このサイトを検索
カウンター

現在の閲覧者数:
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
<< 金色のコルダ 9巻 感想 | main | CLANNAD 3話「涙のあとにもう一度」 >>

機動戦士ガンダムOO 4話「対外折衝」

 今回参加した声優の数が30人! キャラが多いとその分割り振りが大変だろうなと思った。それと、クリスティナの服に驚いた。後ろがあんな風になっていたとは……。

 刹那は無表情だし無言なので何を考えているのか判らないなぁ(苦笑) イオリアの新聞記事を読んで何を思っていたのか……。しかし、音を消してTVを見ていたら、熱弁をふるっている中革連のエライ人が何を言っているのか判らないじゃないの。言っていることは判っているから聞く必要はないということなのかな? そういえば、この世界でも共通語は英語なのかな? でも……中革連のトップは中国人だから話している言語は中国語なのかな??

 未だに何度もOPを聞いているよ。やっぱりラルクはいい。

 ガンダムに抵抗できるMSは、この世界のどこにも存在しない。セルゲイはそう言っていた。今後はどうなるのかはともかく圧倒的な武力をソレスタルビーイングが所持しているのならそれを奪えという命令が下るのは当然だよね。ガンダムって、よく奪われているし。
 そして出てきたデコちゃん。ユニオンのグラハムたちはあくまで調査隊という名称なのに、こちらは強奪部隊が編成されていた。そしてセルゲイに面倒を見てもらいたいと司令官が言って紹介したのが彼女、ソーマだった。何でも彼女は超人機関の者だと言っていた。セルゲイはこの計画に関しては批判的のようで眉をひそめていた。
 思ったよりもいい声だ。初めて聞くけど落ち着いた声音でいい。そしてセルゲイが若すぎると言っていたけど、見た感じ14歳くらいか?
 超人機関か……。強化人間に最近ではエクステンデットというのがあったな。あれと同じか。それが生身の人間の身体を薬づけにして人間の能力を強化するものだったなら……また悲劇が起きるんだろうな。彼女は刹那とはまた違った意味で無表情な人間なので、感情を覚えたらどうなっていくのかが楽しみだ。そしてメインの誰かと関係するのならば、人格連出身のアレルヤなのかな? だって、刹那にはもうマリナ王女が関わってくるとOPで描かれているもの。ガンダムお約束展開には別のキャラを持ってくるとしか思えない。

 刹那の危険な妄想(汗) 予告で見たときは、目の前にミサイルが落ちてきても微動だにしないのは彼の性格を考えたら納得いくけど、あんな近くにいて彼に害が及ばないなんてありえないものね。平和に暮らしている人たちが一瞬にして命を奪われる。そんなシーンを何故想像したのだろう? そんな風にしないよう戦争を壊滅させようと改めて心に決めたのか? やはり無表情なので何を考えているのか読めない(汗)

 ユニオンに所属するタリビアがウニオン脱退を宣言していた。ソレスタルビーイングが現れたからこその宣言なのだろう。この決定にユニオンが武力行使をすればCBが追い払ってくれるということか。ムシのいい話だなぁ。リアルIRAのように完全凍結するのならいいけど、その逆を行うのならCBも思惑通りには動かないだろう。だってノリエガが予測していたのだから。

 今回は留美だけでなくアレハンドロもが他のキャラの台詞を聞いていたかのような台詞を言っていた。そして彼女たちはまるで会話をしているみたいだな。というか、彼らこそ超人なのではないかと思ってしまうよ(笑)

 刹那だけ何故日本に居住しているのだろうか? その内沙慈と同じ学校にでも行き出すのかな。そしてノリエガがミッションを開始するのでガンダムマイスターたちに連絡を取るように言っていたけど、刹那はあんなに大きなものをどこに隠しているのだ?
 隠していた場所は海底だった。本当にガンダムは何でもありなんだな。まぁ、空を飛べるのはキュリオだけのようだけど。

 操縦者に負担がかかっても構わないと言って教授にフラッグの改良を頼んでいたグラハムは、喜々として出撃していた(笑) また、ガンダム調査隊(仮)に新メンバーが二人加わっていて、彼らも楽しみだと言っていた。グラハムの要請を受けて来たと言っていたので、彼らはもともとグラハムの部下だったんだね。容姿だけだと特に思うことはないけど、彼らがどんな個性を持っているのか描かれるのが楽しみだな。カスタム版はグラハムだけなんだね。黒い機体というのがいいな。

