このサイトを検索
カウンター
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< ひぐらしのなく頃に解 12話 皆殺し編 其の七「雛見沢症候群」 | main | 記憶の限界に挑戦バトン >>

ワンピース 323話「出港水の都! 男ウソップ訣別のケジメ」

 ゾロとサンジにガープが戻ってきたとの知らせを受けて、ルフィが「捕まえねェんじゃなかったのか!?」と言っていた。ガープだって自分が言ったのだからその通りにしようと思っていたに違いない。「ルフィさんたちと爽やかに別れた手前、すごく恥ずかしいんですが!?」とコビーが爽やかにを強調してガープに言ってみたら、ガープがガープでセンゴクに怒られたから引き返す羽目になったと怒るというか拗ねていた(笑)
 そんなガープに青キジが突っ込みを入れていた。結局ガープは孫だから見逃したと正直に言ってしまったらしい(笑) さすがルフィのじいちゃんだ! その青キジもガープの船でデッキチェアで寛いでいた。ユルい二人だなー。

 ガープが戻ってきたのでルフィたちも出港していた。しかしナミとチョッパーがルフィの名前を呼んでいた。忘れてはならないよね。ウソップのことを。
 フランキーも本当に待たなくていいのかと尋ねたのだけど、ルフィは汗をかきながら「待っていたさ」と答えていた。しかし、そうは言うものの落ち着きなく足を揺らしていた。何でも、サンジからウソップが一味に戻る予行演習をしていたという話を聞いたとき、ガレーラの部屋が留守にならないように待っていたらしい。
 聞いた直後、ルフィは「今すぐ迎えに行こう!」と言って、そのまま外へ行こうとし、ナミとチョッパーもその後を追っていた。しかしそれを止めたのはゾロだった。ゾロはウソップが頭を下げない限り認めないとルフィを真直ぐ見据えて言った。こちらから迎えに行くことは誰一人許さないとも。その発言にチョッパーとナミは怒ったが、ゾロはそれを一喝した。
 ナミは「なんであんたがそんな事を」言うのかと反論しようとしたけど、ルフィがそうしないのだからゾロが言ったんじゃないか。そしてゾロの言うことは全て正しかった。ウソップもああやって自分優位の予行演習をしていたのだって甘えがあったからだよね。自分が「船長」に対して何をしたのかを忘れたとしか思えない。現実時間では一年以上(笑)経っていたかもしれないけど、作中時間では一週間も経っていないというのに。
 しかし……このシーンでの最初の方のゾロの台詞が、あまりにもボソボソ言っていたので聞き取りにくかったな(苦笑)

 それでも尚反論しようとするナミにゾロは怒鳴ったけど、ここでサンジがナミをたしなめているところが一番良かったな。しかも「ナミさん」と呼ばれてナミもすぐに振り返ったし。ああやって真面目に話せばナミだってちゃんと話を聞いてくれるのにね(苦笑)

 無理に笑顔を作って、あそこで待っていたけどウソップが来なかったんだ。それが彼の答えだと言うルフィが辛そうだったなぁ。そして一味に一喝したゾロだって、ケジメはきっちり着けさせろと言ったけど、本当はガレーラの部屋にいる間に戻ることを望んでいたのは間違いない。剣を握った手が震えていたというあの映像はとても良かったな。
 ナミがもう少し待とうと言いかけたとき、とうとうガープの船が姿を現した。このときのガープの言い方がおかしかったなぁ。こちらじーちゃんって(笑) しかも「すまんが」と前置きはしたものの、海の藻くずとなってくれなんて言うし。本当に藻くずにするつもり!? それともルフィだったら逃げるだろうと踏んでいたのかな。そう思えば納得できるんだけどなぁ。あー……でも、ルフィのじいちゃんなので何も考えていないかも??

 その頃、ウソップはルフィたちが出港したのも知らずにまだ「戻ってやる」なんて気持ちで船のある場所に走っていた。このときにパターン何番かは知らないけど、反省もせずに予行演習で考えた台詞を言って有頂天になっていた。よくもまぁ、そんな勝手な想像ができるものだ(苦笑)
 置いて行かれたと知っても「何でだよ」なんて言っているなんてなぁ。そげキングとして行動を共にしてうたとしても、そりゃ謝罪もなしに戻れると思っているなんて虫が良すぎる(苦笑) 第一ルフィはそげキングがウソップだなんて全然気づいていないのだから、ウソップの主張は通用しないって。勇敢な海の男になるんだったら、まずは謝罪しないと。
 船を追いかけて走っているときもまだ何か言っていた。そんな戯れ言をゾロとルフィが聞く筈ないじゃない……。しかし、本編とは関係なく疑問に思ったことがあった。「付き合いが長い」とウソップは訴えていたけど……はて? 作中ではまだ一年も経っていないのでは? それなのに付き合いが長いというなんて変だなと思った。歳をとっていない以上、実は何年も経っているんです〜なんて話は通用しないと思うんだよね。描いている人、読んでる人にとっては10年立とうが20年経とうがそれは関係ないでしょ。
 まぁ、ウソップはそこまでしないと解らないのだから仕方がないか。しかしゾロは優しい奴だなぁ。第一声が謝罪ならいいと言っていたのに、チョッパーが気づいてそれを教えても「聞こえない」と答えているんだもの。謝罪の言葉を言わない内は何も聞こえないんだねー。
 そんな風に見ていたから、謝罪したときのウソップの泣き顔が画面いっぱいで描かれていても特に何も思わなかった(苦笑) しかし、ルフィの負けず劣らずの泣き顔の方でホロリと来た。更にウソップが自分の手を掴んだときの顔ったら!!

 予告でのチョッパーに笑った。

at 23:59, 真神恵, ONE PIECE

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/866