このサイトを検索
カウンター
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< おおきく振りかぶって 15話「先取点」 | main | 彩雲国物語 11話「恋の病に薬なし」 >>

地球へ… 16話「赤い瞳 蒼い星」

 冒頭の、情感たっぷりなブルーのフィシスへの想いを語っていたシーンはちょっと恥ずかしかった(笑) 友人だと言っていたはずなのに、どう見ても恋人同士にしか見えないよ。しかもブルーの手を離れたフィシスの手を取ったのがキースというのが昼メロのように見えてしまった(笑)

 ハロルドやキムはナスカを脱出するのには反対だった。そして上の連中……つまりは老人たちの考えには真っ向から反対のようだった。ジョミーには尊敬の念を抱いていても、年寄りの言うことに耳を貸すジョミーは嫌だと思っているのかな?
 しかし彼らの危機感のなさは問題だと思う。キースが逃亡する際に、どんなことがあったのか知らないのだろうか? いつ来るとも判らない敵だって? ミュウがどれほど人類に忌み嫌われているのは本当に知らないのだろうか? あ、そうか、知らないんだ。機関長たちは実際に迫害されたことがあるけど、第二世代の彼らは迫害を受ける前にブルーに助けられていたから……。学習しただけで他人事のようにしか思えないんだね。敵は星ごと消滅させようと思っているなんて夢にも思っていないに違いない。そして死ぬ瞬間に後悔するんだろう。まぁ、ジョミーたちが彼らを見捨てることはないんだろうけど。

 一方、トオニィは昏睡状態から目覚めない状態だった。傷が治っても目覚めないらしい。おればかりか、彼に導かれるように他のナスカチルドレンたちも次々と眠りに落ちていった。

 フィシスは傷付いていた。そしてブルーに自分の力を消してくれるよう懇願していた。しかも彼女はブルーに過去の記憶を消されたことによって予知能力がパワーアップしていたらしい。しかし存在が特別とは愛の言葉を囁き続けるブルーに私は総毛立った。自分が言われたらどつきたくなるくらいに恥ずかしい。よくも真顔で言えたものだと思いつつ、ブルーは本心から言っているんだよね。僕の女神も……。ひええ〜。そうは言いつつ私がこの作品で一番好きなのはブルーだったりする。あのウサギのようなカラーリングがいいよねー。
 ミュウに避けようのない不幸が訪れる。そしてそれは自分がキースを逃がしたからとフィシスは泣き崩れてしまった。……まぁ、傍目にはフィシスがキースに恋したからとしか思えないなぁ。だからこそブルーは彼女の傍にいるキースというイメージを見てしまったのだろうし。
 ブルーは15年間眠っていた。そして自分の目覚めには必然がある。そう言ってブルーはフィシスにかけられた呪を解くときが来たと言って、タロットカードの死神を燃やしてしまった。……これはちょっと意味が判らない。

 キースは敵に対しては本当に容赦がないんだな。彼にとって一番の存在はマザーイライザだろうけど、次はサムなんだろう。そしてミュウは親友であるサムをボロボロにしてしまった。だからミュウを憎んでいるという公式なのか。
 マツカは自分に思念波で語りかけた存在について、あれは仲間なのかと尋ねていた。……尋ねる相手が違うだろうに。キースはこれから根絶やしにするものたちのことを聞いてどうするのかと言いながら、彼らを化け物呼ばわりした。そしてマツカも同じだと言っていた。カッとなってキースの首を締めようとしたのに、次の瞬間にはキースの命令に従うマツカって一体何を考えているのだろうか? 意味がわからないよ。
 久しぶりに登場したマードックは、エリートになれなかったからなのか命令無視という何とも子どもっぽい反攻をしていた。嫌な大人の典型だなぁ。そして彼はキースがメンバーズになったのが一番嫌なんだろうな。
 キースを迎えたのは、彼のかつての教え子だった。メンバーズは敬礼の仕方も違っていたんだね。マツカが戸惑っているのと、キースの副官に任じられたセルジュが今後マツカに対して何かしそうな危ない雰囲気だった(汗) マザーには選りすぐりをと上申していたそうだけど、かつての教え子を寄越して大丈夫なのだろうかと私は心配になってしまった。でもまぁ、ワープしただけで調子を崩すような連中ではないからまだマシかな?