 画面に映っていた軍人たちは、誰もがCBはユニオンと敵対すると思っていたようだった。各国の首脳部は動静を見守っている状態で、ユニオン大統領はどちらを選ぶのかと画面を見つめていた。CBの行動によって世界がどう動くのかが決まる。
 そしてガンダムの攻撃を受けたのはタリビアのMS部隊だった。ユニオンの先制攻撃かと言った一兵士は、ガンダムに攻撃されたことを理解できずに自分たちはまだ何もしていないと叫んでいた。
 そこへまたもや……もはや電波レベルの会話ではないだろうか。留美とアレハンドロがまたぞろ語り出した。イオリアは声明で武力幇助する国も武力介入の対象であると言ったと。
 現状で武力紛争が起きていないのなら、それを乱す行為は認められないということなんだろう。そして自分たちはタリビアと、その後同様の行動を起こそうとする国に対してそんな思惑には乗ってやらないと明確にノーを突きつけたワケだ。
 タリビアの大統領はCBが自国に攻撃をしかけたと報告を受けて額を押えていた。そしてユニオンの大統領に連絡をして、脱退宣言の撤回を申し出ていた。これを見て、刹那たちに殺されてしまった兵士たちのことを思ってしまった。彼らは祖国を守るために命令に従っていたというのに、あっさりと元の鞘に収まろうとした大統領を見て何と思うだろう。ユニオンの大統領にとってはCBの行動を試すことができたので、タリビア大統領には「お疲れさん!」くらいにしか思っていないかもしれない。と、毎回のんびりと話す大統領の姿を見て思ってしまった(苦笑)

 さて、作戦を終了したガンダムたちは予定通り安全圏まで撤退していた。しかしエクシアをグラハムが追いかけていた。スペックの2倍の早さで、パイロットにかかる負担は重力制御をしていても12Gかかるとビリーは説明していたっけ。……12Gってどれくらいの力なんだろう? グラハムは唸ってはいたけど表情には表していなかった。つまり、普段よりもちょっとたいへんなくらい? まぁ、少なくとも、パイロットの腕のみで考えたらグラハムの方が圧倒的に上なのかもしれないね。経験値高そうだし。少なくとも今の段階では同じ機体に乗っていたとしたら刹那は倒されてしまうかもしれない。

 今回マリナがようやく出てきた。眼鏡の女性の名はシーリンというんだね。彼女は王女に対する言葉遣いとはとても思えない。上から目線の話し方をしていた。彼女に解説して問題を出していたので教育係のようだね。でも、EDでも彼女の方が上に書いてあるし(苦笑) 名字を見てロッテンマイヤーに似ていると思ってしまった……。
 マリナの見た目から大人しそうな女性ではあるけど、シーリンの質問に即答できないところから、まだまだ勉強中の身のようだ。そしてマリナは王女だけど、この国は議会制だったのを王制に変更して彼女を担ぎ出したらしい。軌道エレベーターの建設に参加していないと言っていたので彼女の前途は多難だなぁ……。今までこの国を牛耳っていた者たちは化石燃料が枯渇するなんて思っていなかったのだろう。だから太陽光エネルギーと聞いても鼻で笑っていたのかもしれない。そのツケを王女一人に背負わすだなんてなぁ。もっとも、彼女が今までどんな人生を歩んでいたのか知らないので、完全に彼女の味方にはまだなれないけれど。

 ところで、メインキャラたちは決め台詞を持っているようだね。出撃するところはまぁいいとして、作戦開始のときのこと。

   刹那:目標を駆逐する
 アレルヤ:キュリオス、介入行動を開始する
ロックオン:デュナメス、目標を狙い撃つ


 今回出撃しなかったティエリアは何と言っていたっけ……。まぁいいか。来週からはようやくメインキャラにスポットを当てた話になるようなので楽しみだな。

 明日は京都に朝から出かけているので、もしかしたら「CLANNAD」の感想は書けないかも(汗) 早く帰ろうとは思っているけど、自宅からだと大阪より更に30分以上かかるのなら4時間ほどかかるからなぁ。どうなるやら。そうそう、今日は23時までには寝てしまわないと起きられるかどうかも怪しいな……。

人気blogランキング

at 21:47, 真神恵, ガンダム

comments(0), trackbacks(2)

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。
ゼロから, 2007/10/28 1:22 PM

ガンダムのメンテナンスは、機械任せ。随分、変わりましたね。まあ、その間パイロットは休めますが。

フカヒレ家, 2007/10/27 11:54 PM

ソレスタルビーイングの武力介入で停戦する国が現れる一方 エネルギー問題でユニオンを脱退する国も現れる 反米感情が強いタリビアはユニオンから脱退し、ユニオン、米軍と一触即発の状況へ そこでやってきたソレスタルビーイング。タリビアを紛争幇助国と見なし武力介