このサイトを検索
カウンター

現在の閲覧者数:
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
<< ひぐらしのなく頃に解 10話 皆殺し編 其の伍「対決」 | main | おおきく振りかぶって サウンドトラック感想 >>

ワンピース 321話「海を臨む百獣の王! 夢の船堂々完成!」

 オリジナルでなくなった途端に長々と前回のあらすじを流していたのには呆れる。もう一度ルフィたちにかかった懸賞金額をザンパイが説明しているシーンが流されていた。
 ザンパイにフランキーを連れて出してくれと頼まれたルフィは、フランキー一家全員の願いを言われるまでもないと答えていた。他の皆は……とザンパイが後ろのメンバーを見ると、サンジはまだ言葉もなくショックを受けたまま、ナミは投げやりな態度、チョッパーは気絶状態!?で答えていた(笑) サンジ、前回よりも更に色がなくなってないか? そしてロビンとゾロはルフィが許可したのだから反対ではないという態度だった。
 寝泊まりしていたゲストルームでもサナチョの様子は落ち込んだままだった。青ざめてはいるものの、ナミが一番マシらしい。サンジもチョッパーも立ち上がる気力もないのだもの(笑) ルフィとゾロに食い付くサンジが必死すぎてもう哀れとしか言い様がないな。ゾロに対してのときは言葉にすらなっていないもの。それにしても、ゾロの言い方は酷いなぁ。
「そんなもんだろ、お前は」
 まぁ、この言葉でゾロにとってサンジを認識するものは眉毛なのだというのがこれでよく判った。そういや彼はウソップのことも鼻で認識していたものなぁ。それでカクを見て「何だウソップか」なんて言っていたし。チョッパーはトナカイだからいいとして、同じロンポだとしたらナミはオレンジとなるのか? さすがにルフィはそういった特徴のみで認識することはないだろうけど、だったら逆にロビンは何を持って認識しているのだろうか? 特に目立つような特徴がないものなぁ。肌の色かと思ったけど、原作での彼女はここまで色黒ではなかったと思うし……。ああ、自分より背が高いとか??

 船のある場所へ真っ先に着いたのはルフィで、その後ろにチョッパー。ウソップがいたら三人が固まっていたんだろうなぁ。そして次にナミとサンジが走っていて、後ろの方にゾロとロビンが歩いていた。微妙な作画だったけど、後ろから見た絵が描かれていたときは確かに歩いていたものね。こういうのを見ると、やっぱりゾロが19歳だなんてあり得ないんじゃないかと思ってしまう。

 百獣の王というからには船首にあるのはライオンなのだけど、ロビンの「何のお花かしら?」な質問には笑った。まぁ、確かにそう見えなくもない。あれをデザインしたのはやっぱりフランキー?
 新しい船を見たサンジは浮上できたようだ。鍵つき冷蔵庫がついていたからだろうなぁ(笑) 原作についていた船の解説はとてもわかり辛かったので、アニメで詳細が描かれるのを楽しみにしようっと。複数人が携わるアニメだとあんな線画でデザインが通る筈がなく、デザイナーにきっちり、しかも細かい部分まで描かれたものが設定画としてあるはずだから。本当に、GM号のときがわかりやすかっただけに、TS号のデザインは見辛かったよ……。

 フランキーがその場にいないので、ルフィがアイスバーグに彼の居場所を尋ねていた。アイスバーグにはルフィがフランキーを船大工に迎えようとしていることはわかっていたようだった。それはフランキー本人も同様で、誘われたら断る自信がないので姿をくらましたのだと言う。彼もまた、これまでの麦わら一味と同じで、自分がそこにいなければならないと義務付けていたらしかった。

 フランキー一家。最初は悪役で、ウソップが皆と離れてしまうキッカケを作った連中だったというのに、最後はいい奴らとなっていた。フランキーと離れ離れになるのが辛くない筈ないのに、それがフランキーのためだからとルフィに依頼していた。更に家に戻ってきたフランキーをルフィたちと共に行かせるために奇策に打って出たし。それにしてもあれ、一張羅だったのか……。下半身をさらけ出しても全然恥じないばかりか、取り返すために街中まで走っていたのには驚きだ。
 別に男に限らず、ナミも全然自分の身体を晒しても恥ずかしがっていなかったんだよなぁ……。自信があるからと言われたらそれまでだけど、原作者が男だからあんな風に描けるんじゃないかと思ってしまう。

 本人が平然としていても、街の人には迷惑きわまりない。子どもたちを慌てて家の中に入れていた(笑) しかし、男たちが皆フランキーをジッと見ていたのには笑える。それほど大きかったのか? しかし彼は身体の前面は改造してしまったので、あれは自身のものではないんじゃないかなぁ。だから飾りで機能はしていないとは思うのだけど、その変はどうなっているのだろうか?
 さて、とうとう追いつかれるかというところでルフィが間に合った。しかしよくもまぁ素手で触れるものだ……。チョッパーに至っては口に銜えていたし(汗) ゾロとサンジは絶対に触らなかっただろうな(笑)
 それにしてもパンツを返してほしければ仲間になれ、と言って仲間入りを勧めるキャプテンなんて今後どんな作品が作られたとしてもルフィ以外にはいないだろうなぁ(苦笑)

at 23:59, 真神恵, ONE PIECE

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。