このサイトを検索
カウンター
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
拍手
自己紹介
現在プレイ中
三国恋戦記~オトメの兵法! ~ 新装版 【Amazon.co.jpオリジナル特典 4コマ漫画ペーパー「玄徳軍のひみつA(翼徳、雲長)」付き 】
お勧め
<< 機動戦士ガンダムOO 2話「ガンダムマイスター」 | main | ひぐらしのなく頃に解 15話 祭囃し編 其の弐「蠢き」 >>

彩雲国物語 20話「枯れ木に花咲く」

 今回は茶州へ旅立つ前にそろぞれが過ごすという話なのかな?

 秀麗は一人で残すことになる邵可が心配でならない様子。赤くなって父親に何かを言おうとしているのだけど、そこに静蘭が出かけますと断ってきた。秀麗が話したいことはちょっと勇気がいるらしく、気を削がれてしまったのか静蘭が立ち去った後に尋ねた邵可に、後で話すと逃げてしまった。

 静蘭は過去を思い出しているようだった。茶州へ行くということに何か特別な思いがあるんだろうか? それから彼の母って病弱な人間だったんだね。
 病で気が弱っているからといって、実の息子に「貴方さえいなければ。貴方を産まなければ」だなんて(汗) 母親が一番言ってはいけない言葉だろう。子どもを産むことと母親になることとは別だというのがよくわかるシーンだ。ああでも、身分が高い人間なので本当に産んだだけの存在なのかもしれないね。
 それでも公子時代の静蘭は素直ないい子だったんだなー。素養はあったとはいえ、今のように捻くれたのは王宮を出てからのことだったと思うし。母親が病弱で心の弱い人間だたからと彼女を思いやることができるのだからね。でも、静蘭が彼女を思いやれたのは大事な弟がいたからなんだね。心の拠り所がなかったら、母親だからといってあんな風には思いやれなかっただろう。
 今までは周囲が語る清苑公子の話が語られてきたけど、本人視点からの話がこんなに長く描かれるのは初めてだよね。前は公子時代で自分の方こそが劉輝を心の拠り所にしていたのだと茶太保に話していたシーンだけだったかな。

 公子の中で一番優秀だとされていた、ということは権力を得ようとしている者にとっては一番邪魔な存在になる。剣術大会で優勝したときの他の公子とその母親たちの不愉快そうな顔と言ったら……! 静蘭は、自分の賢さと愚かさを自覚していたら、今とは違った人生になっているだろうかと過去を振り返っていたけど、あの時の自分がいなければ秀麗たちに出会えなかったと思うんだけどなぁ。あのままだったらお家騒動の中で他の公子と同様に死んでいたのかも。
 静蘭にとって残酷なのは、そんな息子の晴れ姿に母親が顔を曇らせていたことだったね。それだけでなく、祖父がそれを利用しようとしたし……。純粋に彼の優勝を喜んでいたのは、父王と劉輝と純粋に剣術大会を楽しんでいた者たちだけだったんだろうな。双子剣を静蘭に下賜していたのだから、父王も彼を誇りに思っていたのは明らかだよね。

 祖父が現王を廃して静蘭を王に、と画策したのは仕組まれていたことらしい。王を廃そうなんてとんでもない事を考えるなと思ったらそうだったのか……。静蘭とその母は追放という処分だったが、それが王としての温情だったらしい。しかし他の公子たちは彼を殺さないと安心できないらしく、殺し屋を送っていた。大の大人相手に引けを取らないなんて、静蘭は本当にすごい子だったんだなー。
 あの母親は最後まで同じことしか言えなかったらしい。「貴方さえいなければ、貴方なんか産まなければ!」が最期の言葉になってしまうとは……。心が弱いと言ってもね、自分では何もしないで他人のせいばかりにする人間を思いやることなんてできないよ。母親だからとそう思えた静蘭は凄いよ。自分を産んでくれた人だから、そう答えられるだけで彼女には充分だと思う。ずっとあんな呪いの言葉を浴びせられてきたというのに、それでも憎めないとは本当に優しい。

