このサイトを検索
カウンター
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 彩雲国物語 6話「画竜点晴を欠く」 | main | ひぐらしのなく頃に祭 目明し編感想 >>

DEATH NOTE 30話「正義」

 ニアはあっさりとキラの正体を割り出した(笑) しかも7%くらいと言っていた。Lよりも確率が高いのではないだろうか?

 次に子どもの声で最近の日本の状況を作文調で語られていた。このとき、名前を聞かなきゃ調書が作れないと警察官に言われて「勘弁してください! 名前だけは!」と拒否していた男がいた。EDを見ると万引き犯だった。……キラが支配する世の中だって知っている筈なのに万引きなんかしたのか(苦笑) 捕まらなければ大丈夫と、自分だけは大丈夫と安易な気持ちでやってしまったんだろうね。
 しかし、私が言いたいのは映ったシーンではなくて声である(笑) 矢尾さん……そんな端役まで演じていたのね。あの死神がまだ出るって事だよね? もう一つは虐められていた小学生の男の子が「お前たちの名前をネットに晒すぞ!!」と叫んでいたシーン。これは平野さんだね。……男の子の役を演じたのは私が聞いた中では初めてだなぁ。
 あと、笑ったのがさくらTVの出目川。プリデューサーのくせにテレビ出演までするようになったのか。おまけに白いスーツ……。「俺だって自分で何言ってるかわかんねぇよ!」って言っているのを見て笑ってしまった。まぁ、従わないと殺されるものね。それに彼の場合はそう思いながらも口にしていたように視聴率のことを咄嗟に考えたのだろう。

 さて、そんなキラ崇拝の日本になってしまっている中で、主を失った夜神家では月の母が机に突っ伏して泣いていた。泣いている音を出していないのがまた良かった。娘は心に大きな傷を抱え、夫は死に、息子は殺人鬼……。この人が一番不幸だなぁ。

 その殺人鬼の息子は、米国大統領がキラを認める発言をしたことにニヤリと笑っていた。
 その会見が始まる前に、松田がリュークにリンゴを放り投げていたのでちょっと和んでしまった。しかし、リュークは「しかしお前はTVばかり見ているな」と言ってしまったためにリンゴを取り上げられてしまった(笑) しかし、死神相手なのに松田強気さなぁ。リュークがあまりにも場に馴染んでいるために死神という意識が抜けているんじゃないか? あとは、松田が真剣な話をしていいかと聞いたときに、相沢がいつもは真剣じゃないのかと突っ込んでいたところにも少し笑えた。こんな鬱々とした作品だから、松田の存在にはホッとさせられる。

 一方、ニアの元にメロがやってきた。手を組まないと言いつつヒントを残すとは……。々くらいにキラが憎いって思っているからかなぁと思ったら勝負って言ってた(苦笑) Lの仇討ちではなかったの? でも、ニアにとってはそのヒントだけで充分だったみたいだね。デスノートの嘘のルールにもあっさり気付いたし。……ひょっとして、ニアってLよりも優秀なのかな? そういえば、Lって本名はなんて言っていたんだろう? あと、ニアの本名も知りたいなぁ。それはキラがこの世からいなくなったら判る事なんだろうか?

 ああ、やっぱりLとの対決の方が面白かったなぁ。でも、月の方から攻撃を仕掛けるなんて、思い上がり過ぎているね。最後にニアが感情的になって「こいつ……白々と‥‥!」と言っていた。オモチャ壊しちゃったし。これからニアも本気になって……という言い方はおかしいか。どんどん月を追い詰めていってくれるのかなぁ。
 話は前後するが、ニアは日本の捜査本部と連絡をしたとき、月がいるのに堂々と二代目Lがキラだと考えたことがあるかと聞いて、自分に協力する意思があるなら連絡してくれと言い出した。13日のルールが嘘だと皆に知られてしまった今、月の潔白が怪しくなったのだから迷いが生じるのは判り切ったことだよね。
 松田は最後に次長が息子をキラでないと言ったことを信じているから疑わないかもしれないけど、他のメンバーは違うよね。相沢が葛藤していたけど、果たしてどちらを取るのだろうか? 実はこの辺りからようやく未知の部分に突入していたりする。

 しかし、月ってば自分のやっていることがいずれ正義になるって本気で信じていたようだ。寝言は寝て言え!(笑) それに、出目川がニアたちがいるらしきビルに人々が突入する様を報道していたときに、ニアたちを悪だと言っていた。大量殺戮者を正義と言っているなんて滑稽だよ。もちろん、松田が言っていたように弱い立場の人間だったらキラの存在を正義だと言う気持ちも解るけど、保身のために人を殺してしまったあの時からである。
 では、仮に保身のために凶悪犯罪者ばかりを裁いていたとしたら……私も月の考えを認めていたかもしれないなぁ。

 それにしても、ニアがキラに屈した米国大統領を「チキン」と言っていた。そしてすぐにそれを否定して「ウジ虫」とまで蔑んでいたのが小気味良かった。弱虫の米国はすぐに武力を行使する。ではその武力を頼りにできなかったら……この作品のように強者にへつらうのだろうか? ま、何はともあれ大統領が「正義」と言うと笑いたくなるのは架空の話でも変わらなかったな。

人気blogランキング

at 23:59, 真神恵, DEATH NOTE

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/746