 ジョミーは言いしれぬ不安を漠然と感じていた。それはブルーも感じていて、彼はそれを変動の予兆と言っていた。地上に残っている者たちを説得するために地上に降りると言うジョミーに対して、ブルーは自分も行くと言ってハーレイに後のことを託した。それは一見船を守っているようにとの指示に見えなくもないが、ブルーはハーレイの腕に接触してジョミーのことを助けてやってくれとまるで遺言のように頼んでいた。
 ジョミーは、自分を見るブルーの目に戸惑っていた。出会った頃は、強い意思をその目に宿していたのにと寂しげな表情を浮かべていた。ブルーは自分はもうソルジャーではないとジョミーやフィシスに言った。そして俯くジョミーに俯いてはいけないと諭した。長とは何であるか、ということを、ブルーは生きている間に身をもって教えようとしていた。
 船に乗り込む直前にフィシスがやってきた。そこでブルーはすぐ戻るとか帰ってきたらまた地球を見せてくれとか言っていたけど、戻る気がないのは明らかだよね。その証拠に補聴器をフィシスにあげていたし……。補聴器を取ったブルーはとても良かったなぁ。

 遂にキースの口から攻撃命令が下った。マツカはまだ戸惑っているようだけど、彼がミュウ側につくなんてなさそうだなぁ。メギドが発射された。星の核を撃って、内側から崩壊させるようなものなんだろうか? ナスカが燃えると言ってトォニィが目覚めていた。そしてジョミーとブルーも攻撃を感じ取ったが、ブルーの方が動くのが早かった。テレパシーも覚束なかったブルーだったのに、あんなシールドを展開して大丈夫なんだろうか? 一発目は防げたとしても、二発め三発目と来られたら耐えるのは不可能なんじゃないだろうか? そして目覚めたトォニィは、ミュウたちを守るために力を振るうのだろうか?
 まぁ、何にせよブルーというキャラがこの作品で一番好きなのだと認識した回でもあった。あの恥ずかしい台詞はスルーさせてもらうけど(笑)

at 22:51, 真神恵, 地球へ…

comments(0), trackbacks(4)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/800
あしゅの気まぐれブログ, 2007/07/28 2:04 AM

Section16 「赤い瞳 蒼い星」 ブルーは幼女趣味だったのか・・・ ぼぼぼぼぼぼ僕の女神っ!?(*ノノ)キャーッ そそそそそ存在が特別っ!?(*ノノ)キャーッ でもキースに盗られちゃってます。夢の中で(´_ゝ`) ていうか

SERA@らくblog, 2007/07/24 10:28 AM

帰ってきたら、また君が抱く地球を見せてくれ――。 ナスカに迫る破滅の時…。残された時間はわずか。 目覚めたブルーにとっても残された時間は… ソルジャーの役目をジョミーに見せ… ブルーは破滅の業火を止めるべく戦い

ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン, 2007/07/23 1:25 PM

品質評価 7 / 萌え評価 23 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 4 / シリアス評価 44 / お色気評価 6 / 総合評価 15レビュー数 63 件 国家騎士団の総力を挙げたミュウ殲滅作戦が動き始めた。速やかなナスカからの脱出を支持するジョミーの前に立ちはだかる、若者たちとの危機意

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人, 2007/07/23 8:33 AM

地球へ・・・Vol.2 【完全生産限定版】 国家騎士団によるミュウ殲滅作戦が、いよいよ動き出した。ジョミーはナスカの脱出を決意するが、若者達の多くはこの星に残るという意思を示す。だがそうしている間にも、刻一刻と敵の船はナスカへと近づき・・・そして、その時