このサイトを検索
カウンター

現在の閲覧者数:
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
リンク
新着記事
話題
トラックバック
コメント
回顧録
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
携帯
qrcode
<< 機動戦士ガンダムOO 10話「ガンダム鹵獲作戦」 | main | ひぐらしのなく頃に解 23話 祭囃し編 其の拾「血戦」 >>

ワンピース 48巻 感想

JUGEMテーマ:ONE PIECE


 なんてこった! 「CLANNAD」がないなんて! 仕方がないのでワンピースの48巻感想を前倒しで書こうっと。

 自宅に届いて開けて最初にガッカリした。サンナミ姫抱きの巻なので期待していたのに、表紙はルフィとオーズのみだったんだもの……。いや、期待する方がおかしいというのはもちろん分かっているさ。分かっていても期待せずにはいられないほど、この巻は嬉しい内容だったのだよ(苦笑)

 ま、それは置いといて、今回も楽しい内容だった。特にウソップ! 彼は本当にもう最高なキャラだね。確かにネガティブさで彼に敵う者なんてあの世界にはまずいないだろうな(笑) しかも、ウソップを襲ってその身体を通り抜けたゴーストたちが更にへこんでいる姿と、本体のぺローナまでが落ち込んでいたのに笑った。しかも、ゾンビたちが驚愕しつつも皆してウソップに「頑張れ!」と励ましているのにも笑えた。そんなことを言わずにはいられないくらい、ウソップは彼らが初めて見て、さらに今後も見ることはないくらいの後ろ向きな人間なんだろう。
 話が前後するけど、ぺローナのネガティブ・ホロウが効かない人間はウソップだけということは、他のクルーには当然効くワケで。前の巻でも面白かったけど、今回もルフィやゾロがへこむ姿には笑えた。サンジなんて「マユゲ巻きすぎて死ねばいい」なんて言っていたし!(笑) ネタにされることを心の底では少しだけ気にしていたのね。ゾロの「みなさんと同じ大地を歩いてすいません」もおかしかった。顔が見られなかったのは残念だけど、あのゾロがシクシク泣くなんて!(笑) そしてゾロでさえ逃げるしか手がないというこのネガティブ・ホロウという技は、ワンピース史上最強の技だったりして。

 次は伝説の侍にあっさりと勝ったゾロ。彼がゾンビではなく、生きている人間だったら果たしてゾロとどちらが強かったのかな。しょせん、ゾンビが生きている人間に敵うはずがないということだね。

 フランキーは……ゾロとの会話に笑った。そうか、「アニキって呼んでいいんだぜ」と言ったらゾロに速攻で「呼ぶか!」って言われていた(笑) ええと、ウソップとチョッパーは彼のことをアニキって呼んでたっけ。
 しかしSBSによると、麦わら一味がファミリーだとしたら彼はお父さんらしい。まぁ、最年長なんでそうなるか。同じ理屈でお母さんはロビンだった。でも、これ見方を変えたらフランキー×ロビンが作者によって肯定されたと言えなくもないなー。ま、前にも書いたと思うけど年齢を考えたら一番しっくりくるのは確かだな。でも、真面目に考えたらフランキーにはもう男としての機能はない筈だよね。だって彼は自分の身体の前半分を改造してしまったんでしょ? あのケンタウロスとかいう技を見たらそれは明らかじゃない? そういうところは考えずにフラロビ派は描くのかなぁ。
 他に家族構成では実際にはサンジの方が年長なのに、長男はゾロなんだねー。ま、これも妥当か。
 フランキーの話のはずがSBSの話になってしまった(汗) 彼についてはもう一つ。橋をあっというまに造ってしまったことには突っ込みを入れずにはいられない。いくらなんでもそれは無茶というかご都合的なんじゃないだろうか。見た瞬間まずそう思った。彼がサイボーグだから可能だと考えろということなんだろうか……。ちょっとここだけはいただけないと思った。

 ロビンに関して言うことがあるとすれば、それまでクルーを役職で呼んでいたのが、今回はルフィ以外を名前で呼んでいたってことかな。ナミちゃんにチョッパーか。何故ナミだけちゃんづけなのだろう? 他のキャラは呼び捨てになりそうだけど。
 それとチョッパー。彼は医者としてホグバックだけは許せないと言っていた。そして彼の思いが語られているシーンではうんうんと頷いていた。その、彼の心からの叫びにシンドリーが、ゾンビとなって言いなりになっているはずのシンドリーがホグバックに逆らったところはとても良かった。最期の笑みなんて特に。ホグバックをチョッパーが自ら倒すことがなかったのはちょっと残念ではあるけど。

 最後はサンジ。真面目に戦っているのに笑えてしまうなんて……。そんなに透明人間になりたかったのか(笑) しかし、ナミを見たときの反応がアブサロムと同じなのが何とも……。姫抱きを何度も見られて嬉しかったけど、ナミの意識がないのが残念だ。彼はいつもナミが見ていないところで活躍してしまう運命なんだねー。だって、彼女が見ている前で活躍してしまったら、その時点で二人をくっつけないわけにはいかないもの。
 サンジの影が入ったあのペンギン犬はもう完全に敵となっていたけど、チョッパーが言うにはロビンに蹴りかかったとか。敵であっても女は蹴らないと言っていたのをチョッパーは聞いていたから、あんなのはサンジではないとチョッパーが思うのは当然だ。でも、そう思う一方でロビンには攻撃をしたんだなぁと思うと、サンジにとってやはりナミだけが特別なんだなと思ってしまうな。
 だからこそ、アブサロムなんかにナミが覗かれたのが残念でならない。サンジが激怒するのも当然だ。それを見ていいのはサンジだけなのだから(笑) とサンナミストとして書いておこう。とはいえ、来年も創作活動ができるかは怪しいけど。そんな状態の私の話を待ってくれる人なんているのかなぁと思ってしまう。
 ああしかし、アブサロムなんか放っておいてそのままサンジとナミは結婚してしまえと思った(笑)

 さて、ルフィとしての記憶がなくなり完全にモリアの僕となってしまったルフィの影を持つオーズに麦わら一味はどう立ち向かうのだろうか。肝心のルフィは、今回も倒すべき者が誰かそうそうに決めて、他は仲間に任せて敵に向かっていった。間に合えばいいんだけど……。

 ま、ともかく、ウソップとぺローナの戦いは早くアニメでも見てみたいなー。あ……でも彼女を倒すウソップの技はあまり見たくないな(笑)

 ウソップギャラリーでは意外にぺローナのイラストが多かったな。あと、228ページのブルックのイラストが格好いい。



 以下、日記。
 今日は、今日こそは買い物に行かねばと出かけたけど、バスに乗って少し遠出するつもりが、結局は近所で済ませてしまったなー。それに予定以上の時間を使ってしまった。予定外の買い物もしたしなぁ。総額では2万近く使ったかも? ほとんどカード払いだから実感ないけど。まぁ、今月末の旅行のための買い物第一段となってしまったかな。
 しかし一番買いたかったものはなかったというありさま。ロングコートが欲しいのだけど、なかなか気に入るものが見つからない。あったと思ったら厚手のものしかなかたしな……。暑がりの私にはあれは歩いて数分で汗だくになってしまうものだろうな。だから来週の休みにはバスで出かけるかもしれない。平日は……どうせ店が開いている時間に退社することはできないからなぁ。ああでも12日はもしかしたら帰れるかもしれないので、そうなったらちょっと歩いてみるかな。カタログもそのときに買おうっと。

at 22:57, 真神恵, ONE PIECE

comments(0), trackbacks(0)

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。