメだと理解したジョミーは、すぐに学校を立ち去った。しかし何も知らないサムが、ジョミーがここに来たと教えてしまった。スウェナはサムを肘で突いていたので、大人に知らせてはいけないかもしれないと本能的に悟っていたらしい。案の定、サムから教えられて驚いた担任は、成人検査を受けた筈のジョミーが何故ここにいたのかという当然の疑問に嘘の回答をしていた。そしてすぐに管理センターに連絡をしていた。

 文句を言いつつも、自分の居場所がなくなってしまったジョミーはリオと共にいるしかない。自転車で移動しているとき、リオはジョミーの心の声は強すぎて読もうと思わなくても聞こえてしまうのだと言っていた。そして思い出を持っているだけでも幸せなのだと。母親の思い出は誰だって持っているというジョミーの方が稀な事だったのね。力があるから親から愛情をうけられなかったというのは物語ではよくある事だよね。親にはそれを受け止められる強さがなかったし、この世界だと子どもには実の親が存在しないらしいから更に難しいかも。
 ミュウの力に目覚めるのは色々なパターンがあるらしい。リオは子ども頃から力を自覚して、ばれないように神経を使って生きてきたらしい。成人検査を受ける前にソルジャーたちに救われたから記憶を失う事はなかった。しかしジョミーのように母親に愛された幸せな思いではない。ミュウの船にいた子どもたちは皆そうやって連れてこられたらしい。なぁんだ。私はてっきりミュウたちが恋愛関係になって子を設けたのだと思っていたよ。アタラクシアに住んでいた頃に禁止されてきた事を律儀に守っているなんて事はないだろうし……。その辺りはどうなっているんだろうね? それともこの世界の人間は子どもを作るような身体ではないのだろうか??
 ジョミーと同様に成人検査の際に目覚めるミュウもいるが、記憶を残っている者はいないらしい。だから抵抗なく自分がミュウだと受け入れる事ができるんだね。記憶があったらジョミーのような反応をする筈だものね。必ず失ってしまうのだとしたら、記憶の消去を拒めたジョミーの力って相当すごいものではないだろうか。
 リオはジョミーを強いと言っていた。更にミュウたちが持たない家族の温もりを持っている。だから特別なのだと。話を聞いているとき、ジョミーはいろいろ考えているように見えたけど、リオを通してミュウという存在が、学校で習ったものと全く違っていると知って衝撃を受けたのかな。禁止されていたアタラクシアを出てみて、それが教わったものと違っていたんだから生まれ育った世界を信じられなくなっているのは明らかだ。ジョミーが今信じているのは自分を愛してくれた両親の愛情と、変わらぬままの友人たちかな? それも彼らが成人検査を受けてしまったら悲しい結果になってしまうのだけど……。

 ジョミーの強い意思が自分たちには必要だから、もう一度母船に戻ってくれないかとリオが説得をしていた。今度はちゃんと話を聞いていたので、ジョミーにも考えることが可能だった。迷っているということは、心が動いている証拠だよね。さっきまで自分はミュウじゃないと拒絶していたのに、現実を知って自分もミュウなのだと認められるようになったのかな?
 しかしそこへ連絡を受けた保安隊員が突入してきた。問答無用で撃ってくるのかと思ったらジョミーを確認していた。射殺するのが目的なのかと思ったら、どうやらそうではなかったらしい。確かにミュウが彼を連れ去ったのだとしたら、処分するのは本拠地を聞き出してからってなるか。逃げ切るのかなと思ったけど、水中に逃げた彼らを銃で撃つのではなく電撃を放つ銃で攻撃していた。それを見て合理的で、ご都合主義じゃないんだなぁと思った。
 気絶する寸前、ジョミーはリオを確認するかのように彼を見ていた。自分を何度も助けてくれて、何度も拒絶しても態度を硬化させることなく自然に接してくれたリオをジョミーは兄のように慕っているのかもしれない。
 しかし最悪なことに意識を失ってしまった二人はそのまま囚われてしまった。ジョミーの意識を追っていたソルジャーは、ハーレイに救助隊を発進するよう命じていた。

 母親の声を聞いてジョミーが目を覚ました。成人検査を受ける前までは当たり前にあった日常がそこにはあった。戸惑うジョミーだったが、もちろんそれは夢だった。ジョミーからミュウの居場所を聞き出すために、管理センターが、彼が一番望んでる映像を見せて誘導尋問をしていた。夢なのか現実なのか判断できていないジョミーは、母親に促されるまま告白しかけたが、ソルジャーが力を行使してジョミーに呼びかけていた。
 母親の質問に素直に答えていたジョミーの意識にリオの叫びが聞こえた。自分と一緒にいたとジョミーは認識していて彼の叫びを聞いていた。これはジョミーの力が強まっているという証なのかな。さっきまで見ていた母親の映像は消え去り、リオだけでなく彼が今誰にそういう目に合わされているかまで知覚できるようになっていた。予告で見えた、あのジョミーが成人検査の前に受けた深層心理検査を受けていたのはリオだったんだね(汗) おまけに精神崩壊してもミュウの拠点を聞きだせるなら構わないなんて、よくまぁそんな冷酷な事が言えたもんだ。生まれた時からそう洗脳されて皆生きてきたのだから、ミュウは人間でなくて別の生き物としか見ていないんだね。同じ人の姿をとって話すのに、それでも簡単に命を奪えるんだ……。
 止めろと叫ぶジョミーに、再び母親の姿をとって精神干渉してきた。戸惑うジョミーを母親は諭すように話かけるのだが、それらはジョミーが記憶している母親が言うような言葉ではなかった。だからジョミーも本体を見る事ができたんだろうね。母親の記憶を逆手にとってミュウたちの居場所を聞き出そうとした人間の行いは、結局ジョミーを力に目覚めさせてしまった。