 楸瑛から清苑公子の話が聞けるとは思っていなかったな。どんな繋がりがあったんだろうと思ったら、彼を保護しようとしていたのね。それだけでなく、前王も彼のために黒狼を送ったと楸瑛は話していた。他の公子たちを馬鹿どもと言い切った前王はまともな人だったんだね。
 邵可がちょっと若いなぁと思った(笑) しかし黒狼が派遣されたという話は噂であるそうだ。楸瑛はそこで話を少し変えた。何と、清苑公子の流刑地は茶州だったらしい。殺し屋を全員始末した公子が倒れた場所にはオレンジ(?)の髪をした者がいたっけ。それから公子の行方は途絶えてしまったらしい。14年前、年が明けて間もない頃に足取りが消えて、邵可に拾われたのがその年の暮れ。楸瑛はその間彼がどうしていたんだろうと言っていた。

 次は邵可が燕青に語る内乱の話。それにしても、予告して病に伏すと表舞台から消える王っていったい……。国を病んでいると言っていたので、そうやって引き籠ることで腐敗の元を断とうとしていたんだね。
 しかし茶太保の事件のときに邵可が霄太師に怒っていた通り、彼は本当に王のために生きているんだなぁ……。劉輝に王としての資質を見いだせなかった場合、苦しみ喘ぐ国民を何もしないで放置し続けていたんだろうか(汗)

 冒頭からどれくらいの時間が経ったのだろうか? 出かけたまま戻ってこない静蘭を心配している様子の秀麗に、邵可は彼がどこにいるのか見当がつくようだった。彼は薔君のお墓参りに来ていた。その後、影月も連れて皆で墓参りをしていた。
 祈る秀麗、邵可、影月の姿を見守りながら、燕青は茶州に戻って本当にいいのかと静蘭に尋ねていた。殺刃族と言いかけて、思い出したくないこともあるのにと言い換えた燕青は静蘭を案じている様子だった。

「私はお嬢様を守る! 茶州に行く! この先何があっても!
 ……この剣に誓って!」

 墓参りに来たのは、過去を振り返ることで気持ちの整理をつけて新たに誓うためだったんだね。
 帰り道、ふいに立ち止まった秀麗は後ろで同じく止まった邵可に言わなくてはいけないことがあるのだと言いだした。冒頭で何かを言おうとしていたけど、そのことだね。また赤くなってるし。照れくさいことを言おうとしているのかな?

「あのね……ありがとう!
 ちゃんと育ててくれて、我がままを聞いてくれて。
 そして……茶州へ行くことを許してくれて……本当にありがとう!」

 改めてあるがとうを言うのは確かに恥ずかしいのかもね。邵可は自分は何もしていないよといつもと変わらぬ笑顔で「立派な花を咲かせるんだよ」と言葉を送った。
 邵可を見てその言葉をもらった秀麗は、今度は静蘭の方に振りかえった。そして彼にもありがとうと感謝の言葉を言っていた。そのとき静蘭の脳裏に浮かんだのは、自分が彼らに拾われたときのシーンだった。薔君の「決めたぞ。そなたの名は静蘭じゃ」という言葉も今回これで二度目。自分が生まれ変わったときと強く心に残っているシーンなんだね。
 そして秀麗はこれからもよろしくと手を差し出すのだが、それも清苑公子から静蘭に生まれ変わったときと同じシーンでもあった。

「静蘭、貴方がいてくれて本当に、本当に良かった」

 初めて出会ったときから変わらぬ笑顔で、偽りのない笑顔で手を差し伸べる秀麗は静蘭にとってどれほど大切な存在なのか、というのがよくわかるシーンだった。否定の言葉しか向けられてこなかった静蘭にとって、秀麗と、そして邵可と薔君がどれだけの救いをもたらしてくれたのかと。このシーンを見せるために過去の話をしたんだね。
 そう思っていたら、雅に静蘭の実母の「貴方さえいなければどれだけ良かったか」という声が聞こえてきた(汗) しかし静蘭はその声に首を振り、自分を産んでくれた母に感謝していますと昔と変わらぬ、しかし満ち足りた笑顔でそう思っていいた。

 うっかり泣きそうになった話だった。

at 23:52, 真神恵, 彩雲国物語

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:http://takewings.jugem.jp/trackback/885