 ジョミーの叫びを真っ先に感じ取ったフィシスが落としたタロットカードは死神だった。……詳しくはないので、それがどういう意味を持っているのか私には解らないのだけど(汗) しかしジョミーの叫びはフィシスだけでなくミュウたち全員が知覚していた。
 暴走したジョミーにソルジャーが自分が出向いて連れ戻すと言っていた。何とか脱出したものの、リオは気を失ってしまった。自分の身体……というか脳にダメージを受けて苦しいだろうに、ジョミーを心配するリオに泣きそうになった。しかもあの様子だと死んでしまうのではないかという心配もある。OPを見たら全員集合図の中にいるから大丈夫だと思いたいけど……。
 ただ、このジョミーの暴走を止めるために出向いたソルジャーが死ぬのは確実? 成層圏から戻るときはソルジャーは意識がなくなっているように見えたし……。最初から自分は長くないと言っていたソルジャーだけど、もういなくなってしまうのかな。

 先週、「おお振り」の方が面白いと書いてしまったけど……こっちも面白いよ。順位つけるのは難しいくらいどちらも面白い。大袈裟な言い方かもしれないけど、面白いアニメに出会えたときにこの時代に生まれてきて良かったと本当に思うよ。でも原作は読まないけど(苦笑) これは原作通りに丁寧に作られているだろうけど。

at 18:46, 真神恵, 地球へ…

comments(2), trackbacks(10)

comment
真神恵, 2007/04/28 12:07 PM

るりさんへ

 初めまして。コメントありがとうございます。レスが遅くなってすみません。

 さてさて、今回の話はオリジナルのエピソードがあったそうですね。文庫本で三冊しかないので、2クールするにはそうやって原作にはない話を入れないともたないかもしれませんね。ただ追加されたのではなく、原作と変えられてしまったシーンもあるのでしょうか? るりさんからのコメントから察するに、今の段階では原作を無視するような展開にはなっていないようですね。まぁ、監督が原作の大ファンだったと仰っていたので、そんな事はないとは思っていますが……。
 私は他の原作つきアニメでもそうなのですが、よほどの事がない限り原作は読むつもりはありません。だからどこがどう原作と違っているのかは知りませんが、このアニメは面白いと思います。

 あと、コメントをしてくださるのはとても嬉しいのですが、初めての場合はやはり挨拶はしてほしかったと思います。

るり, 2007/04/22 8:06 PM

いえ原作だとジョミーはアタラクシアに帰りません
結構変更はあります
まあ作品の根幹が揺るがなければよいと思いますが










trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/709
soraの奇妙な冒険, 2007/04/28 10:14 PM

地球へ・・・ 第三話「アタラクシア」 のトラックバック受付中です。1週遅れですが、地球へ・・・ に関するTBだったら、ドシドシ貼ってって下さい。

ゼロから, 2007/04/24 11:35 PM

ミュウの舟(シャングリア))からアタラクシアに戻るジョミー・マーキス・シン。護衛にリオを付けたのは、正解でした。

SERA@らくblog, 2007/04/24 11:09 AM

失われた幸せな日々… アタラクシアに戻ったジョミーが見たのは、すべての痕跡を消された無人の家。 戻る家を失ったジョミーにユニバーサルの魔手が迫る時。 ジョミーは覚醒の時を迎える… いよいよジョミーの真の力が目覚めましたが、犠牲者が…

DYG0アドベンチャー, 2007/04/24 7:49 AM

■地球へ・・・ 第3話「アタラクシア」今週はジョミー、ゆかなママが恋しくて家に帰るジョミー、敵に捕まり拷問を受けるジョミー、ママがゆかなママじゃなくてキレるの三本立てです、ウフフ☆(うふふ?冒頭は、ジョミーには現実を知ってもらった方がいい、とわざわざ

ぎんいろ(旧夢の日々)。, 2007/04/23 11:56 PM

第3話「アタラクシア」 自分をここへと導いたソルジャー・ブルーに対して、アタラクシアへ帰せと声を荒げたジョミー。 リオの運転によって、父と母が待っているはずの家へと帰還する。 アタラクシアへ帰れる。しかし、ジョミーの表情は決して明るくはなかった。

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人, 2007/04/23 10:10 PM

地球へ… 3 (3) アタラクシアへと戻ってきたジョミー。自身の居場所はここにこそある、そう信じていた。だが・・・。

幻影現実 私的工廠 ブログ, 2007/04/23 10:02 PM

第3話は 覚悟して見てたんです。 ソルジャー、あなたの 最期が 描かれるのではないかと。。。。 しかし、それは もう少し 先へ延ばされたようで 安堵しました。 とはいえ それは ほんの少し 延びただけ。 悲しみの瞬間が 次回へ 延ばされただけ。 それでも ソル

【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式, 2007/04/23 2:08 AM

※地球へ・・・第3話の感想記事です※ ギリ「殺す?馬鹿な事を言っちゃいけない!殺す気ならわざわざ探す必要などない!なぜなら地球そのものが38時間後には”死ぬ”んだからな!」 トビア「何っ!」 ギリ「木星軍

MAGI☆の日記, 2007/04/22 9:48 PM

地球へ…の第3話を見ました。section03 アタラクシア「こんなに離れていてもジョミーの心が伝わってくる。不安に揺れている心が…」ジョミーを帰したことで、我々のことを話してしまう危険があるのではないかと言う長老達にソルジャー・ブルーは彼は仲間だと言う。「そ

tune the rainbow, 2007/04/22 9:27 PM

「目を覚ませ、ジョミー!」